重森三玲の庭:霊雲院のサツキ
          
f0155048_23174387.jpg
東福寺塔頭・霊雲院。
こちらのお庭も重森三玲が携わっています。
サツキの咲く時期に訪れました。

(※6月1日撮影)







f0155048_2317573.jpg
この角を曲がれば霊雲院。
サツキが綺麗でした。


f0155048_2318046.jpg
霊雲院入口へ。
こちらもサツキが迎えてくれました。


f0155048_2318330.jpg
この大きな植え込みもサツキでしたね。


f0155048_23181616.jpg
さぁお庭へやってきました。
先日も来ましたが、サツキの彩りが添えられると、また違った風情ですね。


f0155048_2318354.jpg
なんとこの日は土曜日だというのに私一人。
40分ほど、独占させていただきました(^-^)。


f0155048_23183746.jpg
お庭のポイントポイントにサツキが見えますね~。


f0155048_23183931.jpg
雲を表す二色の砂庭。
重森三玲らしいデザインです。


f0155048_2319416.jpg
こちらが臥雲の庭。


f0155048_23191243.jpg
そして、こちらが九山八海の庭と呼ばれます。


f0155048_23192217.jpg
遺愛石のあるこのお庭も、サツキの彩りがワンポイントあることで一層華やぎますね。


f0155048_2319326.jpg
緑が印象的なお庭ですが、ピンクのサツキがとても似合います。


f0155048_23194458.jpg
こうして眺めていると、やはり重森三玲はサツキが好きだったのじゃないか、という気がします。


f0155048_23201242.jpg
茶室前のお庭にも、そっとサツキが咲いていました。


f0155048_23202413.jpg
青空が広がりました。
しかしノンビリ眺めさせてもらえるなぁ~。


f0155048_23205850.jpg
サツキが彩るお庭を厭かず眺めました。


f0155048_2321186.jpg
さぁ、そろそろ御暇しましょうか。


f0155048_23212486.jpg
帰り道。
入口のところの大きなサツキの刈り込みの隙間に、カエルくんがいました。

「またおいで」

はーい。ぜひまたきますね。
by kwc_photo | 2013-06-22 19:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/19829798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirafune at 2013-06-22 19:44
こんばんは!

こんな素晴らしいお庭なのに、
独り占めとはこれいかに?!
訪れる人が少ない、
さつきの穴場なのですね~。
ほんと見事な作庭。
見応えありました。
Commented by prado9991 at 2013-06-22 21:29
こんばんは
東福寺塔頭には重盛三玲の作庭が多いですね。
一種のブームだったんでしょうね、小川治兵衛氏とは違った斬新な作風が見事ですね。
両氏とも好きな作庭家ですが、重森氏のは見ていてワクワクしますね、逆に小川氏の庭は落ち着いてゆっくりできる感じがあります。
ここは何故かスルーしがちなので今度ゆっくり訪れたいと思います。
Commented by youpv at 2013-06-23 04:16
おはようございます~。
独り占めは非常に贅沢ですね(^^)
やっぱり東福寺は通天橋の方に一般の
観光客は行ってしまうのでしょうね。
ここも久しく訪れていませんので
久しぶりに行きたくなりました(^^)
Commented by arak_okano at 2013-06-23 04:48
おはようございます、アラックです。
40分の独占、バグースです。
撮影の時間以外に本当にのんびりと
心を落ち着けて庭を見られたのでは
ないでしょうか。
一面のサツキもいいですが、ピンポイントの
アクセントもいいですね。
庭の面白い形の石はなんでしょうか。
青ガラスも目をひきますね。
Commented by foto_k at 2013-06-23 09:14
Katsuさん、おはようございます。

これはまた綺麗ですねー。
ほんとゆっくりさせてもらいたくなります。
...とか言いながら、カメラ片手にウロウロそわそわしてしまうかな^^;

大きな引戸のガラスにインパクトを感じます。
ガラスの色がただもんやないなぁって。
こんなんもちょっと珍しいですよね(^^)

Commented by ei at 2013-06-23 10:15 x
昨日ここへ入ろうかどうしょうか迷った揚句、パス(笑)
天得院のりんどう撮影に行きました。そこそこ咲いていましたが、
見頃は7月に入ってからでしょうか?
但し空いてはいましたが(笑) 
芬陀院、光明院も拝観してきました。
昨日は何処も空いていましたので、結構のんびりと!
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>kirafuneさん
たぶんサツキが咲いていることも、あまり知られていない
のかな?と思うほど、静かでしたよ。東福寺方丈庭園は
結構な人出だったのに、不思議ですね。
40分も一人でいられたのは新記録でした(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>pradoさん
このあたりは、昭和初期に荒廃したお寺が多くて、おそらく
重森三玲さんはそのお庭の修復に携わっておられたのだと
思います。
もともと歴史のあるお庭ですから、それをいかに雰囲気を
損なわず復元するか、ということがテーマだったのでは
ないでしょうかね。芬陀院や霊雲院は、まさにそんな
感じです。いわゆる重森三玲らしさをあまり出さずに
でもモダンな雰囲気を取り入れたお庭になっていますね。
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>youpvさん
通天橋と方丈庭園は結構人がいたんですが、土曜日だと
いうのにこんなにすいていて・・・ラッキーでした。
ここには光明院にいって、方丈庭園にいって、さらに
芬陀院に行ってからの訪問だったので、お昼近かった
んですが、それも幸いしましたかね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>アラックさん
すごくゆっくりできましたよ。このお庭、普段もいい雰囲気
なのですが、さつきがあるとちょっと華やいで見えます。
光明院、霊雲院、東福寺方丈、松尾大社・・とサツキを
お庭に使うのが重森三玲の特徴なのかな、と思います。
石もいいですよね。遺愛石といって、細川家から送られた
珍しい石です。
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>Kさん
ここの水色のガラスは、相当インパクトがありますね。
これも波打っているので、きっと古いものなんじゃないかと。
このガラス越しのお庭もいいものです。
私はこのお部屋の真中にどっかり座らせてもらって、
しばらくぼーっとさせてもらいました。
涼しい風が吹き抜けて、本当に心地よい空間でした。
Commented by kwc_photo at 2013-06-23 13:52
>eiさん
あ、昨日、東福寺界隈に行かれていたのですね。
そうなんです。秋以外は、意外とすいていますよね。
芬陀院も光明院も、とても静かに鑑賞できますね。
天得院は桔梗ですね。あそこはいつも7月なかばまでの
ところで行くようにしています。今年は暑いけど、
どうかなぁ~。
Commented by rollingwest at 2013-06-23 22:29
40分もここで一人で楽しまれていたのですか・・。日本庭園とお寺が本当にお好きなのですね。
Commented by kwc_photo at 2013-06-24 00:05
>rollingwestさん
この日は光明院、東福寺方丈、芬陀院と回っての4カ所目でしたので、
あまりの静けさに長居を決め込ませてもらいました。
独り占めなんて、なかなか無いですしね~。
涼風も吹き抜けて、とても気持ちよかったですよ。このまま昼寝したくなるくらい(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 野村碧雲荘の花菖蒲 半夏生咲く(建仁寺塔頭・両足院... >>