宵山の朝
          
f0155048_2257565.jpg
宵山の16日。
晴れ上がった青空のもと、各鉾町を散策しました。




f0155048_22574686.jpg
今年は南側から攻めてみました。
まずは岩戸山から。


f0155048_2258926.jpg
お天気も良いので、ビニールはナシ。
懸装品の極彩色が鮮やか。


f0155048_22581149.jpg
大屋根の裏も見事な絵が。



f0155048_22591410.jpg
さて、今回お目当ての船鉾。


f0155048_22594474.jpg
舳先には鷁(げき)。
空想上の鳥です。船の守り神。


f0155048_2259524.jpg
さて、四条通を渡っていきます。
やはりこの通りはメインですね~。


f0155048_230549.jpg
新町を北上。
放下鉾へやって来ました。
この鉾の紋、ミッキーマウスに見えるのは私だけでしょうか(笑)。


f0155048_2302820.jpg
組紐が角を飾ります。


f0155048_2314593.jpg
こちらは南観音山。青空がやっぱり綺麗です。


f0155048_231533.jpg
女の子だって、山鉾に乗りたいんだもん。
見晴らしはどうだったかな?(^-^)。


f0155048_2321116.jpg
さて、北観音山が見えてきました。
この電線の中、うまく立ててますよねぇ~。


f0155048_2321993.jpg
祇園祭は、別名、屏風祭とも言われます。
新町通は、屏風を飾っているお宅が並びます。
こちらは、吉田家。印度更紗と屏風が飾られていました。

f0155048_2324250.jpg
紅白の提灯と青空。
祇園祭トリコロール、ですね。


f0155048_2325779.jpg
八幡山は、今年から鳥居の鳩を新調。
左甚五郎作の鳩は保存されることになります。


f0155048_2333897.jpg
ロマンチックな山と言えば、黒主山。
満開の桜を仰ぎ見る大伴黒主が描かれた山なのです。


f0155048_2335067.jpg
左甚五郎といえば、やはり鯉山。
この今にも飛び跳ねそうな木彫りの鯉は見事。
そして、見送りの懸装品も必見です。


f0155048_2343410.jpg
巡行当日には山の上に乗る、ご神体人形である「浄蔵貴所」は二階に祀られています。


f0155048_2344659.jpg
金具も造形が見事。


f0155048_2375293.jpg
見送りの「飛龍波涛図」。
これは以前使われていたもの。巡航に使われるものは平成に入ってから復元されたものです。
古いものも、こうやって大切に保管され、飾られているのですね。


f0155048_238211.jpg
山伏山の町会所では、大茅の輪くぐりが行われていました。
前厄の私、バッチリくぐらせてもらいました(^-^)。


f0155048_2383312.jpg
お次は橋弁慶山。
巡行の際は橋の上で対峙している弁慶と牛若丸ですが、宵山までは仲良く並んでいます(^-^)。


f0155048_2384759.jpg
エキゾチックな懸装品。
最後は孟宗山の町会所でシメにしました。

巡行が楽しみです!


(巡行当日に長刀鉾の辻回しのアップをしましたので、アップが前後しましたが、次回から巡行の様子の続きをお届けします)
by kwc_photo | 2012-07-19 23:55 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17778984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-07-26 22:35
タイトル : 祇園祭2012 宵山
人々はどうしてこんなにも、この祭りに魅せられるのだろう? 提灯の灯りと コンチキチンのお囃子に誘われて 今年も大勢の人々が祇園祭の宵山に酔いしれた。 暮れるにしたがって 鉾町のざわめき 下駄の音 ちまきを売る声 遠くから近くから若い女の笑い声が際立って聴こえてきた。 町に神様がいらしている。 生きとし生けるもの全ての中にも神がいる。 そして誰もが、命の炎を燃やしていた。 宵山から一夜が明けた朝、 今年も豪華な懸装品をまと...... more
Commented by deepseasons at 2012-07-19 23:50
こんばんは~。
山鉾町の朝、モーニングショットもいい感じですね。 歩いていると、おそらく
足元のゴミが気になったと思うけど、それを感じさせない清々しさです。
夜は長蛇の列だった鯉山、ほんまもんの見送りも早い時間帯から見せて
いただけるのですね。
Commented by enable-secret-36 at 2012-07-20 00:28
こんばんは。
朝の山鉾を見るのもいいですね!
自分も行こうかと考えましたが、行動に移せませんでした(^^;
じっくりと懸装品を見たことがなかったので、興味深かったです。
来年は私も見習いたいと思います。
Commented by youpv at 2012-07-20 05:35
おはようございます~。
夜のイメージが先行していますが
朝もいいですね(^^)
私も来年は朝にも行きたくなりました。

