妙心寺塔頭・東海庵のお庭(白露地の庭・東海一連の庭編)
          
f0155048_13141778.jpg
「京都の冬の旅」で12年ぶりに公開された、妙心寺塔頭・東海庵を訪れました。


妙心寺塔頭・東海庵のお庭(書院南庭) はこちら



f0155048_13142188.jpg
東海庵。
いつも通りかかってはいましたが、入るのは初めて。
妙心寺四派の一つ「東海派」の本庵、全国の妙心寺末寺のうち、半分以上がこの東海派とのこと。


f0155048_13145537.jpg
まず目に飛び込んでくるのは、「白露地の庭」。
文字通り、石、木などを一切用いず、白砂のみで構成された「何にもなし」のお庭です。


f0155048_1315380.jpg
借景の松の木と、その影だけが砂庭の飾り。


f0155048_1315530.jpg
この本殿では、仏ではなく、東海派の開基、悟渓宗頓禅師の木像が祀ってあります。


f0155048_13165811.jpg
本当に静かなお庭。
何もあしらわないことを良しとした、という言われを聞いて、ゆったりと庭を眺めます。
木や、庭石があることで、その意味をあれこれ考えるのは瞑想の邪魔になる、という意味なのでしょうね。


f0155048_13411770.jpg
お庭の隅に、この棗型の手水鉢があるのみなんです。




f0155048_13171351.jpg
門を曲がると、同じく棗型の手水鉢が置かれた苔庭がありました。


f0155048_13171853.jpg
凪いだ海のような、そんなこのお庭を目の前にすえて・・・


f0155048_13175172.jpg
瞑想に耽ると、逆に色々なものが見えてくる、そんな気もします。


f0155048_1321372.jpg
こちらは史跡名勝指定の書院西庭。
東海一連の庭、と言われています。


f0155048_13211670.jpg
一文字の手水鉢には、南天の赤い葉が映り込み、きれい。


f0155048_13211993.jpg
苔庭の踏み石も味わいがありますね。


f0155048_13212217.jpg
橋杭型の手水鉢が佇む庭の隅も、いい雰囲気なんです。


f0155048_1321383.jpg
12年ぶりに一般公開されたこのお庭。

3月18日までの限定公開です。

え、肝心のお庭はどうした?って・・・(笑)
もちろん、後編にてお届けします。いっぱい撮りすぎました(^-^)。
by kwc_photo | 2013-01-27 22:22 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18442679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by foto_k at 2013-01-28 07:59
Katsuさん、おはようございます。

一文字の手水鉢に南天の映り込み、この画良いっすね^^

白砂のみの白露地の庭もこの歳(?)になって良さが分かるようになりました。
未だ、何となくですけど...
自動車の免許を取得した頃、嵯峨野"厭離庵"の庵住さんご一緒に、とあるお庭へ訪れたことを思い出しました。
まだお庭の良さなんて解らなかった頃ですが、祖父譲りのCanon Canonetで撮った記憶があります。
ただ撮っただけなんですけどね(笑

ちょっと想い出ふけるのに訪れてみようかな...
ぼーっと眺めている時間もなかなか良いもんですし(^^)

Commented by arak_okano at 2013-01-28 11:36
京都のお寺さんは四季を通して楽しめますね、南天の赤が効いていますね、バグース!今日、我が町は雪景色でした。
Commented by akiba-echo at 2013-01-28 11:55
KWCさん こんにちは。
庭石のない庭というのも深いですね。それにスカイラインに
余分なものが映り込まないのは、KWCさんがうまくよけて
いるのかも知れませんが、さすが妙心寺ですね。
Commented by prado9991 at 2013-01-28 21:02
こんばんは
出し惜しみは、いけませんよ~。
お気に入りは最後に残しておくタイプの様ですね~。
あの庭以外も凄く興味がわくお庭でしたね。
枯山水にもかかわらず石がないのにはビックリしました。
でも、やはりあのお庭が印象に残りました。
次回を楽しみにしています。
Commented by rollingwest at 2013-01-28 22:07
まっすぐ平行ラインの枯山水もあるのですね!実にユニークです。
Commented by kwc_photo at 2013-01-29 00:05
>Kさん
手水鉢への南天の赤、私も気に入ったのですよ。
このお寺は、基本的に枯山水なので、東海一連の庭しか
色味がないんですよね。貴重な赤、でした(^-^)。

厭離庵の方とはそういえばお知り合いだと言っておられましたね。
お庭の良さ、私もまだわかった、とはいえないのですが、
確かに齢を重ねるごとに、味わえるようになってきたかな、
って思いますね。お寺好きは小学生の頃からなんですが(笑)

妙心寺さん、ぜひぜひ訪れてみてください。
白露地の庭でぼーっとすると、いろいろな想い出に出会えるかも(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2013-01-29 00:05
>アラックさん
こちらは冬の限定公開なんですよね~。
季節を変えて見に来たいですが、植物があるのは東海一連の庭
だけなので、やはり冬がいいかも、ですね。
薄雪があるときにチャンスがあれば、とおもいますが、なかなか
難しそうですね。
Commented by kwc_photo at 2013-01-29 00:05
>akiba-echoさん
こんにちは。はじめましてですよね?
よろしくお願いいたします。
妙心寺さんはとっても広くて、電線等にも気を使っていただいて
いるのか、借景を横切るようなものはないですね。
空も広くて、お庭も広くて・・・と、スケールの大きなお寺
ですね。スカッと青空だったら綺麗だっただろうなぁ~。
Commented by kwc_photo at 2013-01-29 00:05
>prado9991さん
いえ~す(笑)。私は食べ物も一番好きなのを最後に残して
おくタチです(^-^)。
というか、南庭をあまりにも撮りすぎて、これで一回分の
アップをするしかないなぁって感じで。
本当に「挑まれている」かのような、そんな佇まいの
お庭でしたね。見るものを試すというか、試されていると
いうか。
次回のアップでT.B.させて頂きますね。
Commented by kwc_photo at 2013-01-29 00:05
>rollingwestさん
白露地の庭は、パッと入った感じは龍安寺石庭と似ています。
塀の高さを変えることで、奥行きが広く見えるような仕掛けも
同じなんですよ。
石のない石庭、といったところでしょうか。
好対照で面白いですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 御所の淡雪(京都御所) Finale!京都の紅葉201... >>