山鉾巡行(郭巨山~函谷鉾)
          
f0155048_21594275.jpg
さぁ、山鉾巡行、山一番からはじまります!




f0155048_220340.jpg
今年、栄えある山一番。
郭巨山は誇らしげに。


f0155048_220639.jpg
霰天神山がやって来ました。
室町期に京に大火があった際、霰がふって火事の火が消え、一緒に天神様が降ってきた、という話に由来しています。
天明の大火、元治の大火の際には、多くの山鉾が焼けたのに、この山だけは焼けなかった、というのもあって、火除け、雷除けのお守りが売られる由来になっています。

f0155048_2202370.jpg
さぁ、人気者がやってきましたよ。
からくりのある山、蟷螂山です。


f0155048_2202655.jpg
まずは八坂神社に向かって、整然とお辞儀。
何だか良い光景ですね。


f0155048_2203639.jpg
そして、やっぱりこのカマキリくん。今年はこのポーズが決まっていました。
沿道からもカマキリが動くたびに歓声があがっていました。


f0155048_2204118.jpg
函谷鉾の出番!
大きな鉾がやってくると、沿道も盛り上がります。
ということもあって、にっこりポーズをとってくれました(^-^)


f0155048_2205748.jpg
おお、豪華!
やはり復元された前掛の懸装品、「イサクに水を供するリベカ」は鮮やかです。


f0155048_2234675.jpg
函谷鉾の試練はここからでした(^_^;)
辻回しにかなり苦戦。

f0155048_2234985.jpg
稚児人形は「嘉多丸」くん。
ちょっと心配げに見守っています。


f0155048_2242633.jpg
うーん、なかなか回らん・・・。音頭取りさん、何度も頑張ってくれましたが、なかなかどうして・・・。


f0155048_2244911.jpg
エイヤラヤー・・・
綱を引く引き手さんも力が入りますが、これが空回り。


f0155048_2255995.jpg
角度がいかんかなぁ・・・
竹はもうちょい向きをそろえるかなぁ・・・


f0155048_226346.jpg
そりゃ、今度こそ!


f0155048_2261266.jpg
水まけ~!


f0155048_2264035.jpg
押せぇ~!


f0155048_2265243.jpg
大丈夫かのぉ~。


f0155048_2272132.jpg
やっと前向いた!
お囃子も戻り囃しになり、テンポアップ!
みんな安堵した表情です。


f0155048_2272929.jpg
嘉多丸くんもホッ。
今回は函谷鉾の奮闘ぶりを中心にお送りしました。
by kwc_photo | 2012-07-21 23:39 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17782194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by y213 at 2012-07-22 06:48 x
おはようございます。
巡行の見所を余すところ無く、
愉しまさせていただきました!
写真を拝見していたら、行った気になりましたよ。
それも、特等席で(笑)
辻回しのシーンをモノクロで表現されているところなんて、
素敵な演出ですね^^
Commented by arak_okano at 2012-07-22 07:07
やっぱり、青空ですね、バグース!!
でも、暑そうですね。
気力でふっ飛ばしましたね。
Commented by 阿修羅王 at 2012-07-22 07:17 x
おはようございます。
手に汗を握る迫力と臨場感。解説がたいへんよろしいです。
TVで見るよりよほどいいですね。
たいへんな環境だったのに、感謝、感謝です。

くじを引いた郭巨山の方は新婚さんだったとか。
縁起がいいとか何とか、もみくちゃにされてましたね。
お祭りも一挙に盛り上がったのではないでしょうか。
Commented by rollingwest at 2012-07-22 14:49
祇園祭はいつ見ても華やかですね。それにしても冒頭の山鉾の真直ぐ高く立ち誇る心柱は立派ですね~。どうやってバランスを取り高さを支えているのでしょう?
あといつも山鉾に施されたヨーロッパの人達の刺繍デザインが毎年気になって注視してしまいます。祇園祭りの起源がユダヤの祭りという説をつい信じてしまうのですよね~。山鉾はノアの箱船を象徴しているとか、祇園祭の語源はシオン祭(やはり7月に行われます)だとか・・。
Commented by kwc_photo at 2012-07-22 22:59
>y213さん
ありがとうございます。
今回は間近で見られたこともあり、引き手さん、音頭取りさん
の会話まで聞こえてくるようでしたよ(笑)
超!特等席でした。
あと数回にわけてアップしますので、しばしお付き合いを
おねがいしますね~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-22 22:59
>アラックさん
青空がほんと綺麗でしたが、めちゃくちゃ暑かったです。
36度超えてましたからね~。
気力も萎えそうでしたが、やっぱり祇園祭の魅力に
最後まで見きってから帰りました。
ホントは新町通に帰ってくる姿も撮りたかったんですがね~(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2012-07-22 22:59
>阿修羅王さん
ふふ、ありがとうございます。
ホント、函谷鉾はがんばってはりましたが、相当苦労
されていたと思います。
長刀鉾が4回ほどで回ったのですが、函谷鉾は7~8回
やってましたね。しかもうち3回くらい空回りで(^_^;)

郭巨山は新婚さんで山一番を引き当てましたか!
そりゃぁ盛り上がったでしょうね~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-22 22:59
>rolligwestさん
26mもあるという、真木。すごいですよね。
辻回しのたびにユッサユッサと揺れるのですが、
安定しています。室町から続くお祭りというのだから
すごいですよね。

祇園祭に似たお祭りは世界各地にあるといいますね。
ノアの方舟、なるほど、長刀鉾には、様々な動物が
金具に彫り込まれています。ナメクジ、ミミズなんて
いうのもあるんですよ。ちょっと符合する部分、
ありますよね~。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 光明院・桔梗 智積院・あじさい苑 >>