落葉色に染まる宝筐院
          
f0155048_2001275.jpg
この光景を見たくて、一番乗りを果たしました(^-^)。

(※11月29日撮影)




f0155048_2005071.jpg
開門前、門前で水野克比古先生と談笑。
先生がやってきた、ということは、今日は紅葉の具合が良い日、ということですね~、と話していたのですが、まさに絶景。


f0155048_201320.jpg
こんなに美しい光景が門の向こうに待っていてくれたのですから。


f0155048_2012029.jpg
散り紅葉が通路を飾り、もみじがトンネルを作ってくれています。


f0155048_2012411.jpg
ゆっくり前に進みます。
でも、後ろもつかえてきますから・・・。
先生も「そろそろ邪魔にならんようにいかんとな」と。やっぱり配慮が大事ですね。


f0155048_20143100.jpg
「順路」の札が惜しいなぁ、と、二人で話しながらパパっと撮影。


f0155048_201474.jpg
おお~っ、素晴らしい色づき。
上も下も、見渡す限りの紅葉。ゴージャスです。


f0155048_2032431.jpg
落ち葉が埋め尽くすお庭に朝日が差し込みます。


f0155048_2033289.jpg
奥に向かって道は続いているのですが、ここで本堂に入ります。


f0155048_2033553.jpg
本堂横のお庭も見事。


f0155048_2035061.jpg
わぁ。
このお部屋の中で見る紅葉はみごとですね。


f0155048_2042350.jpg
あら、この紅葉。
オレンジ色のハートマークに見えませんか?


f0155048_2042968.jpg
こちらから見える紅葉は黄色も混じって鮮やか。


f0155048_2044298.jpg
入口側を向いて。


f0155048_2054772.jpg
押し寄せる紅葉の波。
ずっとこのお部屋で紅葉を眺めていたい気分です。


f0155048_2065949.jpg
もみじだけではなく、ドウダンなども紅葉しており、同じ紅葉でも赤やオレンジ、黄色などが交じり合い、素晴らしいですね。


f0155048_208748.jpg
主役は私、とばかりに枝を張り、紅葉を主張するドウダン。


f0155048_2081574.jpg
少し高い位置から見下ろすと、落葉の光景が広く見えます。


f0155048_20141135.jpg
朝日が差し込み、きらめく紅葉。


f0155048_20142565.jpg
さぁ、外を回りましょう。
この落ち葉の絨毯は本当に綺麗でした。


f0155048_20144569.jpg
これだけたくさんの落ち葉があるのに、まだ紅葉もピークな状態でたのしめる。
いやぁ、いい日にきたなぁ。
さすが水野先生です(^-^)。


f0155048_20231788.jpg
お庭も落ち葉の海にのまれていますね。


f0155048_20233148.jpg
紅葉に包まれたお庭。
ここに居られる幸せ。


f0155048_20244777.jpg
今日は結婚式の前撮りで花嫁姿の撮影もされていました。
後ろ姿ですが、笑顔がはじけている様子がわかりますね。お幸せに~。


f0155048_202516100.jpg
さぁ、お庭の奥をめぐりましょう。



f0155048_20254163.jpg
お、誰もいない。
チャンスですね~。皆さん、花嫁さんを見てましたから(^-^)。


f0155048_20264965.jpg
いろいろな色が混じった落ち葉。
この光景だけでも豪華です。


f0155048_20265943.jpg
真っ赤な落ち葉を従えたドウダンは素晴らしいオレンジ色。


f0155048_20271294.jpg
石灯籠の周りもいろいろな木々の紅葉ですね。


f0155048_20272456.jpg
こちら側から見ると、この多様な植物がコラボした、錦色の紅葉であることがよくわかります。


f0155048_20273453.jpg
宝筐院の紅葉の魅力は、実はここにあるのかもしれませんね。


f0155048_202942.jpg
最後にもう一度振り返って。

心に残る紅葉風景、落葉風景だった宝筐院。
今年の秋色の美しさが凝縮されていました(^-^)。
by kwc_photo | 2012-12-04 23:53 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18222646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2012-12-07 12:11
タイトル : 宝筐院
美しき紅葉空間 庭園に足を進めると言葉を失う美しい紅葉風景が広がりました。 宝筐院の紅葉は散り始めの時期が一番好きなタイミング。 散紅葉と見頃の紅葉。それぞれが上下の紅葉色を演出して、 一面に広がる紅葉風景を作り上げます。 紅葉の包まれる石畳を歩いていきます。 思わず振り返って眺めたくなる見事な風景です。 差し込む日差しの中、本堂へと足を進めます。 ご本尊にお参りをした後、振り返った風景も格別の美しさ。 本堂内から眺める紅葉の額縁風景が純粋に綺麗でした。 ...... more
Commented by youpv at 2012-12-05 06:34
おはようございます~。
宝筐院さん、私も訪れましたが
今年は色づきもよく綺麗ですね。
難なのは一番乗りじゃないと撮れない事ですよね。
後日、私の方もアップしますので是非見てくださいね。

水野さんでも先に入れないのが、ちょっとびっくりです。
Commented by アラック at 2012-12-05 06:59 x
大先生と幸せな一時にバグースです。光と影、散り紅葉でも、まだピークとは凄いですね、昨年は開門前に並んでいました。
Commented by deepseasons at 2012-12-05 19:05
こんばんは~
私も12月に入ってから行ったのですが、更に散りが進んでいました。
katsuさんが行かれたタイミングがやはりベストだったのではないでしょうか。
素晴しい色付きに散り紅葉も同時楽しめるこの石畳を二人で撮りながら
進まれたのですね。 溜め息がでてきます~ 水野先生はやっぱり
Nikon派に変わられていましたか~
Commented by rollingwest at 2012-12-05 21:29
来てますね~!盛りとなった京都の紅葉!今年は例年になく色づきがいいと言われていますが京都もそう感じますか?
Commented by kwc_photo at 2012-12-05 23:18
>youpvさん
今年の色づき、良かったですよね~。
いろいろな赤、いろいろな黄色が入り混じり、見事な光景。
素晴らしかったです。
水野先生、「ほかは事前に連絡しておいたら入れてもらえる
んだがなぁ」とボヤいておられました(笑)
Commented by kwc_photo at 2012-12-05 23:19
>アラックさん
水野先生とは、ほんの少しの間のお話でしたが、楽しかったです。
散り紅葉もあり、見あげればバッチリ紅葉ピーク。最高でした。
開門前に並ぶのが一番ですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-12-05 23:19
>deepseasonsさん
11月末は、平日嵯峨野と決めていたのですが、平日とはいえ
恐ろしい人出。最初の10分が勝負!でしたよ。
水野先生のタイミングだったということは、正解だったと
信じてます(笑)。
あ、水野先生、Nikonでした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-12-05 23:19
>rollingwestさん
きてますよ~(^-^)。いい色の紅葉といっぱい巡り会えました。
2012年、良い色だったと言えると思います。
鮮やかな紅葉、今年は黄色も良かったです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 落葉光景(金福寺) 紅葉散歩(泉涌寺~東福寺界隈) >>