彼岸花咲く古寺跡(山城町・高麗寺跡)
          
f0155048_1822094.jpg
山城町・上狛。
高麗寺(こまでら)とは、飛鳥時代に栄えた、当時国内最大級の古代寺院。
京都府内では最古と言われています。

今日は台風の予報でしたが、朝、まだ雨の降らないうちに出かけてきました。




f0155048_1822540.jpg
高麗寺阯、という碑の立つ以外は、ここに大きなお寺が存在したことを想像させてくれるものはない。
そんな場所は、秋には彼岸花に彩られます。


f0155048_1822971.jpg
桜の根元に咲き誇る彼岸花。


f0155048_182345.jpg
史跡ではあるけれど、観光地でもないので・・・雑草の間に彼岸花が咲いています。
ある意味、自然な姿なのかも。


f0155048_182375.jpg
お寺がもし今もあったら・・・
彼岸花で有名なお寺になったでしょうか?(^-^)。


f0155048_183028.jpg
この礎石の上に、どんな建物が・・・。


f0155048_1824964.jpg
雑草が広がるこの広っぱにお寺がどんなふうに建っていたのか。
想像力で補いながら、彼岸花の姿と重ね合わせてみます。


f0155048_183137.jpg
しかし・・・
9月末だというのに、白くなった花もなく、綺麗な状態であったことにビックリでした。


f0155048_1831517.jpg
「旅人よ 思いいたせよ 古え(いにしえ)の
道を開きし 高麗(こま)の脚(足)あと」

歌碑の字句を追いながら、歴史ロマンに思いを馳せるのもよいですね。

f0155048_1834465.jpg
田んぼの彼岸花も良いですが、こんな場所での彼岸花もいかがでしょう?
by kwc_photo | 2012-09-30 18:32 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/18019432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2012-09-30 20:00 x
こんばんは。
ロマンを感じますねぇ。ここにはどんなドラマが展開していたのでしょうか。
目を閉じるといにしえの人々の姿が浮かんできそうです。
彼岸花は、今それを代弁しているのかも知れません。
それだけに哀愁を感じる彼岸花です。
Commented by Takapyon at 2012-09-30 22:31 x
Katsuさん、こんばんは(^^)
雰囲気のある場所ですね。
歌碑と彼岸花の組み合わせも趣がありますね。
関東もようやく彼岸花が見ごろになりました。
この台風でダメージ受けずに乗り切れれば良いのですが・・・。
Commented by deepseasons at 2012-10-01 00:02
こんばんは~
ほんまに白くなっている花もなく、雑草の中、たくましく咲いていますね。
もしかすると、台風前の果敢なくも美しい姿ですね。
私も台風前に何とか彼岸花と思い土曜日に撮影に行きましたが、残念
ながら、かなり白くなっていました。
Commented by youpv at 2012-10-01 06:04
おはようございます~。
本当に白くもなっておらず綺麗に咲いていますね。
歌碑と彼岸花の写真が画になりますね。
私も土曜日に色々と撮ってきました。
Commented by kirafune at 2012-10-01 06:50
台風の前に行かれたのは
こちらの古寺だったのですね。
渋くて、好みです~^^
高麗寺(こまでら)というのですね。
関東でも高麗(こま)というところに
巾着田の有名な彼岸花の群生地があります。
今年は行けそうにないので、
こちらの高麗で大満足です。
Commented by rollingwest at 2012-10-01 20:45
高麗の由来は渡来人、秦氏の史蹟ですね。狛犬も高麗の犬ですが実はライオン、エジプトのスフィンクスとルーツが一緒の様な気がします。その文化を大陸から伝えた秦氏のルーツや史跡をいつかじっくり訪ねてみたいです。広隆寺・太秦、そして神仏習合など秦氏の果たした役割は非常に大きいものがありそうです。
Commented by prado9991 at 2012-10-01 21:21
こんばんは
本来彼岸花はこういうひなびた所に咲くのが良く似合うと思います。
棚田も良いですが、こちらの方が良く似合います。
歌碑の前の彼岸花、郷愁を誘いますね。
Commented by きたやま at 2012-10-01 22:49 x
高麗寺。初めて知りました。
京都府南部も色々回ってみたいなあ…。
まずは写真で興味深く拝見しました。
あまり手の入っていない、自然な感じがまた良いですね。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>阿修羅王さん
ここはかつて栄えた都、というのが想像がつかない
牧歌的な場所ですね。
藤原京、平城京も野原になってしまっていますが、
ここは周りも田んぼですし、きらびやかに都が存在
した姿の想像がしにくいですね(笑)恭仁京という
都が確かに存在したはずなのですが・・・。
ここはその国分寺だったのです。
彼岸花だけが、その盛衰を見てきたのかもしれませんね。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>Takapyonさん
こんばんは~!
なんというか、歌碑や高麗寺跡の碑がなければ、
ホント、なんという事もない野っ原なんですよね。
でも、礎石や土盛のあとを見ると、確かにここには
何かが建っていた、というのがわかります。

