新島旧邸(京都市上京区)
          
f0155048_17412861.jpg
同志社の創立者、新島襄の旧邸を訪れました。




f0155048_17413690.jpg
コロニアル様式を取り入れながら、真壁で作られ、瓦葺きという和洋折衷の洋館。新島旧邸は、同志社を創立した新島襄の住んだ家です。


f0155048_17415040.jpg
新島の愛用した家具類もそのままに保存されています。


f0155048_17421014.jpg



f0155048_17421447.jpg
この机で執務したのでしょうね。


f0155048_17422926.jpg
味のあるランプです。


f0155048_17423389.jpg
天井近くに伸びるパイプは、この時代珍しいセントラルヒーティング。
暖炉の熱を伝えて、各部屋を温める仕組みです。
そして、奥に見えるお部屋は・・・


f0155048_17425388.jpg
八重さんのお部屋です。
鏡がかわいらしいですね。


f0155048_17431019.jpg
二階はベッドルーム。


f0155048_17431730.jpg
テラスは家をぐるりと囲む形なんです。


f0155048_17432767.jpg
このお部屋も和洋折衷。
ドアを取り入れながら、部屋には押入れが。
ふすまの模様も見事です。


f0155048_17433347.jpg
涼やかな風が吹き抜けるお宅。


f0155048_1743428.jpg
この家でいろいろなことがあったのでしょうね。
新島襄と八重の生活が偲ばれます。


f0155048_1743544.jpg
階段を降りてくると・・・


f0155048_17435760.jpg
応接間には八重さん愛用のオルガンが。
ちゃんと音も出ます。


f0155048_1744243.jpg
階段の下の収納。
このあたりは和風ですね。


f0155048_17443184.jpg
おくどさんも残る台所。
流し台は、身長の低かった八重さんに合わせて設えたという特注品。
新島襄の八重さんに対する愛情がわかるエピソードです。


f0155048_17444693.jpg
御所の東に現れた洋館。
当時の京都では、とても目立ったことでしょうね。

さて、この洋館、大河ドラマの公開に合わせて開館日や見学方法が変わります。
インターネットによる予約制、入館も1階と附属家部分のみとなります。
そういう意味では、二階の写真がとれた時期での訪問はラッキーでした。
※8月は非公開となっておりますが、9月分の予約は始まっています。

くわしくは、こちら。
by kwc_photo | 2012-08-23 00:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17857657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2012-08-23 05:33 x
おはようございます。
横を通ることはあっても、入り方が解らなかったので、
早速申し込んでしまいました。
2階へは上がれないようですが、とにかく楽しみです。
Commented by アラック at 2012-08-23 09:32 x
おはようございます、アラックです。光と影、背景のきらきらのぼけと素晴らしいですが、雨予報を晴らしてしまうKWCさんにバグースです。東寺さんの蓮の花は色が濃いですか?
Commented by kirafune at 2012-08-23 22:52
こちらの洋館、一度入ってみたかったのです。
来年の大河で大注目の館になりますね。
八重の小さな鏡台がかわいいです。
照明器具もしゃれていて、センスがいいですね。
こんな素敵な洋館に住んだ夫婦の物語、
どんなエピソードが出てくるのか、今から楽しみになりました。
Commented by bjynp at 2012-08-23 22:59
こんばんわ♪
素敵な洋館ですね。
大河ドラマも面白そう/

アッキーマッキー
Commented by youpv at 2012-08-24 06:26
おはようございます~。
建物の入り口の前は数え切れないくらい
通っていますが、私も入ったことがないです。

こうやって紹介していただくと素晴らしい洋館ですね(^^)
見せていただけて、とても嬉しいです(^^)
Commented by kwc_photo at 2012-08-24 22:39
>阿修羅王さん
横はいつも通るところですよね~。結構簡単に入れた
建物だったのですが、大河ドラマの影響で、一年間は
少し手続きが面倒になるのですが、早速申し込まれましたか(^-^)
2階部分へは上がれなくなってしまうのですが、1階部分
のセントラルヒーティング、八重さんのオルガン、襄の
集めた鉱石類、そして特注の台所はぜひ見てくださいね。
もちろん、八重さんのお部屋も。楽しんできてくださいね~!
Commented by kwc_photo at 2012-08-24 22:40
>アラックさん
ありがとうございます~。
晴れ男でしたので、この間のTDR旅行も毎日いい天気
でしたが、宇治はすごい大雨で・・・えらいことでした(^_^;)
東寺の蓮は八重の濃いピンクでした。鮮やかですよ~。
Commented by kwc_photo at 2012-08-24 22:40
>kirafuneさん
大河ドラマもだんだん全容が明らかになってきて
楽しみが膨らんできました。
福島時代で半分以上の期間を使うようなので、
京都時代は随分あとになると思いますが(ちょうど
来年の今頃からでしょうかね。)、この洋館と同じ
セットを建てて撮影するという話もあるので、
そういう意味ではこの旧邸も話題になるでしょうね~。
Commented by kwc_photo at 2012-08-24 22:40
>アッキーマッキーさん
大河ドラマ、どうなるか楽しみですね。
やっとこさ新島襄役も決まって、ちょっとホッとしました。
オダギリジョーと綾瀬はるか、さて、どんなドラマに
なることか、ワクワクしますね(^-^)
Commented by kwc_photo at 2012-08-24 22:40
>youpvさん
ふふ、御所、廬山寺、梨木神社といろいろありますから、
建物の前を通る機会は多いですよね。
7月以前は、公開日であればあっさり入れたのですが、
9月からはちょっと面倒になりますね。

ちょっと前に復元工事を終えて、とても綺麗になって
います。何より歴史ロマンが息づいていますから、
ぜひ一度足を運んでみてくださいね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 神戸北野異人館・その1 蓮咲く東寺(教王護国寺) >>