晩秋の修学院離宮(中離宮編)
          
f0155048_22131873.jpg
魅惑の修学院離宮。
中離宮編です。

(※11月27日撮影)


晩秋の修学院離宮(浴龍池編)はこちら
晩秋の修学院離宮(下離宮編)はこちら
晩秋の修学院離宮(上離宮編)はこちら



f0155048_22132145.jpg
いい色の紅葉。
さぁ、中離宮へ進みましょう。


f0155048_22133020.jpg
生垣の向こうの紅葉が、もうすでに期待以上!


f0155048_22133555.jpg
門の向こうに早くいきたい・・・けれど、この門は開かず。


f0155048_22133377.jpg
この竹垣の一部が・・・
実は中離宮への入り口なんです。
開けてもらって、いつもびっくりします(笑)

f0155048_22133891.jpg
中離宮へ続く道々は、落ち葉に彩られています。


f0155048_22134446.jpg
この光景だけでもじっくり撮りたくなりますよね。
でも、先へ進まないといけません(笑)


f0155048_22134639.jpg
でも・・・綺麗でしょう?


f0155048_22135370.jpg
ここも、見る見る葉を散らしていました。


f0155048_2216374.jpg
こんな落葉光景があちこちで。


f0155048_22163975.jpg
蔵の前は、まだ綺麗に黄色のもみじが。


f0155048_22164292.jpg
でも、足元を見ると、この黄色のもみじも散っていますね。
鮮やかな散り紅葉が美しすぎます。


f0155048_2216455.jpg
井戸のところも散り紅葉。



f0155048_2217228.jpg
行く秋の寂しさも感じてしまいますね。


f0155048_2217855.jpg
鮮やかな紅葉の下には・・・


f0155048_2220698.jpg
見事な散り紅葉。
こういうセットがいたるところで見られました。


f0155048_22215743.jpg
この飛び石のところにも。


f0155048_22231870.jpg
水の流れにも落ち葉が。
ここは、あの天下の三名棚のひとつがある、中離宮前の庭園です。


f0155048_22232750.jpg
ドウダンツツジのオレンジも綺麗でした。


f0155048_22251893.jpg



f0155048_22244772.jpg
いやはや、これだけ落ち葉で楽しめるとは・・・。


f0155048_22251288.jpg
鮮やかな紅葉を見上げて撮ると、他の皆さんが次へ進まれ始める後ろ姿。
ああ、中離宮は落ち葉で終わってしまう(笑)


f0155048_22252673.jpg
慌てて、鯉の絵を。
「あまりにリアルで、夜な夜な抜けだしてしまうので、あとから描いた」という網の目まで破れているという、芸の細かさ。


f0155048_22253454.jpg
天下の名棚も一枚だけ。
確かに、雲がたなびくような見事な違い棚。


f0155048_22254455.jpg
さぁ、進みましょう。
真っ赤な紅葉も見送ってくれます。


f0155048_22255287.jpg
先ほどの井戸の横を抜けて、元来た道を帰ります。
折しも雨が降り出しました。霧雨ですがね。


f0155048_2226387.jpg
もみじの向こうは、漁師が網を干している様子を模したという、網干の欄干。



f0155048_2226233.jpg
あ、井戸のところにマンリョウ発見。

秋色もすっかり晩秋傾向。
そして、霧雨が降り始めた中離宮。
このあとの上離宮はどうなる?!とちょっと心配しながら中離宮を後にしました。
by kwc_photo | 2012-12-09 23:45 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18223128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youpv at 2012-12-10 06:55
おはようございます~。
今年の修学院離宮も美しい色づきですね。
中離宮の入り口は確かに始めてみた時は
びっくりですよね。
何度も訪れていますので、慣れましたが
初めて来られた方はびっくりされますね(笑)

上離宮のお写真も楽しみにさせていただきますね。

あと体調をしっかりと治してくださいね(^^)
Commented by アラック at 2012-12-10 18:30 x
絵も書院も教科書でみましたよ、なんて小学生レベルの一言しか出てこない情けないアラックです。これぞ究極の日本の美ですね、凄いいろです。私の税金も離宮の維持に役立ちっていりと思い夢はとっておきます。
Commented by deepseasons at 2012-12-10 20:13
こんばんは~
見所多い修学院離宮ですが、中離宮の建築美と庭の美しさが好きかも
しれません。 こちらも散りがきれいだったんですね。 この感じだと上離宮の
錦の世界が待ち遠しい限りです。 
最後の一枚も哀愁漂ういいお写真ですね~
Commented by kwc_photo at 2012-12-10 23:37
>youpvさん
毎年、いきたい日に行けるかといえばそうではない修学院離宮。
でもいつも巡りあわせが良いと感じるのは、素敵な庭を維持するために
手間暇をかけてくださっているおかげでしょうね。
今回は散り紅葉の時期に巡りあわせが来ましたが、素晴らしい光景に
大満足でした。

風邪、ちょっとマシになってきました。
今朝は雪景色か・・・と思っていましたが、咳で寝不足のせいで、
朝は寝過ごし・・・10分で朝ごはんを頬張りながら準備して出勤しました(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2012-12-10 23:39
>アラックさん
おお、修学院離宮は教科書にものっているのですね~。
私は恥ずかしながら30超えるまで離宮って何なのか知りませんでした(笑)
しかし、日本のトップが造影したお庭ですから、そりゃぁ日本一!と
思えるお庭になりますよね~。これが現代まできっちり維持されて
きているというのは素晴らしいですね。
Commented by kwc_photo at 2012-12-10 23:41
>deepseasonsさん
今年は錦模様の紅葉と、散り紅葉にうまくめぐり合わせが来ました。
修学院離宮はどうかなぁと思っていましたが、門をくぐった時に、「これは!」
とニンマリしましたよ(笑)
お天気が心配されたのですが(予報は雨でした)、これがまた、折々で
晴れ間も見えてくれたりして・・・。上離宮編も期待してくださいね(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 真っ赤に染まる境内(厭離庵) 圓徳院・浮かび上がる紅葉 >>