関東も彼岸花の季節になりましたか。
台風、関東の方はかなり風雨が強かったようですが、
彼岸花、大丈夫でしょうか?
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>deepseasonsさん
雑草の中の真っ赤な彼岸花、感動的でもありました。
10月直前なのに、見事な赤でした。
台風、南の方はそれほどひどい風雨はなかったので
もうしばらく楽しめるのでは?と思います。
蕾もありましたしね。
土曜日、運動会で動けなかったのですが、台風前
にこんな綺麗な彼岸花に会えて嬉しかったです。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>youpvさん
そうなんです!びっくりの新鮮ぶりでした。
もう10月なのに・・・と、我が目を疑いましたよ。
雑草だらけでしたが、それもまた雰囲気だなぁと
思いながら撮っていました。
土曜日は嵯峨野あたりですかね?
アップを楽しみにしていますね。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>kirafuneさん
台風の前に走って行ってきて正解!でした。
加茂の田んぼも綺麗だったので、またアップしますね。
本薬師寺跡と同じように、お寺の建物というものがない、
本当に野っ原なんですよ。
関東にも高麗というところがあるのですか。
彼岸花が共通しているのも面白いですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>rolligwestさん
さすがよくご存知ですね。狛犬=高麗犬、そしてライオン、
スフィンクス・・・歴史ロマンが世界まで広がりますね。
秦氏といえばお酒。お酒といえば松尾大社!という感じで、
太秦~嵯峨野あたりにも関係してきますね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:18
>prado9991さん
そうですね~。彼岸花といえば田んぼ、という感じですが、
こういうシチュエーション、とても似合います。
雑草だらけで、歩くのもちょっと躊躇するくらいでしたが、
歌碑のまわりに咲く彼岸花を見られてよかったです。
飛鳥時代の歴史ロマンが感じられますよ~。
Commented by kwc_photo at 2012-10-01 23:40
>きたやまさん
ここはお寺というか、お寺跡なので、実際はなんにもない野っ原です。
それがまた、歴史ロマンをかきたてますよね~。
恭仁京にしてもこちらにしても、礎石くらいしか残っていなくて、
実際、どんな姿だったのか・・・想像もつかないくらい、今は牧歌的な
景色が広がっていますよ。
ここはしかし・・・手が入っていないというより、放置しすぎ・・・(^_^;)
昨年以前は、ここまで雑草がなかったのですがね~。
Commented by らら at 2012-10-04 14:08 x
高麗寺を検索していたら、見事な彼岸花がめにとまりました。
実は、私も今朝、高麗寺跡に行ってきました。
旅人、、、、の石碑の前に少し色あせた彼岸花がひっそりと咲いていました。
前の道路の車が気になりますが、静かないいところですね。
近くに住んでいても、いつも素通り、もったいないですね。
Commented by kwc_photo at 2012-10-04 22:11
>ららさん
はじめまして~。検索で来ていただいたのですね。
彼岸花を掲載し始めてから、アクセス数が1.5倍ぐらいになりました(笑)
みなさん、良い場所を求めて検索しておられるのでしょうね~。

高麗寺跡のお近くなのですか?あのあたりは牧歌的な光景で、
本当にほっこりします。浄瑠璃寺に行く時にも通りますが、
やっぱり立ち寄りたくなりますね~。

では、また来てくださいね(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 芙蓉の庭(等持院) 百日紅咲く知恩寺・秋の花咲く極楽寺 >>