山鉾巡行、後編をアップしましたので、
宜しければ是非(^^)
Commented by bjynp at 2012-07-20 22:26
こんばんわ♪
Katsuさんの写真、前から思ってたんですが、鮮やかですよね。デジカメと思ってましたが、もしかしてリバーサル?
秘訣があれば、教えて下さい(^^;;
Commented by y213 at 2012-07-20 23:34 x
こんばんは。
鉾を明るいうちからジックリ見るのもいいですね。
なるほど、なるほど・・・来年が楽しみになりました。
あ、あと、ミッキーです(笑)
Commented by kwc_photo at 2012-07-21 10:10
>deepseasonsさん
モーニングショット、初めて出かけてみましたが、
なかなかいいものです。まだ序盤は空気もヒンヤリ
していたので歩きやすかったです。
途中からカンカン照りで、思わず紫織庵の冷気に
引きこまれて、そちらも見てきましたよ(^-^)。
鯉山、朝も並んでました~。でも、夜よりはマシかな。
茅の輪くぐりもちょっと並びました。
Commented by kwc_photo at 2012-07-21 10:10
>enable-secret-36さん
ふふ、朝から宵山、というのはちょっと珍しかった
ですかね。仕事なのでちょうど良かったのですが、
私も普段だったら、やっぱり夜に歩きたいです(笑)
でも、清々しい青空のもとで山鉾を見るのもなかなか
楽しかったですよ。
Commented by kwc_photo at 2012-07-21 10:10
>youpvさん
宵山と言えば、やっぱり夜!なんですが、
この日は夜勤務だったので、朝からブラリ、と
出かけてきました。空いているかと思ったら、やっぱり
三連休。めっちゃ人が多かったですよ(^_^;)
後編とスライドショー、めっちゃ楽しませてもらいました。
なるほど、たくさん撮ってきてますから、スライドショー
はいい見せ方ですね!真似させてもらおうかな。
Commented by kwc_photo at 2012-07-21 10:10
>アッキーマッキーさん
鮮やかですか?ありがとうございます。
多分Pentaxカラーのおかげだと思いますよ。
Pentaxのカメラは緑や赤の発色がいいので
好きなんです~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-21 10:10
>y213さん
この日は仕事があったので、朝から宵山の雰囲気を
味わって来ましたよ。
青空だったので、気持よかったですが、梅雨明けで
暑かったです~(^_^;)
ミッキー、やっぱり見えますよね?(^-^)。
Commented by kirafune at 2012-07-29 07:51
こうしてじっくり懸装品を見せていただくと
落ち着いて拝見でき、
その豪華さが実感できますね。
TBありがとうございました。
Commented by kwc_photo at 2012-07-29 10:13
>kirafuneさん
宵山までの町会所を見て歩くと、ゆっくり懸装品の数々をたのしめますね。
それぞれに展示の工夫や、過去の懸装品、重要文化財の展示など
見所満載ですね。
屋台より、町会所。四十路にして、祭りの楽しみ方が変わりましたよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 智積院・あじさい苑 初夏の修学院離宮(下離宮編) >>