重森三玲の庭シリーズ・雪舟寺庭園(東福寺塔頭・芬陀院)
          
f0155048_18343780.jpg
東福寺の喧騒から少し離れるだけで、こんなに静かな空間が楽しめます。

(※6月2日撮影)




f0155048_18344230.jpg
入口では二色のサツキがお出迎え。



f0155048_18344648.jpg
こちらの手水鉢には、いつもお花の気遣いがあって大好きです。



f0155048_18345016.jpg
さて、お庭を楽しみましょう。
南庭のこの石組みは、亀を表しています。もう一つの石組みと合わせて「鶴亀の庭」と呼ばれています。


f0155048_18345349.jpg
誰もいない空間を独り占め。



f0155048_18345839.jpg
障子の持ち手に挟み込まれた植物にも注目。




f0155048_1835245.jpg
サツキがあちこちでそっと顔を出してくれます。



f0155048_1835352.jpg
一時荒廃していたこのお寺の庭を、重森三玲が一石も足すことなく、往時の庭を復元したのは昭和14年。



f0155048_18353951.jpg
東庭。
丸窓は茶室・図南亭。



f0155048_18364219.jpg
図南亭の西。
苔が瑞々しい。




f0155048_18364734.jpg
苔に埋もれた踏石に誘われますね。



f0155048_18371431.jpg
サツキが彩りを添えてくれると、お庭がパッと明るくなりますね。



f0155048_18372538.jpg




f0155048_18373227.jpg




f0155048_18374961.jpg




f0155048_1838331.jpg
ドーナツ型の植え込み。
可愛らしいですね。



f0155048_1839520.jpg




f0155048_18394273.jpg
枯山水には、あまり彩りを添えるような花を植えないことが多いのですが、重森三玲はサツキがお好きだったのでしょうね。
by kwc_photo | 2012-06-12 12:25 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17640177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-06-13 00:02
タイトル : 雪舟の庭 芬陀院
暗がりから明るい庭をみつめた。 緑の風が吹き渡る東福寺へ。 その塔頭の一つ、雪舟の庭で知られる芬陀院(ふんだいん)を訪れた。 西側の庭は勾玉の手水鉢や、屑屋型石灯籠が置かれ、趣きがあった。 重森三玲氏らによって復元された「鶴亀の庭」には、その昔、雪舟の立てた石が今も残る。 静かな時間の中で、ウマスギゴケの海原が輝く波頭を見せていた。 マイナスをプラスに変えるには、一体どうしたらいいのだろう。 暗い方から明るい方へ。 画聖・雪舟の目指すところに思いを馳せた。 (撮影...... more
Commented by foto_k at 2012-06-12 13:56
Katsuさん、こんにちは。

障子の持ち手がポイントなんですね。
六枚目、七枚目の障子越しに見る画が大好物です^^
ドーナッツな植え込みも可愛らしいなぁ。
ちょっとした工夫は、優しい感じがして心地好いです。
取っ手に飾られた単色の植物も、色付いて見える気がしました(^^)

Commented by sasa920 at 2012-06-12 14:48
障子から見える庭園いいですね♪1枚目はやられました~
すごく好き(^^
京都らしいですね。
東福寺 新緑の頃行ったことありますが、こんな建物があった
とは・・・・
知りませんでした。
いい風景ですね♪
Commented by arak_okano at 2012-06-12 21:20
KWCさん、今回も良いですね、バグース!
室内を額にするのを見習いたいですが、
あらっきうは無理ですね。
Commented by prado9991 at 2012-06-12 21:32
こんばんは
ここは久しく訪れていませんので新鮮な気持ちで拝見しました。
障子の持ち手にあしらわれたもみじや草木、品がありますね。
丸窓から見るツツジも〇ですね。
Commented by 阿修羅王 at 2012-06-12 22:40 x
こんばんは。
6月に入ってからサツキが見頃だなんて、絶対におかしいですよねぇ(^^;
おかげで行き損ねてしまいましたよ。
お気に入りの所なのに。また、来年ですね。
Commented by deepseasons at 2012-06-12 23:07
こんばんは~。
先日に近くに行った折に玄関まで行きましたが、カメラをぶら下げた集団が
居られたので、またの機会と思い立ち去りました。 どうも中田先生と
写真を撮る集まりだったようです。
円窓から見える皐月の奥床さがいいですね~
Commented by youpv at 2012-06-13 05:55
おはようございます~。
重森三玲好きにとってはここも外せない場所ですね。
静かな空間から眺める風景が本当に綺麗です(^^)
お抹茶をいただきながら、ゆっくりしたい場所ですね。
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>Kさん
こんにちは~。
障子の持ち手は毎回チェックポイントですね。
ドーナツなサツキは咲いている光景を始めてみました。
昨年はちょっと早すぎたのですよね~。
障子越しのお庭は眺めていてもホントきれいです。
やっぱり東福寺界隈はええな~って思っちゃいました。
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>sasa920さん
東福寺に行くと、本堂や通天橋近辺で満足してしまいがち
なのですが、塔頭にもいい場所がたくさんあるのですよ~。
次回訪れられたら、塔頭めぐりをされても楽しいですよ。
それだけでも1日すごせそうです(^^)
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>アラックさん
ありがとうございます~!
京都のお庭は、額縁風景が基本、みたいなところもあるので、
ついつい絵になるところを探してしまいますね。
京都に来られたらぜひ!チャレンジしてみてください。
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>prado9991さん
重森三玲のお庭といって、忘れてはならないのがこちらですね。
障子の隙間から見えるお庭も素敵、円窓からの風景も絵になります。
障子の持ち手は、本当にいろいろと趣向を凝らしておられますよね。
それだけでも一回分アップできそうですよ(笑)
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>阿修羅王さん
今年はサツキも少し遅かったですね。
でも、例年6月ですよ?旧暦の5月に咲くからサツキ、と
思っていましたが、違うかなぁ?
詩仙堂の見頃が例年5月末~6月冒頭、と記憶してます。
今年は6月の2週目最初くらいが良かったみたいですね。
昨年より2日遅らせて行きましたが、それでも少し早かったです。

芬陀院といえば阿修羅王さん、ですよね(^^)。
私も常連さんになるくらい通わなくちゃ(笑)
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>deepseasonsさん
ああ、ここにたくさんのカメラマンが入って行ったら
やっぱり避けちゃいますね。静かに楽しみたい場所ですし(^_^;)
私が行ったときは誰もおられなかったので、本当に静かに
楽しめましたよ。
円窓は外せないポイントですね。サツキが見える季節に
来ることができてよかったです。
Commented by kwc_photo at 2012-06-13 12:31
>youpvさん
そうですね~。このお庭は外せません(^^)。
ホント、静かなのでゆっくりゆったりできますよね。
お庭の広さ加減も、ちょうどいいです。
のんびり縁側でほっこりするのには最適!
サツキがほどよく咲いていたのもうれしかったです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 重森三玲の庭シリーズ・光明院・... 重森三玲の庭シリーズ・瑞峯院庭... >>