等持院・サツキの頃
          
f0155048_1822372.jpg
サツキ咲く芙蓉池。
等持院の春は、サツキのピンクが彩ります。

(※6月3日撮影)




f0155048_18224370.jpg
入口前も大ぶりのサツキが色とりどりに彩ってくれています。



f0155048_18224656.jpg
だるまさんにご挨拶(笑)。



f0155048_18224868.jpg
見えてきました~。芙蓉池はサツキの色が鮮やかで、普段とは一味ちがう光景。



f0155048_18225142.jpg
池の周りを、たくさんのサツキが彩ります。



f0155048_18225699.jpg
芙蓉池の真ん中の築島。
石組みとサツキの刈り込み、そして芙蓉の新芽。
鮮やかです。



f0155048_18225959.jpg
お部屋からの額縁風景もパチリ。
この日は人が少なくてラッキーでした。


f0155048_1823310.jpg
鯉が泳ぐ池。
サツキの色合いがあると、華やかですね。


f0155048_18231321.jpg
石組みとのマッチングも渋いなぁ。



f0155048_18231748.jpg




f0155048_18234095.jpg
負けないぞ~、とばかりに錦鯉も池の中から色を添えてくれました(笑)



f0155048_18234872.jpg
アメリカシャクナゲの一種かな?




f0155048_18235614.jpg
こちらは朱色のサツキ。
向こう側は半夏生ですね。
今頃白く色づいているかなぁ?


f0155048_1824192.jpg
緑の間に、ぱっと明るいサツキ。



f0155048_18242224.jpg
負けじと輝く新緑。
あれ、キショウブもまだ咲いていますね。



f0155048_1825628.jpg
池の周りにも・・・



f0155048_18252590.jpg




f0155048_18263831.jpg
手水鉢の向こう側にも・・・



f0155048_18261243.jpg
清漣亭(お茶室)の方に上がる場所も・・・
サツキ、サツキ。


f0155048_18271752.jpg
見下ろす芙蓉池も綺麗でした。



f0155048_18275872.jpg
目立たないのですが、方丈のお庭も落ち着きます。
こちらにもサツキがそっと彩りを添えていました。



f0155048_18283142.jpg
廊下から清漣亭を望む。
意外と気に入ったカットです(^-^)。



f0155048_1828573.jpg
訪れる人も少なく、静かにお庭を楽しめた、等持院でした。
by kwc_photo | 2012-06-30 12:42 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17687142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-06-30 21:46
タイトル : 芙蓉の庭 等持院
何者かに導かれるように出向いた洛西は衣笠山の麓。 そこには、芙蓉の花をかたどった庭があった。足利尊氏が創建した禅寺、等持院へ。 ここは、水上勉の小説「鴈の寺」の舞台となったお寺さんでもある。 出迎えてくれたのは、雁の襖絵ではなかった。 茶室「清漣亭」から喪服姿の色っぽい若尾文子が出てきやしないか、どきどきしながら、書院から西庭を望む。 春には、織田信長の弟・有楽斎が好んだ「有楽椿」が可憐な花を付けることで有名なこの庭で、初秋の今は、芙蓉が花盛りだった。 白芙蓉に誘われて、庭...... more
Commented by kirafune at 2012-06-30 21:42
こんばんは!

こちらのお庭、芙蓉と椿の庭のイメージがしかなく、
サツキがこんなに美しい庭園だったなんて、
初めて知りました。
これほど素晴らしいのに、意外に人も少なく
穴場ですね。
京都本の作者も通う訳ですね。
だるまさんも健在で嬉しいです^^
Commented by deepseasons at 2012-06-30 22:16
こんばんは~。
今年は皐月も半夏生も時期を逸してしまったようです。
芙蓉の季節には行きたいと思えてきました。
廊下の端からのアングルがいいですね~ このコーナー横に芙蓉が
あるので狙ってみますね。

ちなみに、こちらの半夏生も以前に撮影しているのですが、ほぼ両足院と
同じタイミングでいいかなと存じます。
Commented by prado9991 at 2012-06-30 22:48
こんばんは
近所なのにタイミングを逃して訪れることができませんでした。
普段から良いお庭ですが、彩られた様は本当に素晴らしいですね。
だるまさんのお出迎え、定番ですね。
Commented by y213 at 2012-07-01 00:40 x
こんばんは。
サツキが咲く庭、絵になりますね。
これには、達磨さんもウットリですね(笑)
Commented by arak_okano at 2012-07-01 04:53
水面が良いですね、バグース!
庭を見ながら寝ていたいと思ってきまいました!
お邪魔ですよね。
Commented by kwc_photo at 2012-07-01 23:33
>kirafuneさん
そうなんです。ここは芙蓉池と呼ばれるだけあって、
芙蓉がメインなのですが、サツキの刈り込みがたくさん
あるので、この時期もいいのですよ~。
有楽椿も大きな木があるので、落椿のころもいいですね。
等持院は、アクセスが悪いこともあり、穴場的な名所
と言っていいと思いますよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-01 23:33
>deepseasonsさん
半夏生・・・撮りたかったなぁ~。
ちょっと両足院の時は出勤前の時間帯なので、こことの
セットは難しかったんですよね~。
来年こそは!と今から計画しておきます(笑)
廊下の端っこからのアングル、これ、なかなか良いですよ。
ぜひ芙蓉の頃にも撮りたいカットです~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-01 23:33
>prado9991さん
ダルマさんは今回蛍光灯を消させてもらって撮りましたが、
やっぱりちょいと映り込みがありますね(^_^;)
ま、定番ってことで(笑)
ここのお花のある光景はやっぱり素敵なので、芙蓉の
咲く頃とサツキの頃は、通っちゃいますね。
Commented by kwc_photo at 2012-07-01 23:33
>y213さん
サツキの頃と芙蓉の頃は、このお庭は華やぎますよね。
侘び寂びの効いた、緑の頃もいいのですが、やっぱり
花のある景色はひと味違います。
だるまさんは、お約束的に撮っちゃいますね~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-07-01 23:33
>アラックさん
ふふ、同じ事を考える人はいるもので、お寺の方が
ちゃんと注意書きを。
「お座敷で横にならないでください」(笑)。
気持ち、わかりますけどね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 紫陽花と花菖蒲咲く法金剛院 祇園白川のアジサイ >>