重森三玲の庭:芬陀院のサツキ
          
f0155048_2335497.jpg
芬陀院の丸窓も、この季節には彩りが添えられます(^-^)。

(※6月1日撮影)







f0155048_2335797.jpg
青空の中、芬陀院を訪れました。
門の向こうの参道の風情に誘われますね。


f0155048_2345679.jpg
サツキの彩りが庫裏の前を彩ります。


f0155048_2343254.jpg
お庭へ。
手水鉢に添えられたサツキのワンポイントがとても素敵です。


f0155048_2343978.jpg
美しいフォルムに刈り込まれたサツキが綺麗に咲いています。
亀島にもサツキの彩りが。


f0155048_235943.jpg
わぁ。
誰もいません。この空間を独り占めさせていただきました。


f0155048_235486.jpg
一つ一つの窓からお庭を楽しませてもらいます。


f0155048_2355062.jpg
こちらのお寺のお楽しみは、この障子の取手部分の押し花。
こちらは杉葉ですね。
あとの写真でも出てきますので、要チェックです。


f0155048_236574.jpg
さぁ、茶室前までやって来ました。


f0155048_237511.jpg
サツキボールができていますね。


f0155048_237256.jpg
さぁ、やっぱりここから見たいですよね。
丸窓からの景色は、一服の掛け軸のような美しさでした。


f0155048_2382144.jpg
ドーナツ型サツキ。
今年はちょっと咲き方がまばらだったかな。


f0155048_2385185.jpg
ほら、取手。一組ずつ違うでしょう?


f0155048_239699.jpg
私が好きなのはこの紅葉の取手。
亀島を望むこのアングルも好きなんですよね。


f0155048_2394011.jpg
こちらは松葉。
シンメトリーな構図に仕上げてみました。


f0155048_23111459.jpg
静かなお庭。
こちらは本当に落ち着きますね。


f0155048_2312288.jpg
お茶室前の坪庭も苔が青々。
お水をたっぷり上げておられる証拠ですね。


f0155048_23122350.jpg
添えられたサツキも、お庭を愛されている証でしょうね。


f0155048_2313104.jpg
光明院とともに、じっくりと静けさを楽しめるお庭。

自らを見つめなおすこともできる時間が流れていますよ(^-^)。
by kwc_photo | 2013-06-18 23:00 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/19829763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-06-20 22:12
タイトル : 雪舟の庭 芬陀院
暗がりから明るい庭をみつめた。 緑の風が吹き渡る東福寺へ。 その塔頭の一つ、雪舟の庭で知られる芬陀院(ふんだいん)を訪れた。 西側の庭は勾玉の手水鉢や、屑屋型石灯籠が置かれ、趣きがあった。 重森三玲氏らによって復元された「鶴亀の庭」には、その昔、雪舟の立てた石が今も残る。 静かな時間の中で、ウマスギゴケの海原が輝く波頭を見せていた。 マイナスをプラスに変えるには、一体どうしたらいいのだろう。 暗い方から明るい方へ。 画聖・雪舟の目指すところに思いを馳せた。 (撮影...... more
Commented by prado9991 at 2013-06-18 23:08
こんばんは
やはり丸窓から眺めるお庭は一番いいですね。
もみじの取っ手も可愛らしい工夫がされていますね。
今年は少し寂しい感じですが、このお庭にはこれぐらいの方がよく似合う感じがしています。
Commented by ei at 2013-06-19 04:46 x
なるほど障子の引手が面白い!
それた゜けを撮っても絵になりそうな。
こうして見ると私の知らないお寺が多いことか(笑)
Commented by foto_k at 2013-06-19 05:35
Katsuさん、おはようございます。

1枚目の画、改めてよく見るとバランス良いのがよく判りますねー。
丸窓から覗く位置とレンズ角の位置が絶妙、丸いサツキから竹のまで良いグラデーションです。
そのレンズもなかなか良さげな性能、周辺までビシっとキテますね。
庫裏好きなので、3枚目もそそられます(^^)

Commented by 阿修羅王 at 2013-06-19 06:00 x
おはようございます。
今年はまだこちらにご挨拶に行けていないので、
ちょっと焦ります。
サツキは無理でも、ゆっくりお庭を眺めに行きたくなりますね。
Commented by arak_okano at 2013-06-19 06:56
障子の取っ手、さりげないお洒落ですね、でも何と言っても丸窓になりますね、バグース。アラック、週末は紫陽花を鉄しようと思います。
Commented by belgium44 at 2013-06-19 15:43
こんにちは~♪
5枚目の写真を見て、もう一人占め羨ましい限りです^^
緑も庭園も綺麗で、4枚目の縁側もいいなぁ~。
手水鉢に椿が添えられているのはよく見たものの、サツキとは
また粋ですね!
サツキ咲く光景も綺麗で、でもサツキがなくても
シーズン問わず眺めたいところです。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:40
>pradoさん
ここは丸窓!ですね~。
でも、障子の合間合間からみるお庭も好きです。
こちらのお庭はお花がなくても素敵なお庭ですが、
やっぱり春先の緑と花があるのはいいですね。
サツキの時期にはいつも寄ってしまう、芬陀院です。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:40
>eiさん
そうなんですよ~。ここの引手は綺麗に押し花が
貼られていて、ちょっとした影絵が楽しめます。
こちらは東福寺に程近いんですよ~。いい場所に
ありながら静かで、いい場所です(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:40
>Kさん
丸窓から見える景色は、実は精巧に計算されているのが
京都のお庭ですね。こちらも例に漏れず、見事です。
ウルトラ中腰で臨みましたよ(笑)
ちなみに、17-40Lです。最近、このレンズで撮る率が
高いです(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:40
>阿修羅王さん
ふふ、お寺の奥様と懇意にされていましたよね。
今回はほんとに誰も出て来られずで、終始一人で
楽しめましたよ。
こちらはゆっくり座れる縁側が最高ですね。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:41
>アラックさん
障子、かわいらしいんですよね~。
一組ずつ違う模様になっていて、それだけを見ていく
のもおもしろいんですよね。
週末はあじさいに似合うお天気になりそうですね。
鉄分補給!楽しみにしています。
Commented by kwc_photo at 2013-06-19 20:41
>さおりさん
独り占めは本当に気持ちよかったですよ。
お寺の方もおられないので、入り口に拝観料をおいて
入ったほどです(^-^)。
手水鉢にさつきって、ちょっと粋ですよね。
白砂の美しいお庭に、紅一点で綺麗でした。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 石斛(セッコク)咲く(毘沙門堂) 西山・花探訪(大原野神社・正法寺) >>