大難の儀(平安神宮・節分祭)
          
f0155048_2314175.jpg
節分の今日。
平安神宮では、伝統行事「大難の儀」が行われました。



f0155048_2314422.jpg
見事晴れ上がった空。
平安神宮では、節分に合わせて「大難の儀(たいなのぎ)」という伝統行事が行われます。
追儺式(ついなしき)ともいいますが、追儺は「おにやらい」とも読み、つまり、旧暦の大晦日に相当する節分に、前年の邪気を払うために行われる行事なのです。


f0155048_2314926.jpg
大極殿前の斎場には、色鮮やかな衣装を着た上卿、殿上人、陰陽師が並びます。


f0155048_23141222.jpg
上卿の衣装は鮮やかな山吹色。


f0155048_23141691.jpg
そして、緑の衣装は陰陽師。
まず、この陰陽師が独特の歩みで正面に出て、祭文を読み上げます。


f0155048_23142161.jpg
次に登場するのは「方相氏」。
ピカピカの盾に恐ろしい形相が映っていますね。
この方、鬼じゃなく、いわば、鬼退治隊長。四つ目のお面は「方相面」と呼ばれ、異形にて不吉な鬼を追いやる役割を果たします。


f0155048_23143010.jpg
鬼退治隊員の「童子(わらわ)」は松明をもって登場。


f0155048_23144114.jpg
鬼退治隊、勢揃いです!


f0155048_23145893.jpg
隊長である方相氏が歩み出て、矛と盾を叩き、「鬼遣(や)ろう!」と3度叫びます。


f0155048_2315921.jpg
次に、鬼の嫌う桃の木で出来た弓で、葦の矢を放つ殿上人。


f0155048_23165035.jpg
さらに、別の殿上人が桃の枝で地面を繰り返し叩き、邪気を祓います。


f0155048_2317364.jpg
やぁっ!
気合の入った掛け声です。


f0155048_23171585.jpg
そして、矛と盾を持った方相氏を先頭に、斎場を回り出す一行。
「鬼遣ろう!」の声が響きます。


f0155048_2317374.jpg
童子たちも松明を持って行進。


f0155048_23174064.jpg
隊長が頼もしいのか、童子たちは笑顔ですね(^-^)。


f0155048_23182019.jpg
晴れ上がったをバックに、一行は三度斎場を回ると・・・


f0155048_23184563.jpg
應天門へ鬼を追い詰めていきます。


f0155048_23191294.jpg
最後は、應天門でも、桃の弓で邪気を祓い、「鬼遣ろう!」の掛け声で儀式は終了です。


f0155048_23191799.jpg
童子さんも真剣な面持ち。
これで都の邪気は、綺麗に祓われました。

f0155048_23193487.jpg
お疲れ様の方相氏さん。
実は、この儀式では鬼が登場しないのです。(もともと、平安期以前に始まったとされる追儺式では、邪気の象徴である鬼は登場せず、目に見えぬものと戦う感じだったようで、これに倣っているのですね。)
方相氏は四つ目の異形であるため、一節には方相氏が鬼のモデルなんだとか。
鬼退治隊長さんが、鬼と間違われてモデルとなるとは・・・皮肉ですね(^_^;)
そういえば、方相氏の登場時に「あ、オニさん来はった」と言ってた人、いたなぁ(笑)


f0155048_2320171.jpg
ともあれ、方相氏を中心に、青空のもと記念撮影。

都の邪気を祓ってくれてありがとう~!
私の大厄もふっ飛ばしてくだされ(^-^)。

ご一緒させていただいた、きたやまさん、ありがとうございました~!
by kwc_photo | 2013-02-03 23:50 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18542104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2013-02-04 05:47 x
おはようございます。
よい天気でよかったですね。
以前こちらに行った時は時折小雨と小雪の舞う日でしたので、
楼門の下で行われました。
この様子を見たら、また平安神宮へ行きたくなりました。
今度は空の下で。

煙に燻されて、充分厄払いもできたでしょうね。
私は福ばかりが舞い込んできました。
Commented by lecouple at 2013-02-04 07:06 x
お早うございます。
2月3日は色々な場所で節分祭が行われていますね。
平安神宮は、大難の儀と言うのですね。
お写真を拝見し、来年行って見ようかと思いました!
Commented by deepseasons at 2013-02-04 19:24
こんばんは~
流石に京都はいろんな節分の行事が目白押しなんですね。
こちらの行事も初耳です。 最初から最後の記念写真まで
ストーリーにその場にいるような気分になりました。
最初、方相氏さんのお面には、ちょっと眼が疲れているなあと
思いましたけど・・・
Commented by きたやま at 2013-02-04 22:22 x
お疲れ様でした~
下調べ不十分な中でご案内してしまい、済みませんでした
次回平安神宮の節分を撮影することがあれば、今回のことを踏まえたいと思います

「おにやろう」の掛け声がまだ耳に残っています(笑
Commented by kwc_photo at 2013-02-05 00:07
>阿修羅王さん
ホント、ピッカピカのいい天気で、2月とは思えない
くらいでした。2日が暖かく、3日は寒の戻りが・・・
とニュースで言っていたので、着込んでいったら
暑かったです(笑)
厄祓い、できたでしょうかね。
舞妓さんのかぶりつきの場所で、豆をいっぱい浴びました(笑)
頭に10回くらい当たりましたよ(^_^;)
でも、阿修羅王さんに舞い込んだ福にはかないませーん!
うらやましすぎます~。
Commented by kwc_photo at 2013-02-05 00:07
>lecoupleさん
2/3、節分行事をハシゴしようと思うと、場所と時間の
下調べが必要ですね~。
今回は結構行き当たりばったりで挑みましたが、
youpvさんやきたやまさんと出会ったので、寄り道
しながらのおもしろ道中となりました(笑)
丸太町から歩くと、いろいろあって面白いですよ~。
Commented by kwc_photo at 2013-02-05 00:07
>deepseasonsさん
せっかくなので、見たことのない場所へ行こう!と
思っていたのです。でも、朝一はやっぱり伏見稲荷へ
いっちゃいました(笑)行きやすいんですよねぇ、あそこ。
それに撮りやすさもあって、ついつい。
平安神宮の行事は、広い境内を大きく使って行われる
ので、どこからでも撮れるかと思っていたら、意外と
見る場所が限られていて、なかなか悩みましたよ。
方相面、確かにちょっとお疲れに見えるかも(笑)
Commented by kwc_photo at 2013-02-05 00:07
>きたやまさん
昨日はホント、おつかれさまでした。
ありがとうございました!
下調べ不足なんて、とんでもない~。一人だったら
あっち行こうかな、こっち行こうかなと悩み込んで
いたかと思います。相談できてよかったですよ。
それに、結果的に大当たり!でしたし(笑)

おにやろう!掛け声は独特でしたね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 節分祭(伏見稲荷) 大心院・切石の庭(妙心寺塔頭・... >>