半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院)後編
          
f0155048_10293310.jpg
夏至から数えて11日目の今日、7/2から5日間が「半夏生」ですね。

両足院、お部屋と茶室からの景色をお届けいたします。

(※6月17日撮影)


半夏生咲く(建仁寺塔頭・両足院)お庭歩き編 はこちら






f0155048_1030722.jpg
まずは坪庭から。
このお庭もちょっと趣が良いので好きなんです。


f0155048_10301626.jpg
井戸のあるお庭。


f0155048_10302325.jpg
苔、白砂のバランスの良いお庭です。


f0155048_1030412.jpg
さぁ、半夏生の咲くお庭へ。
いやぁ、清々しい光景にやっぱり惚れ惚れ。


f0155048_10305692.jpg
静かな静かなお庭。
カエルの声だけが響きました。


f0155048_1031750.jpg
ほんの束の間の静寂ですが、しっかり楽しませてもらって大満足。


f0155048_10331659.jpg
苔庭を横断する踏み石も素敵。


f0155048_10333475.jpg
雨の後で、苔も青さが戻っていてよかったです。


f0155048_10343415.jpg
さぁ、そろそろ他のお客さんの気配。
ということは、臨池亭で休まれていた方がこちらへ移動してきましたね。
狙いすまして、臨池亭へ向かいます(^-^)。


f0155048_1035342.jpg
やってきました~。
青空も出て、清々しい光景。
この日は府立大の茶道部の皆さんが接待してくださいました。

f0155048_1036079.jpg
お楽しみはこのお茶とおまんじゅう。


f0155048_10372055.jpg
緑色の餡と白い皮を半夏生に見立てた、その名も「半夏生」です。
井戸水を使って立てていただいたお茶もまろやかで美味なんですよね。


f0155048_10373456.jpg
この半夏生のおまんじゅうに押された焼印は星月紋。
このお寺の屋根瓦にもバッチリ星月紋を確認できます。お武家さん縁のお寺ということがわかります。

で・・・なんと、同席したご婦人と会話したところ、このお寺の檀家さんとのこと。
よく聞くと、まさかの大村さん。両足院にこの臨池亭を寄進したという、白木屋(東武百貨店)創始者の大村家の子孫の方でした。
ひゃぁ。なんというめぐり合わせでしょう。


f0155048_10393064.jpg
お隣は、織田有楽斎の茶室、如庵を模したという「水月亭」。
臨池亭の床の間には、建仁寺管長を40年以上勤めた黙雷和尚の筆による「水月」の文字の掛け軸が。
紫陽花とナナカマドの生花も夏らしくて見事。


f0155048_10353075.jpg
この黙雷和尚の人柄に傾倒し、坐禅に通っていたというのが、なんと大河ドラマで取り上げられている「新島八重」さん。
裏千家の千宗室に師事して師範にまでなった彼女。
この茶室から、半夏生を眺めながら黙雷和尚と禅問答したのでしょうか。


f0155048_10382284.jpg
このことが発端で、キリスト教から仏教へ宗旨替えしたのか!と新聞にまで書かれて叩かれた八重さん。
それに動じず、「一つの宗教に籍をおいているからといって、他の宗教の方のお話を聞いてはならないということはないでしょう?」
と反論したといいます。

そんな新島八重さんと、この茶室で出会えた、そんな気がした両足院でした。
by kwc_photo | 2013-07-02 00:34 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/19879163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei at 2013-07-02 04:50 x
新島八重子さんの掛け軸もありましね。
日曜日のTVでは八重さんが銃を手に奔走していましたが、
涙無くしては観ることが出来ない悲しいお話でした。
Commented by 阿修羅王 at 2013-07-02 05:54 x
おはようございます。
何という奇遇な巡り合わせなんでしょうね。
Katsuさんと知っての巡りあわせなんでしょうか。
八重さんが逢わせてくれはったのかも知れません。
Commented by arak_okano at 2013-07-02 06:57
やっぱり京都は年間通わないと、でも無理なので、KWCに楽しませていただきます。アラックは幸せです。
Commented by belgium44 at 2013-07-02 13:46
こんにちは~♪
あ~、行きたかったなぁ~。
平日に行く時間が取れなくて、見頃を過ぎてしまいました。
すべて貸切のような写真素晴らしいです。
カエルの鳴き声だけのBGM、このお庭の景色。
美味しそうで綺麗なお菓子。
半夏生に京都ではタコですね~、たこ焼きでもいいそうで・・・^^
Commented by ふーぴー at 2013-07-02 14:45 x
整った風景の中で静かに季節を感じられておちつきます~(しみじみ)そしてまたおまんじゅうにもしばし目がクギ付けでした(笑)
Commented by mituamikko109 at 2013-07-02 19:51
今日は、半夏生ですね。
タコ買ってくるの忘れました(^^;)
こちらで両足院の素敵なお庭の半夏生、見られてよかったです。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
>eiさん
八重さん、この頃は署名も「八重子」と書いておられますよね。
思わず掛け軸をみて「おおっ!」と驚きました。
大河ドラマは佳境ですね・・・。ホント会津の悲劇が
見ていて痛々しいほど。白虎隊の話も、知っているようで
知らなかった、そんな気がしました。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
>阿修羅王さん
本当に奇遇なめぐり合わせでした。八重さんは今年の大河ですから、
両足院さんもここぞと展示をされたのだと思います。
ほとんど今までスポットが当たる人ではなかったですしね。
大村さんとご一緒させていただくというのはびっくり。
府立大の子もよくよく知ってて、「本来ならば私、こんな・・・
あの、頭が高いです。すみません」と面白い慌て方をしてて
笑っちゃいました(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
>アラックさん
京都に住んでいると、四季の移ろいを身近に感じられるのが
うれしいですね。贅沢な場所に住んでいるなぁと最近感じます。
以前は京都に住んでても京都を全然知りませんでしたしね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
>さおりさん
一番乗りのお陰で、外からも中からも人が入らずに
撮影できました。
朝一の人がいない時間帯だけの静けさ。
満喫させてもらいましたよ。
タコも食べました。半夏生にタコって、意外と
知られてないですよね~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
> ふーぴーさん
ありがとうございます~。
ここのおまんじゅうとお茶は、本当に美味しいし、目も
楽しませてもらえます。
やっぱりここへ行くと、お茶も頼んでしまう私です(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-07-02 22:04
>mituamikkoさん
半夏生ですね~!
私は一昨日タコを食べました(^-^)。
両足院で半夏生もみたし、水無月も食べたし、
厄祓いできました~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 天得院・桔梗(東福寺塔頭) 雨上がりの空に(長岡天満宮) >>