重森三玲の庭シリーズ・光明院・波心庭(東福寺塔頭・光明院)
          
f0155048_2249939.jpg
サツキが咲いた光明院。
今回、重森三玲シリーズをアップするにあたり、一番気合をいれて撮影した場所です。

(※6月9日撮影)



f0155048_2250521.jpg
小雨降る中、お部屋から撮影開始。
雨で濡れた石が黒くつややかに光ります。



f0155048_22501984.jpg
先日ロケハンで訪れた時は、苔が茶色で、サツキも咲いていませんでした。
今日は雨のお陰で、苔がイキイキ。もう一度来た甲斐がありました。



f0155048_22503549.jpg
この庭石がたくさん置かれた光景が、光明院のお庭の特徴。



f0155048_22505041.jpg
まずはこのお部屋から。
網代窓から見える景色。美しいです。
この斜めに走る曲線は、山の稜線を表しています。



f0155048_2321072.jpg
お部屋の逆側を見ると・・・
襖の上に曲線の穴が開いています。
これも遠くに臨む山並みを表しています。
このお部屋に座るだけで、広がりを感じられる、そんな工夫です。



f0155048_22515667.jpg
お部屋の奥からまっすぐお庭を眺めると、こんな光景。
ガラスは手磨きの波打ったものが使われています。これがまた味になるのですよね。



f0155048_22521024.jpg
そして、やはりこのカットでしょう。
光明院の代表的な景色のひとつです。



f0155048_22523644.jpg
こちらは本堂から。
このアングルも素敵なのです。



f0155048_22524085.jpg
折り重なるように青もみじがお庭を囲います。
広がりのあるここからの景色も好きです。



f0155048_22525621.jpg
苔が喜んでいますね。
やっぱりこのお庭は青々とした苔が似合います。



f0155048_22531190.jpg
青もみじが織り成す新緑風景。
秋も楽しみです(^-^)。



f0155048_22533146.jpg
ここのサツキは、ツツジの合間合間に植えられているのです。
あ、ここがサツキだったのか、と、この季節にくると気づきます(笑)。



f0155048_22542336.jpg
今までとは違う魅力を見つけたくて、撮り方を工夫してみました。
「波心庭」と名付けられているこのお庭。この波紋はポイントです。



f0155048_22542932.jpg
遙かなる蓬莱の島々。
波間に浮かぶ様子が見えます。



f0155048_2355695.jpg
さぁ、サツキを愛でに行きましょう。



f0155048_22565874.jpg
ここも定番。
サツキの季節も綺麗ですね。
私が一番落ち着くお部屋なんです。



f0155048_2258464.jpg
もちろん障子を開けたパターンも撮影。
綺麗だ・・・。



f0155048_2301915.jpg
サツキはここも二色が混じっていますね。
コケに落ちた花びらも美しい。



f0155048_231625.jpg
浮かび上がる苔の模様が美しい。
「虹の苔寺」の名前の由来を納得するシーン。
サツキの彩り、新緑の爽やかさとの調和が素晴らしいお庭。


f0155048_2324072.jpg
今回は新しいアングルを開拓してみました。




f0155048_2325160.jpg
静かに1時間過ごさせてもらいました。


重森三玲庭園の中で、私の一番のお気に入りの光明院・サツキ風景。
余すところなく光明院の魅力をお伝えできたでしょうか(^-^)。
by kwc_photo | 2012-06-13 08:55 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(18)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17641394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-06-14 01:04
タイトル : 虹の苔寺 光明院
波心庭を前に、物思いにふける女がひとり。 東福寺塔頭の光明院は、「虹の苔寺」ともいわれている。 先客がいた。 白砂と苔の間に石を並べた枯山水の庭は、昭和の庭名人・重森三玲の作。 ゆっくりと ゆっくりと 癒されてゆく。 そんな庭が、ここにあった。 (撮影5月19日) 光明院 京都市東山区本町15丁目809 東福寺山内 電話:075-561-7317 拝観:8:00~日没 料金:志納 交通:JR/京阪電車 東福寺下車後 徒歩約10分 ... more
Tracked from Deep Season  at 2012-06-29 23:12
タイトル : 光明院
 波心の庭  雲無生嶺上月有波心落  雲の嶺上に生ずることなく、月の波心に落つること有り  この禅語にちなみ、波心の庭と名づけられた  躑躅や皐月の刈込みは、雲紋をなぞらえる  お昼前だったと思うが  静寂に包まれた庭  襖の向こうに見える三尊石  釈迦三尊・阿弥陀三尊・薬師三尊を表わす三尊石が  波心の庭には三組あり    光明がさす様に、そして三尊石を仰ぎ見る羅漢の様に  無数の石が置かれている  玄関が出た時には、心洗われたような...... more
Commented by enable-secret-36 at 2012-06-13 23:08
こんばんは。
以前にこちらで光明院のお写真を拝見して、あまりの美しさに感動してましたが
今回のサツキが咲く光明院、とても綺麗でうっとりしますね(^^)
これは一度じっくりと行かねばと、ますます思いました。
定番と仰られてるお部屋も、本当にいいですね。
Commented by kirafune at 2012-06-14 00:59
う~ん、見事ですね。
ペンタックスが欲しくなってきました^^
Commented by youpv at 2012-06-14 05:47
おはようございます~。
普段でも美しい空間ですが
雨ですと、更に美しく感じますね(^^)
サツキも咲いていて、更に静かで言うことなしですね(^^)
Commented by sasa920 at 2012-06-14 14:56
素晴らしいですね~。どの写真もすごくいい。
作品になってますね♪
ここのお庭 いいですね 実は土曜 京都行こうと思ってるのです。
ここ 候補にしちゃおうかな♪新緑と苔が目的なので♪
Commented by foto_k at 2012-06-14 15:40
Katsuさん、こんにちは。

