半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院)後編
          
f0155048_2382982.jpg
両足院のお楽しみ。お庭を歩いて、お茶を頂きます。

(※6月20日撮影)

前編はこちらからどうぞ~






f0155048_2395184.jpg
なんとも不思議な花、半夏生。


f0155048_2395430.jpg
花は真ん中から出ている房のような部分。
上から3枚目くらいまでの葉を白くして、虫たちの目をごまかして花に見せかけるのですね。


f0155048_231016.jpg
白さが爽やか~。


f0155048_2310840.jpg
池の周りをぐるっと半夏生が取り囲んでいます。


f0155048_23101562.jpg
お手入れの賜物。
本当に美しく半夏生が並んでいます。


f0155048_23102534.jpg



f0155048_23105468.jpg
クチナシの花も咲いています。いい香りがするのですよ~。


f0155048_2310585.jpg
本堂の屋根が池に映り込みます。
前日の台風の雨で、池には大量の落ち葉が浮いていたそうですが、住職・副住職が開門前に掃除されたとのこと。頭が下がります。


f0155048_23111340.jpg
お陰で、この美しい半夏生の映り込みも撮影することができました。


f0155048_23112668.jpg
苔庭の踏み石。これに誘われて・・・


f0155048_23121220.jpg
お茶室の方へ進みます。


f0155048_23123619.jpg
お茶室側からの眺め。
これも見事。
だからここでは絶対お茶券購入なんですよね~(^-^)。


f0155048_23125179.jpg
お接待していただいたのは織部流のお着物のご婦人方。
星月紋の入ったこのおまんじゅう・・・

f0155048_23133399.jpg
この時期限定、両足院限定の「半夏生」というおまんじゅう。
うぐいす餡と白い生地。まさに半夏生を表していますね。


f0155048_23134427.jpg
見事なお茶道具も説明していただきました。
棗も上等のものですね~。


f0155048_23135213.jpg
内側には銀を使ってあるのだそうです。


f0155048_2314260.jpg
こちらも可愛らしい。


f0155048_23141216.jpg
お茶の心得は全くないのですが、感心しながら見せていただきました。


f0155048_23144362.jpg
お茶道具のあるお部屋から見る半夏生のお庭も格別です。


f0155048_23155762.jpg
さぁ、クチナシの花に見送られて帰りましょう。


f0155048_23163615.jpg
帰り道も楽しませてくれる、両足院でした(^-^)。
by kwc_photo | 2012-07-12 23:18 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17737412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アルヒ・ドコカデ at 2012-07-14 20:22
タイトル : 両足院の半夏生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≫Comments≪ ちょうど今の時期は半夏生ですね。関西では半夏生の日には タコを食べる習慣があります。なぜタコなのかは分からないですが、 スーパーに行けばタコヤキ粉と一緒に並んでますね。 でも今回は植物の半夏生です。この時期限定で解放される 建仁寺の両足院へ行ってきました。白くなってる...... more
Commented by youpv at 2012-07-13 05:31
おはようございます~。
1枚目から素晴らしいですね。
私も訪れましたが、開門前から人が多くて
1枚目のような茶室の中からは全然無人になりませんでした。

さらに私の時はお抹茶の接待が同志社の学生さんだったみたいです(^^)
学生の時からこういった歴史ある場所でお茶関係で対応する
機会があると勉強にもなり、人生経験にも役立ちそうですね。

毎年来ていますが、やっぱりここの庭園は綺麗で癒されますね(^^)
Commented by 阿修羅王 at 2012-07-13 06:47 x
おはようございます。
昨夜は蒸し暑くて寝苦しい夜でしたが、
この画像を見ると吹き飛んだ気分です。

2回行きましたが、人の入らないお庭は撮れたものの、
お茶室はすぐに一杯になって、カメラを向けるには気が引けましたね。
来年は、と、毎年どこかで宿題ができてしまいます。
お着物の女性と同志社の学生さんと御接待して頂けました。
同志社の学生さんは日本文化に関係するサークルが多くて、
あちこちでお見かけします。頑張ってますよね。
再来院での書道展も拝見したことがあります。
Commented by rollingwest at 2012-07-13 06:55
半夏生という節目や花の名前に非常に風情を感じます。調べてみると「田植えに最も適した時期」だそうで、田植えは夏至が済み、半夏生に入る前にやることが好ましいとのことです。
Commented by bi-camera at 2012-07-13 09:21
京都の庭園はどこも手入れが行き届いてますね
半夏生、梅雨時の鬱陶しさを忘れさせてくれます

