緑輝く瑠璃光院(後編)
          
f0155048_21583644.jpg
遅くなりました。瑠璃光院の後編をお届けします。

(※5月19日撮影)


緑輝く瑠璃光院(前編) はこちら。


※瑠璃光院の一般公開は終了しています。






f0155048_2159758.jpg
一階も見事な緑の額縁。


f0155048_226396.jpg
美しい苔庭に新緑。
目に染みる緑です。


f0155048_2273762.jpg
お茶席は随分増えていました。
小さな「机青もみじ」も楽しめますね。


f0155048_2274865.jpg



f0155048_2284766.jpg
どのアングルから撮っても絵になるお庭ですね。


f0155048_229667.jpg
庭の隅にはシャガがそっと彩りを添えています。


f0155048_2210180.jpg
さぁ、今度は喜鶴亭へ。
ここも緑の空間。


f0155048_22102677.jpg
こちらも緑の額縁風景が楽しめます。


f0155048_22111817.jpg
おお、緑の掛け軸も。


f0155048_22113434.jpg
美しいお庭を静かに眺められる幸せ。


f0155048_22123628.jpg
もう一度書院へ戻って来ました。
水を打ってもらったお庭。
コケの緑が保たれているのは、たゆまぬお手入れの賜物ですね。


f0155048_22131479.jpg
水が流れ来る場所には苔むした大きな岩が。


f0155048_22125069.jpg
ゆっくりとお抹茶とお茶菓子をいただきました。
八瀬氷室・・・とてもおいしいお菓子です。抹茶ともよく合います。


f0155048_22124719.jpg
みどりを大満喫した瑠璃光院でした。


f0155048_22192384.jpg
帰り。玄関先のお庭も美しいんですよね~。


f0155048_22215829.jpg
青もみじが一葉、フサフサのコケの上に。


f0155048_22233141.jpg
朝一は人が並んでいた門前も、静かな状態を取り戻していました。


f0155048_22241363.jpg
ツツジが綺麗な頃でした。

この秋以降の公開は未定だとか。
美しい紅葉も見せていただきたい思いはありますが、あまりの喧騒に辟易してきていたのも事実。
一旦、落ち着きを取り戻す時間も必要なのかもしれませんね。

再び、この美しいお庭が見られますように・・・。
by kwc_photo | 2013-06-15 21:58 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/19744349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鈴木 at 2013-06-16 04:13 x
眠れない夜、最近ブログを始めたので、みなさんの拝見したます。
KWCさんの構図は完璧ですね。かなりの腕前をお持ちの方ですね。私も京都が好きで、20年通ってますが、なかなか良い時期に行けません。お宅の写真見て、これから京都に撮影行きたいと思います。私も人を入れるのが嫌いな方ですので、たいへん参考になります。
Commented by 阿修羅王 at 2013-06-16 06:09 x
おはようございます。ちょっと避暑に行っておりました。

こちらの青もみじを観賞したのが、つい昨日のことのようです。
このお庭に喧噪は似つかわしくないですね。
できることなら再びこの空間に身を置ける日が来ることを
切に希望します。
Commented by youpv at 2013-06-16 06:26
おはようございます。
やっぱり綺麗ですよね(^^)
とりあえず建物の補強修理を
するなどの話があるみたいですが
いずれにしても、またここの風景を愛でる事が
出来ればいいなと思っております。
Commented by arak_okano at 2013-06-16 08:56
掛け軸に額縁に、素晴らしい緑の数々に
バグースです。
この景色もこれで見納めなのでしょうか。
昨年の秋と今回、訪れる事が出来ただけで
幸せです。
Commented by kwc_photo at 2013-06-16 21:05
>鈴木さん
はじめまして~。ありがとうございます。
京都に20年も!すごいですね。
私は京都に生まれ育ちながら、良さに気がついたのは
それこそこの10年ほどで(笑)
遠方から京都を目指して来られる方がこの数年でかなり
増加しましたよね。京都に住んでいるという贅沢な環境を
改めて認識しています。今後共よろしくお願いいたします。
Commented by kwc_photo at 2013-06-16 21:05
>阿修羅王さん
お、避暑とはいいですね~。どちらへ~(^-^)。

ここは何度も通いましたが、やっぱり静かに見るのが一番。
喧騒は似合いませんよね。
修学院離宮的な予約式など、静かに楽しめるお庭の鑑賞スタイル
を取り入れていただいて、再び見せていただける日が来ること
を楽しみにしたいと思います。
Commented by kwc_photo at 2013-06-16 21:05
>youpvさん
ここの景色は絶品だっただけに、これが最後になるなんて
寂しすぎますよね。建物の補強も、お庭の手入れもされる
ことと思いますが、より良い公開の方法をご検討されるのだと
信じています。
ともかくも、落ち着きのある空間を取り戻さないといけません
よね。秋の喧騒は周辺にもご迷惑だったようですから・・・。
Commented by kwc_photo at 2013-06-16 21:05
>アラックさん
ホント、もしこれが見納めとなるのなら寂しいです・・。
とりあえずお庭を見守る人としても、団体旅行のコースに
なってしまって、興味もない人がたくさん入ってくると
いう状態には疑問を持っておられたようで、落ち着いた
場所に戻すことを考えておられるのかな、とおもいます。
Commented at 2013-06-16 21:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2013-06-16 21:49
>鍵コメさん
はじめまして。よろしくお願いいたします。
京都の景色をこのブログでお届けし始めて早や5年が経ちました。
まだまだ自分も知らない京都の魅力を再発見中です。
今後ともよろしくお願いいたします。

ご質問の件、ブログのほうに直接お届けにあがりますが・・・
ちょっと初心者ならば難しいかもしれません。
スキンのソースを直接いじっています。
Commented at 2013-06-17 08:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kwc_photo at 2013-06-17 23:45
>鍵コメさん
やっぱり、ちょっと高度ですかねぇ。ソースをいじるので、失敗すると
スキンが崩れてしまいます。
HTMLタグを少し勉強すると、わかるようになるんですが・・・。説明が
とっても難しいです(^^ゞ
今後共よろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 重森三玲の庭:光明院のサツキ 重森三玲の庭:松尾大社のサツキ >>