7枚目だったかな、部屋の奥から硝子越しに眺める画が良いですねー。
想像を誘う写りが好みです^^
色味もちょうど良い加減、大伸ばしプリントしてあげたい(笑
PENTAXファンが増えそーですね(^^)

Commented by アラック at 2012-06-14 17:34 x
枯山水の庭に輝く皐月、バグースですね! 絶対に出来ないけれど一度はやりたいこと、幾何学模様の砂利?庭にに降りて走りたいな!
Commented by prado9991 at 2012-06-14 21:22
こんばんは
良い風景を見せていただきありがとうございます。
私も東福寺の後訪れましたが、大学のお茶会があり撮影はほとんどできませんでした。
しかし、ペンタは緑が良い色出ますね。
Commented by 阿修羅王 at 2012-06-14 22:35 x
こんばんは。
やはりこの景色ですよね、サツキと言えば。
もう、言う言葉なしです。

明日でもまだ間に合うかなぁ・・・
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>enable-secret-36さん
ツツジ、さつき、そして桔梗、とこのお庭は毎月
違う景色が楽しめるんですよ。あ、春は桜も。
あとは紅葉に雪。通いつめたくなるお寺です。
じっくりぜひ!ホントおすすめですよ。
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>kirafuneさん
ありがとうございます。
Pentax、お勧めですよ。Canonも持っているのですが、
風景はもっぱらPentaxになっちゃいました~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>youpvさん
雨だと苔の緑がいいかも、と思って行ってきましたが、
ビンゴ!でした。この一週間前に行ったら、苔は全面
茶色で、皐月も数輪。1週間で全然違いましたよ。
雨なので人も少なく、最高の時間でした。
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>sasa920さん
ありがとうございます。ガッツリ撮りに行った甲斐が
ありました~。
このお庭は、1時間いても飽きませんよ。ぜひぜひ!
土曜日は雨っぽいですが、雨でも楽しめる、(いや、
苔の具合からすると、雨のほうが楽しめるかも)お庭
です。
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>Kさん
そうなんですよね~。こちらはお部屋の中から眺める
お庭が美しいのですが、どのお部屋から見ても美しい
ように設計されているところが流石です。
大伸ばし、いいかもですね(^-^)。
Pentaxの緑はやっぱり好きです~!
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>アラックさん
枯山水に皐月、というのは三玲さんの特徴なのかも、
と思ってきましたよ。この時期にめぐってみて改めて
思いました~。
え、波紋の砂庭を走りたい?
気持ちはわかりますw
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:48
>prado9991さん
私も大学のお茶会に出くわしたことありますよ~。
でも、ある意味チャンスじゃないですか?和服姿が
いっぱいでしょ?
私、去年、一枚撮ってありますよ。
こちらをどうぞ~。
http://kwcphoto.exblog.jp/16095226/
Commented by kwc_photo at 2012-06-14 22:52
>阿修羅王さん
うーん、明日だと皐月は微妙かも、ですねぇ。
でも、湿度も高いし、雨も降ったから、お庭の苔は緑で良い感じだと
思います。
そうだなぁ~。あと2週間後に桔梗が咲く頃がいいかもですよ~。
Commented by rollingwest at 2012-06-15 06:39
枯山水の極致のような庭園ですね~!さすがお気に入りの名園という評価だけはあります。日本に古代から伝わってきた巨石信仰のDNAの名残りがこのような光景を創り上げたのでしょうか!?
ところでお待たせして申し訳ありませんでした~!真田幸村の上田城記事、ようやく公開いたしました。
Commented by kwc_photo at 2012-06-15 08:33
> rollingwestさん
このお庭は、私の中では重森三玲の最高傑作だと思っています。
どの部屋から見ても美しい石の配置、
さりげない季節の花々に彩られる、白砂と苔の織りなす空間。
いつの季節に訪れても見事です。

真田幸村、楽しみに待ってました!
上田の記事さっそく拝見しに伺います( ^ ^ )
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 重森三玲の庭シリーズ・蓬莱の庭... 重森三玲の庭シリーズ・雪舟寺庭... >>