しっとりした苔の色が又すてきだわ~~
抹茶だったのですね!私が行った時は煎茶でしたよw
Commented by deepseasons at 2012-07-13 21:34
こんばんは~。
youpvさんの時の同様に、私も同志社の男子学生さんがぞろぞろ居られ
ましたよ。 最初に書院から見た時に、何故かなとビックリ、更に茶室に
辿り着いたら接待してくれたから二度ビックリでした。
やっぱり、お着物のご婦人の方がよかったかなあ~
写真も、いつも以上に柔らかい感じがします。
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 00:09
>youpvさん
私の行った日は一番乗りしたものの、お茶室には先に
人が行ってしまったので、随分と待って、一人になって
から入らせてもらいました。おかげで良いショットも
撮れたし、ご婦人の説明にゆっくりと耳を傾けられました。
同志社の学生の接待も受けてみたい気もしますが(笑)、
やっぱり織部流の接待のほうがありがたいですね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 00:09
>阿修羅王さん
ホント、昨晩は蒸し暑かった~。
半夏生のお庭で少しでも涼やかさを感じていただけたら
うれしいです。
私はお茶室は人がいなくなるのを待って待って、待って
入りました(笑)。うまくお茶室からの眺めを撮るときも
人が切れてくれて、ラッキー!そして、粘っていたら、
Kさんが廊下の向こうから現れたのでした(笑)
同志社の学生さんはこちらと馴染みがあるのですね~。
書道展やお茶のご接待、いい経験をしていますね(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 00:09
>rolligwestさん
半夏生って、いい名前ですよね。そして、不思議。
この季節に葉を白くしてくれるというので、季節を
感じるためには欠かせない花になりました。
田植えの目安にもなっていたのですね~。なるほど(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 00:09
>bi-cameraさん
半夏生の庭園。こちらはホント、手入れが行き届いて
いるのですが、それも住職・副住職さんがてづから
しておられるというのがすごいんですよね~。
この日も台風一過で荒れていたお庭を、10時の開門
までに綺麗にされたとのこと。頭が下がります。
煎茶の日もありますか。私はいつもおうすを頂いて
います~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 00:09
>deepseasonsさん
同志社の学生の接待の日もあるのですね。
私はいつもお着物のご婦人に当たります。
もしかすると、6/20は織部流の日、なのかも。
いつもいろいろご説明をしていただいています
が、今回はお茶道具を全部手に取りながら
みせてくださって、勉強になりましたよ~。
Commented by kupoa_kupa_5i7i at 2012-07-14 12:15
こんにちは。
はんげしょうと読むのですね^^;
露出の妙を手伝って とても不思議な花の雰囲気が伝わってきます。
池がとても大きく半夏生も深く茂って見えていて 静かですねぇ 
後半のお抹茶とお饅頭、そして茶道具 これまた 結構なお手前で♪
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 16:05
>kupoa_kupa_5i7iさん
半夏生、は72候の一つなのですよ。夏至から数えて11日目を指す
のだそうですが、この頃に綺麗になるから半夏生、と呼ばれる
という説と、葉っぱが一部分だけ白くなるので、
おしろいを半分つけたようだ→半化粧→半夏生
という説と、両方あります。どちらも正しいように思います。

お茶道具は見事でした。心得はないのですが、立派なものだということ
はわかりますね~(^-^)
Commented by rookie-cat at 2012-07-14 20:26
こんばんわ〜
TBさせてもらいました(^^
もう半夏生は元の緑色に戻っちゃいましたかね〜。
kwcさんの素晴らしいお写真を見ていたら、もう一度
両足院の半夏生を撮りに行きたくなりました(^^

お茶席、僕も行きましたよ〜。とっても落ち着く雰囲気
だったのに,半夏生を撮りたくて、ついササッと飲んでしまい
後で後悔してしまいました(ーー;
また来年も見に行きたいですね。ではでは(^^
Commented by kwc_photo at 2012-07-14 23:09
>rookie-catさん
両足院、公開期間が決まっていますからね~。
今頃は、ほぼ緑に戻ってきている頃だと思いますが、先週日曜日で
公開終了しています。

お茶席は、あそこからの光景もとても美しいので、必ず行っています。
接待くださる方もいろいろとご存知なので、あそこでの会話も楽しみに
しているのですよ~。

来年は夏至を少し過ぎてから出かけようかと画策中です。
もう少し白さがあってもいいかな~(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< サツキ咲く知恩寺 花の詩仙堂(後編) >>