妙心寺塔頭・東海庵のお庭(書院南庭)
          
f0155048_1481092.jpg
印象的な7つの石。そして渦巻き。

東海庵・書院南庭の撮影に挑戦です。

妙心寺塔頭・東海庵のお庭(白露地の庭・東海一連の庭編)はこちら




f0155048_13565344.jpg
7つの石と同心円で構成されたこのお庭。
見れば見るほど、味があります。


f0155048_135782.jpg
小さいのに、存在感が一番大きなこの石。
「わが陣形を崩せるものなら、崩してみよ!」と挑まれているような。


f0155048_1358162.jpg
他の6つの石は、大きさも、向きもバラバラ。
なのに均整が取れ、調和に満ち溢れている空間。


f0155048_13582737.jpg
一直線、というわけでもない。
うーむ、この陣形、どう攻めるべきか。


f0155048_13583843.jpg
殿軍を務めるこの石の安定感。


f0155048_13591581.jpg
乱れているようで、乱れていないこの配置。


f0155048_13594976.jpg
こう切り取れば、静かだった波紋は、流れのある川のように見える。


f0155048_1402312.jpg
これならどうだ。
石に流れをぶつけてみる。


f0155048_1435869.jpg
こうすれば、波紋を乱せるか。


f0155048_1411321.jpg
均衡を崩す。
波紋に吸い寄せられるよう。


f0155048_1412129.jpg
どうしても引き寄せられる。


f0155048_142539.jpg
無秩序の中に潜む秩序。


f0155048_1422869.jpg
その庭が、東海庵の中心で存在感を放っている。


この庭を、宇宙と捉えるもよし、輪廻転生と捉えるもよし。
思い思いに楽しむべし。
by kwc_photo | 2013-02-13 21:12 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18442741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2013-02-14 09:50
タイトル : 妙心寺塔頭 東海庵
 見たかった庭。  妙心寺境内で3月18日まで特別公開されている寺院がある。  東海庵といい、三つの美しい庭がある。  まずは、方丈南にある「白露地の庭」であり、  なつめ形の手水鉢が置かれただけの  一面に白砂を敷きつめた清浄感あふれる庭である。  そして、史跡名勝庭園の「東海一連の庭」、  橋柱手水鉢に薄氷が張る寒い中、  訪れる人も少なかったので  思いっきり庭風景を堪能させてもらった。  そして、方丈と書院をつなぐ廊下に囲まれた場...... more
Commented by deepseasons at 2013-02-14 00:19
こんばんは~。
こちらの石庭、渦の中心にある小さな石が同じ高低なのに沈んでいる
ように見えました。 見る角度によって変化するのが面白いですね。
ちょうど中心に意識がとられがちですが、katsuさんのように河の流れ
に喩えて、あえて中心を外した画に興味を覚えました。
また、行かなくちゃ行けません~
Commented by lecouple at 2013-02-14 07:00 x
お早うございます。
当方のブログも東海庵の記事を掲載し、こちらにお邪魔したらビックリです。
書院南庭、本当に撮りがいがありますね。
見えざるものの中にそのものを見る、まさに枯山水の表現と思いました。
Commented by belgium44 at 2013-02-14 16:38
こんにちは~♪
これは前編後編と分けるくらい盛り沢山のお庭ですね。
最近、こちらのお写真を見る機会もちょこちょこあり
12年ぶりの公開となれば、なおさら行きたくなってきました。
特に書院南庭は見てみたいです、またkatsuさんの後を
追いかけるかもしれません~^^
Commented by arak_okano at 2013-02-14 17:05
乱れているようで乱れてない。無秩序のなかの秩序。名言にバグースです、不思議なお庭さんですね。
Commented by kwc_photo at 2013-02-14 23:22
>deepseasonsさん
渦の中心の石は、本当に要の石なのですね。
ものすごい存在感です。重要なポジションなのですね。
あれをどう外して撮るか、という挑戦でした。
結局は、やっぱり中心に戻るんですけどね。
うーむ、やはり相手が一枚上のようですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-02-14 23:22
>lecoupleさん
奇遇でしたね~!東海庵、いろいろな方が訪れていて
それぞれの切り口がある写真を見せてもらえて面白いです。
この南庭は、ぐっとひきつけられる魅力がありました。
小さなお庭なのに、不思議ですね。
Commented by kwc_photo at 2013-02-14 23:22
>さおりさん
なかなか味わいの違う3つのお庭が楽しめるお寺って
ないですよね~。
12年ぶりということもあって、いろいろなブロガーさんが
訪れておられるようですね。
ぜひぜひ行ってみてください。お勧めですよ~。
Commented by kwc_photo at 2013-02-14 23:22
>アラックさん
ありがとうございます~。
ホント、不思議とひきつけられるお庭でしたよ。
12年ぶりというプレミアム感が、それを倍増させて
いるようですよ(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 雪景色・哲学の道ぶらり 真如堂・雪景 >>