染まり始めた圓徳院
          
f0155048_23165889.jpg
圓徳院、北庭庭園。
静かな空間を一人たのしみました。


(※11月5日撮影)



f0155048_23173575.jpg
圓徳院のお部屋に入る手前。
色がわり中のもみじのグラデーションが綺麗。


f0155048_23174163.jpg
一部赤くなっています。
黄緑から黄色、オレンジ、赤・・・こういう時期の紅葉も面白いですね。


f0155048_23175623.jpg
やはり上のほうから綺麗に色づきはじめるようです。


f0155048_23182915.jpg
南庭、砂庭の向こうのもみじも色変わり中。


f0155048_23192395.jpg
さて、北庭へ。
桃山時代の代表的な庭園。
ねねさんが飽かず眺めた、という伏見城北政所化粧御殿の前庭を移設したものなんです。


f0155048_23195836.jpg
小堀遠州が手を加えたそうですが、秀吉の時代、各大名がこぞって寄進したという、各地の名石がゴロゴロ。
見事なお庭の景観を作り出しています。


f0155048_2320168.jpg
紅葉が進んだ今頃は、もっと美しいことでしょう。


f0155048_2320372.jpg
でも、このくらいの色づき加減でも、秋の景色を感じられますね。


f0155048_23204189.jpg
部分的には結構綺麗でした。


f0155048_23204739.jpg
まだシーズンインしていない時期だったこともあり、ゆっくり一人で楽しみました。


f0155048_23205417.jpg
最後に外へ出てからパチリ。
来週以降はライトアップでたくさんの人出でしょうね。
by kwc_photo | 2012-11-18 08:03 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18171383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-12-01 11:26
タイトル : 圓徳院の額縁庭園
桃山の豪胆な庭で、紅葉の炎が広がっていた。今の季節は、唐門前に咲く石蕗の花が美しい。 ここは、豊臣秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地。 東山にある、秋の圓徳院を訪れた。 方丈から渡り廊下を越えて、北書院へと向かう。 お目当ては、書院から眺める北庭。 シーズン中はご覧のような人の群れが広がる。 秋の3連休には、この書院が人でいっぱいに埋まった。 人波がひくのを待って、枯山水の額縁庭園を撮った。 伏見城の北政所化粧御殿の前庭を移したものと伝わる。 この庭をねねも眺め...... more
Commented by prado9991 at 2012-11-18 22:06
こんばんは
こんな風景の独り占め、ズルイです。
盛り前とは言え、ほんのり色づき始めた椛、風情がありますね。
今度の三連休は恐ろしいので近づけません。
Commented by kupoa_kupa_5i7i at 2012-11-18 23:53
ほんのりと、ピンク色
特等席の風景、風情たっぷりですね♪

↓花火ですか。秋花火、これまた良いですねぇ
Commented by kwc_photo at 2012-11-19 00:17
>prado9991さん
ふふ、ちょっとフライングでしたけど、独り占めのまま15分ほど。
ツワブキは後で撮れるから、と、入り口で「あとでもう一周させてくださいね」
とお願いしたら、「お顔を覚えておきます(^-^)。」と、
快くOKしてくださいましたので、一目散に北庭まで行ったのでした(笑)
今頃は恐ろしい人出でしょうね。
今年はちょい早め、ちょい早めを心がけて、人ごみを避けてます(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-11-19 00:19
>kupoa_kupa_5i7iさん
特等席、どこから見ても見事なお庭なんですが、これが真っ赤に
色づくともっと最高なんですがね~。
その頃は、人が多すぎてとれませーん(笑)

花火、11月にアップしたら、蔵出しかと思われそうですね(^^ゞ
うちの地元なんですが、窓を開けたら真正面にドカーンと花火が
あがってびっくりでした(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 紅葉に包まれる平野屋(嵯峨野・... 秋HANABI 2012(城陽市) >>