相国寺塔頭・慈照院(京の冬の旅2013)
          
f0155048_15415382.jpg
松の美しい、慈照院を訪れました。




f0155048_1542292.jpg
相国寺塔頭・慈照院。
以前にも立ち寄ったことはありましたが、中に入るのは初めてです。


f0155048_15424763.jpg
庫裡へ続く道の傍らは、向かって右が白砂と石の枯山水庭園。


f0155048_15424961.jpg
左には枝ぶりの良い松が茂る苔庭です。


f0155048_15431295.jpg
前庭の松もいい枝ぶりなのですが・・・


f0155048_15481632.jpg
この華頭窓から見える松。
陸船松と呼ばれる、樹齢300年以上という立派な松が勇姿を見せてくれます。

f0155048_1548616.jpg
本堂に入りました。


f0155048_15475843.jpg
東側にこの陸船松があります。


f0155048_15443780.jpg
枝の張り具合を船に見立てているのでしょうね。


f0155048_15444423.jpg
なるほど、青空に帆を立てる船のように見えますね。


f0155048_1545122.jpg
次は棲碧軒(せいへきけん)と中庭に。
建物内部は撮影禁止ですが、桂離宮と同じ作りになっているとのことで、いわばミニ桂離宮という佇まい。


f0155048_1545289.jpg
こちらのお庭は歩かせていただくことができます。


f0155048_15453986.jpg
踏み石を歩きながら辿り着くのは、頤神室(いしんしつ)と呼ばれる茶室。
こちらも撮影禁止でしたが、宗旦狐の掛け軸や、布袋像(千利休の首と付け替えが可能だそうです)などがあり、丁寧に説明をしていただきました。


f0155048_1547236.jpg
手水鉢もいろいろ。


f0155048_1547694.jpg



f0155048_1549163.jpg
この蹲と灯籠が、実に味がありました。


f0155048_15493581.jpg



f0155048_1549653.jpg
お庭のいたるところに、木炭が埋め込んであります。
大雨が降っても、土やコケが流れ出さないための工夫だそうです。


f0155048_15455965.jpg
庭には、これまた陸船松と同じく樹齢300年と言われる胡蝶侘助。
咲き始めています。


f0155048_15461646.jpg
お彼岸には満開になるとのこと。
公開最終は3/18。美しく咲きそろう姿がみられるだろうか・・・。


f0155048_15513398.jpg
最後に前庭の枯山水庭園をもう一度見て・・・


f0155048_15442552.jpg
慈照院を後にしました。
by kwc_photo | 2013-03-13 23:39 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18739304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2013-03-13 23:52
こんばんは
なかなか渋い佇まいのお庭ですね。
本当に松が象徴的に配置され、風格が感じられますね。
私は訪れたことが無いので、新鮮な気分で見せていただきました。
Commented by 阿修羅王 at 2013-03-14 05:38 x
おはようございます。
明日、ここへ行こうかと考えていたところです。
予習ができました。松が見事ですね。
侘助が楽しみです。
Commented by belgium44 at 2013-03-14 15:42
こんにちは~♪
松が立派で苔が美しいところですね。
6枚目の華頭窓とそこから見える松がいいですね~。
とても渋く大人の庭園、1人で行って眺めたいところですね。
こちには一度も行ったことがなく、なんだか最近急に暖かくなって
あっちへこっちへ・・と忙しく期間内に行けるか微妙なところですが
侘助も見たいしなぁ~^^
Commented by arak_okano at 2013-03-14 18:03
KWCさんが、梅の報告のストレート勝負で桜の季節に突入する予想が完璧に外されて見事な変化球の枯山水ですね。やっぱり光と影の世界を表現されてバグースです。
Commented by foto_k at 2013-03-14 19:18
Katsuさん、こんばんは。

何とも詳しい解説、まるで自分が訪れたみたいです。
陸船松が見事ですねー。
ちょっと訪れてみたくなりました(^^)

Commented by kwc_photo at 2013-03-14 23:45
>prado9991さん
ここのお庭はなんというか、男性的なお庭でした。
武家風というか。松の主張がそう思わせるのでしょうかね。
ここは普段非公開ですので、やっぱり行っておきたかった
んですよね。
そして、冬の旅スタンプラリーもたまったので、俵屋吉富
でお茶と雲龍もいただいちゃいました(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-03-14 23:45
>阿修羅王さん
あ、明日行かれるのですね。
なかなかいいお庭ですので、楽しんできてくださいね。
侘助情報、待ってますよ~(^-^)。
でも、月曜日は嵐とか。行けないかなぁ。
Commented by kwc_photo at 2013-03-14 23:45
>さおりさん
松は枝振りの良い、樹齢がけっこういっているものが
生えていて、なんというか、格が高いお庭でした。
華頭窓から見える松の様子もかっこよかったです。
今週末がラストチャンス。侘助も待ってますよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-03-14 23:45
>アラックさん
ふふ、ちょっと変化球を混ぜてみました。
これから梅、梅、桜、梅、桜・・・・といくでしょうしね~。
ここは冬の旅で公開されていたので、ぜひ行きたかったのです。
門前は通っていましたが、非公開でしたのでね。
Commented by kwc_photo at 2013-03-14 23:46
>Kさん
陸船松、ほんとうにいい枝ぶりでしたよ。
300年という樹齢は伊達じゃないですね。
18日までですから、ぜひ行ってみてください。
最終日あたりは、もしかしたら胡蝶侘助が
もっと咲いていると思うんですよね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 春の花咲く梅宮大社(梅編) 紅白梅咲く興正寺 >>