初夏の修学院離宮(上離宮編)
          
f0155048_12155578.jpg
緑豊かなこの光景。
上離宮から見下ろす浴龍池。絶景です!

(6月6日撮影)




f0155048_12173125.jpg
魅惑の上離宮へ続く道。
空へ続くかのような、そんな細道です。


f0155048_1218084.jpg
上離宮への道すがらは、この棚田の光景が見事。
あれ?雲も棚田のように段々になっていますね。


f0155048_1218799.jpg
ここにもサツキが咲いていました。
なんとも牧歌的光景。
庭園に棚田、というのも、修学院離宮ならでは。


f0155048_12194210.jpg
さて、やって来ました!
この入口をくぐれば・・・


f0155048_12195570.jpg
そう、浴龍池が見える、上離宮へ。


f0155048_1220959.jpg
何種類もの植物が織り込まれた大刈込。
そして、その向こうに見えてきたのが浴龍池です。

f0155048_12202447.jpg
ちょっとした山へ登ったような気分。
広い空、広がる森。京都市内とは思えない光景ですね。


f0155048_12204269.jpg
ここ、隣雲亭は、景色を楽しむということに特化して作られた建物。
簡素ながらも、欄間には後水尾天皇好みの、菱形の造形が。


f0155048_12204662.jpg
そして、足元には赤い石、青い石を使ったデザイン。1つ、2つ、3つの組み合わせがあるので、ひふみ石、と呼ばれています。

そして、白い部分。コンクリではないのですよ。漆喰が使われています。

f0155048_12205045.jpg
なんと見事な・・・。
言葉を失う光景ですね。


f0155048_12211477.jpg
隣雲亭から浴龍池へ降りていくと、豊かな苔に包まれた空間が。


f0155048_12211732.jpg
そして、ここにもサツキが彩りを添えていました。


f0155048_122144100.jpg
千歳橋が見えてきました。
このカット、秋も綺麗だろうなぁ~(^-^)。


f0155048_12215564.jpg
浴龍池の島。
枝ぶりのいい松がポイントです。


f0155048_12222665.jpg
もみじ谷、と呼ばれる、ちょっとした渓谷が形作られています。
秋の光景もいいですよ~。


f0155048_12225410.jpg
窮邃亭。
一段高い部分は、天皇がお座りになる場所。「お肘寄せ」と呼ばれます。


f0155048_12233399.jpg
土橋。
赤い葉の木がワンポイントになってくれました。


f0155048_12241538.jpg
舟屋越しに千歳橋を眺める。


f0155048_12244694.jpg
緑がいいですね~。


f0155048_122458100.jpg
やはりこの季節の修学院離宮も素晴らしいなぁと実感。


f0155048_12252617.jpg
池に映り込む緑の美しさも見逃せません。


f0155048_1227851.jpg
池の畔から見る大刈込。
この刈り込みを綺麗に剪定するのは大変でしょうね。


f0155048_12275912.jpg
田植えが終わってしばらくたったくらいですね。
稲のラインが綺麗でした。


f0155048_1227398.jpg
畦にはアザミとシロツメクサ。


いろんな魅力いっぱいの修学院離宮、大満足でした!
by kwc_photo | 2012-07-26 23:12 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17783618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2012-07-27 00:10
タイトル : 修学院離宮 上離宮
 最後に辿り着く風景  御馬車道と呼ばれる松並木を上り  高い刈り込みに囲まれた急な石段の先  隣雲亭前から見下ろす浴龍池  裏山もまた庭の一部  千歳橋  中島にある窮邃亭    紅葉谷あたり  土橋から中島を振り返る  舟着  西浜からの眺め  東山連峰の山裾に作られた  広大な回遊式庭園  一時間半かけて回ってきたのに、まったく疲れを感じない  ※この日は、昼過ぎに激しい雷雨が降った日。   幸いにも苑内では少し...... more
Commented by kirafune at 2012-07-26 23:14
まあ!
まさに絶景かな。
こんな気持ちのよい景色が見られるなんて!
こちらは秋
と思い込んでいましたが、この季節もいいのですね。
Commented by deepseasons at 2012-07-27 00:20
こんばんは~。
梅雨入り前の清々しい空、表情豊かに見える雲も素晴しいですね。
↓中離宮の皐月も、予想以上の咲きぶりを確認させてもらいました。
私が参観した時は、浴龍池の島の剪定作業が行なわれておりアングルが
限定されましたが、撮りたかった写真満載ですね(笑)
T.B.させていただきましたので、よろしくお願いします。
Commented by youpv at 2012-07-27 05:22
おはようございます~。
やっぱり上離宮の眺めが非常に美しいですね(^^)
拝見していると行きたくなってきちゃいました(^^)
Commented by 阿修羅王 at 2012-07-27 07:31 x
おはようございます。
ああ、絶景かな、絶景かな。
緑の山に青い空と白い雲。
もう、言う言葉が見付かりません。

田植えが終わったばかりの田んぼ。
ここではヘビが泳ぐ姿を見たことがあります。
Commented by rollingwest at 2012-07-27 20:37
修学院離宮は行ったことがありませ~ん。京都は結構行き残している場所が多いです。60歳過ぎに集中的に廻ってみたいと思っております。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 11:56
>kirafuneさん
秋は秋の美しさがありますが、本当に清々しい初夏の
光景で見事でしたよ。
以前も5月に行ったことがあったのですが、サツキが
これだけたくさん植えてあるとは気が付かず、今回
新たな魅力発見!でした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 11:56
>deepseasonsさん
梅雨入り直前でしたが、いい日に行けました~。
さつき、パラパラ咲きでしたが、たくさん植わって
いますね。この庭園は秋の彩りの印象が強いですが、
サツキで楽しめるということがわかったのは収穫でした。
deepseasonsさんの記事があったからこそ、思いついて
予約ができたのですよ。これまた良いめぐり逢わせ
でした(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 11:56
>youpvさん
上離宮からの浴龍池の眺めは最高です。
青空にぽっかり白い雲、これは本当に素敵でした。
また行きたくなる、そんな場所ですよね。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 11:57
>阿修羅王さん
絶景でしたよ~。なんというか、いつも上離宮からの
光景は青空なんですよね。5回目なのに。
よほどめぐり合わせが良いのでしょうね。

田植えのあとの田んぼものどかでした。
蛇もいるでしょうね~。キジもいますし、
ホント自然豊かな庭園ですよね。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 11:57
>rollingwestさん
修学院離宮、思いついていける場所ではないところが
敷居が高いですよね。京都に住んでいると、思いついて
予約をしにいくのもそれほど苦ではないのですが・・・
ぜひ一度見てみていただきたい場所です(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 山鉾巡行(岩戸山~大船鉾) 山鉾巡行(伯牙山~放下鉾) >>