夏の庭(紫織庵)
          
f0155048_230124.jpg
爽やかな夏の庭を楽しめる紫織庵を訪れました。




f0155048_230546.jpg
涼しそうな衝立が迎えてくれた玄関先。


f0155048_2301319.jpg
クーラーを効かせていただいているお部屋から眺める夏のお庭。


f0155048_2302913.jpg
波打つ手磨きガラスの味わいも楽しみながら・・・


f0155048_230404.jpg
カンカン照りのお庭を、涼みながら見せてもらえます。


f0155048_231726.jpg
これまた涼しげ。
京の町家には、涼しくする工夫がいっぱいですね。


f0155048_231216.jpg
洋館部分にはこんなランプもありました。
急に京の町家から神戸に来た気分(笑)


f0155048_2314941.jpg
ほら、右端のガラスを見ると、手磨きの波打つガラスの感じがよくわかるでしょう?


f0155048_232654.jpg
暑いさなか、ここで一休みするのも悪くないですよ~。


f0155048_232940.jpg
和洋折衷。大正15年に建てられたこのお宅は、洋館部分の設計が武田五一、和室部分が上坂浅次郎という、名工タッグによるものなんです。

京都市指定有形文化財。
一度味わいに来て見ませんか~?(^-^)
by kwc_photo | 2012-09-02 23:18 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17928146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2012-09-03 00:16
タイトル : 紫織庵
 夏をむねとすべし  8月も終わろうとする頃、新町通りに面した紫織庵に寄る  「徒然草」に、こう書かれている  家の作りやうは、夏をむねとすべし  冬は、いかなる所にも住まる  暑き比わろき住居は、堪え難き事なり  要するに、  家の作りようは、夏向きにすべきだ  冬は、いかなる所にも住む事ができる  でも、夏にくそ暑い住まいは耐え切れない  坪庭を面した広縁が開放的な町家に佇むと  つくづくと、そのように思えてきた  ※実は...... more
Commented by deepseasons at 2012-09-03 00:15
こんばんは~
早速、拝見に来させていただいております。 ちょうど、祇園さん前の
剪定が終わった後に訪れたんですね。 夏のガンガンの陽射しが
ストレートに伝わってきますね~ この場を体験しているとは言え、
まったく暑苦しさを感じないのも改めて凄いなあと思います。
波打つガラスの雰囲気もうまく表現されています。
こちらからも、T.B.させていただきます~
Commented by youpv at 2012-09-03 06:02
おはようございます~。
Katsuさんも紫織庵を訪れられたのですね。
貴重な町家空間に加えて、貴重なガラス越しに眺める
風景、拝見していて訪れたくなります(^^)
Commented by kirafune at 2012-09-03 08:02
おはようございます!

紫織庵,この間の大文字さんのとき、
行こうと思って、新幹線の中から
予約までしていたのに、結局
カメラが壊れたりして、行けませんでした。
真夏の暑い時期に、涼しい町家の美術館の存在は
貴重ですね。
次回、機会があれば、是非訪れてみたいと
お写真を拝見し、あらためて思いました。
Commented by prado9991 at 2012-09-03 20:25
こんばんは
前回からコロっと変わって純和風のテイストですね。
夏の装いの紫織庵、見ているだけでも涼しく感じました。
和ガラスの波打った所から見るお庭も素晴らしいですよね。
Commented by kwc_photo at 2012-09-04 00:05
>deepseasonsさん
夏の日差し、暑かった~。
もうたまらん!と飛び込んだのがこちらでした。
涼しさを感じさせる工夫があちこちにあるお陰で、
視覚的にも涼しいですよね。
クーラーが何よりのごちそうでしたけど(笑)
T.B.ありがとうございました~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-09-04 00:05
>youpvさん
もう、夏の暑さに吸い寄せられるように入りましたよ。
ひんやりクーラーの冷気が漏れてくると、それだけで
人が寄ってくるんじゃないですかねぇ(笑)
しかし、このガラスといい、お庭といい、美しく
維持されていて、とても素敵です。瑠璃光院も綺麗ですが、
こちらもいいですよね~。
Commented by kwc_photo at 2012-09-04 00:05
>kirafuneさん
あ、大文字の日に行こうと思ってらっしゃったのですね。
カメラのトラブルは大変でしたね。
ちゃんと大文字の時にはカメラが借りられてホッとされた
ことでしょう(^-^)。
紫織庵、ぜひ次回は楽しんでくださいね。
Commented by kwc_photo at 2012-09-04 00:06
>prado9991さん
洋と和が入り交じっているこのごろです(笑)
神戸にディズニーランドと続きましたからね~。
ちゃんと京都に戻っておかないと、と思って(^-^)。
夏のお庭を楽しめる紫織庵、なんといっても
クーラーが効いているのがうれしいですよね。
夏の街歩きは辛抱たまらなくなる時があります(^_^;)
Commented by さくらん at 2012-09-05 00:16 x
紫織庵…こんなところがあるのですね。
和も洋も楽しめるなんて素敵!
この辺りは森見登美彦さんの「宵山万華鏡」の作品で舞台になる土地
なので元ネタはないかとうろうろと徘徊(苦笑)した事がありますが、
こんな場所があるなら此方を目当てについでに徘徊(苦笑)できますね。
良い場所を教えていただきありがとうです(笑
Commented by kwc_photo at 2012-09-05 12:14
>さくらんさん
紫織庵、なかなかいい場所ですよ。
呉服の展示などもされています。
町屋の中を、しかも、2階や蔵の方まで入らせてもらえるのは
なかなか楽しい体験ですよ。
森見登美彦さんの舞台ですか。なるほど~。
暑い時に回られるなら、ぜひここも途中で織り込めば、かなり涼めますよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 満開のホテイアオイ(本薬師寺跡) 百日紅咲く平等院 >>