流しびな(下鴨神社)後編
          
f0155048_23455362.jpg
3月3日に行われた下鴨神社の流しびなの様子をお届けします。




f0155048_23462811.jpg
さぁ、流しびなをする人へ、神職さんがお祓いをされます。



f0155048_23463810.jpg
お雛様、お内裏様にも。
この後、参列者の方、観衆の方へもお祓いをしてくれました。



f0155048_23471523.jpg
トップを切って、祭主さんが・・・



f0155048_23473597.jpg
そっと桟俵を水に浮かべました。



f0155048_23474311.jpg
次はお内裏様。



f0155048_23475065.jpg
続いてお雛様が向かいます。



f0155048_23481473.jpg




f0155048_23481661.jpg
着物が素晴らしいですね。



f0155048_2349367.jpg
前編のトップ写真の直後のショットです。
流れていく桟俵を見送る二人。



f0155048_2349540.jpg
雅どすなぁ~。



f0155048_2349770.jpg
この袖口の色味がポイント。
単色ではなく、複数の色あわせを一つの色として表現したところに、伝統的日本文化の奥深さを知ります。



f0155048_23491184.jpg
お戻りになる姿も風流です。



f0155048_23492360.jpg
さぁ、宮川町の舞妓さんたち。
見事姿勢がシンクロしてます。



f0155048_23493951.jpg
にこやかな表情で階段を降りていかれる姿が可愛らしい。



f0155048_2350476.jpg




f0155048_2351520.jpg
桟俵を水に浮かべたあとの笑顔もよかったです(^-^)。



f0155048_23512940.jpg




f0155048_23522140.jpg
お戻りの姿勢もシンクロしてますなぁ~。



f0155048_2352549.jpg
次は幼児が。



f0155048_23531518.jpg
神妙にお役目をこなしましたね(^-^)。



f0155048_23534993.jpg
でました!たわわちゃん。
一際大きな歓声があがりました。



f0155048_2354659.jpg
ひとつひとつ、動作に愛嬌があるので、おもしろいですね。



f0155048_23542589.jpg
水面が見えているのかな?
ド近眼のような、たわわちゃん(笑)



f0155048_23544789.jpg
ちゃんとできたよ!
と、またポーズをとってくれました(^-^)。



f0155048_23554158.jpg
幼稚園児たちが、元気にお歌を披露してくれました。




f0155048_23555541.jpg
玉串を捧げて、儀式は終了します。



f0155048_2356221.jpg
神職さんたちが退場。
うまく5人が写ったので、この写真も採用してみました(笑)



f0155048_23565181.jpg
流れ行く桟俵。
このあと、一般の方が流しびなを楽しみます。

というわけで、もう一回続きます(笑)
どうぞお付き合いを~。
by kwc_photo | 2012-03-06 23:57 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17279735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2012-03-07 21:13
タイトル : 下鴨神社流しびな
 寄り添う二人  「京の流しびな」  下鴨神社にて  三月三日、桃の節句  京の春の恒例行事  神々しい光に包まれて  男雛と女雛  慎ましく、寄り添い  流し雛  宮川町の舞妓さん、  幼稚園児、  そして、たわわちゃん  開花が遅れていた梅も、やっと咲きました... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2012-03-08 07:04
タイトル : 下鴨神社
「京の流しびな」へ 桃の節句の3月3日。下鴨神社では「京の流しびな」が行われました。 早朝は曇り空でしたが、青空が広がってくれました。 反橋の向こう側には光琳の梅。今年は開花が遅れ気味。 ようやく咲き始めてきた感じです。 一般公募で選ばれた男女が十二単と衣冠装束を身にまとい お内裏様とお雛様がとして神事を務めます。 お祓いを受けた後、 神官から手渡された桟俵を持って御手洗川へ。 無事に二人揃って、桟俵を流されました(^^) 「流しびな」は...... more
Commented by 松風 at 2012-03-07 20:18 x

こんばんは
この日はピーカンでしかも暑かったです。
katsuさんの位置がちょうどいい感じですね。
特別席の報道カメラさんたちの頭も大丈夫だったのでは?
結構怒鳴っている人が約1名おられましたが。


Commented by deepseasons at 2012-03-07 21:01
こんばんは~。
見事にkatsuさんと私の写真がシンクロしているのがあります。 私も
本編を2回に分けてアップする予定です。 それにしても舞妓さんの仕草の
一つ一つにプロやなあと感心しました。
TBさせてもらいますね。
Commented by prado9991 at 2012-03-07 22:31
こんばんは
京都らしい行事ですね~。
雅な雰囲気の中、綺麗処も相まってすごく良いです。
たわわちゃん、流し雛のとき頭が落ちないか心配です。
Commented by rollingwest at 2012-03-08 06:25
世界に誇れる光景ですね。京都の文化遺産の価値は単なる歴史建築だけでなくこのうような雅な文化や行事が沢山存在していることだと思います。
Commented by youpv at 2012-03-08 07:04
おはようございます~。
斜めの位置からの方がいいかも
しれないですね。
真ん中は報道のお兄さんの頭が入ってしまいます。
私の席は運よくかわせましたが、怒鳴っていた人の
位置はもろに報道カメラと被っていたからだと思います。

でも本当に画になる雅な行事でしたね。TBさせていただきます。
Commented by foto_k at 2012-03-08 20:19
Katsuさん、こんばんは。

画の編集組む並びがまるでその場に居るようですね^^
大人気のたわわちゃん、やっぱ大人気でしたか。
失礼ながら池面に近付く姿に「くすっ♪」ときますねぇ(笑
雅な姿、綺麗な行事です(^^)

Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:06
>松風さん
T.B.、お手数をおかけしました。
ありがとうございます~。
ホント、ピーカンであついくらいでしたね。
寒いかも、と着込んでいったので、汗ばみました(^^ゞ
ワタシの位置からは、あまり報道の人の頭はかぶり
ませんでした。めっちゃ怒鳴っている人は、ケータイ
で撮影してましたが(笑)
Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:07
>deepseasonsさん
T.B.ありがとうございます。
めっちゃ角度が似ていますね。近かったんですね~。
全然気が付きませんでした。
ワタシはサンニッパをもった人の前にいましたよ。
舞妓さんはバッチリ見えたのでラッキーでした。
昨年と同じ子でしたが、所作が本当になめらかで
美しいなぁと感心しました~。
Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:07
>prado9991さん
ひな祭りにおひな様と会える、というのはポイントが
高い行事ですよね。十二単を着た人に会えるし、舞妓さんも
くるし、たわわちゃんも・・・となると、人気がでるのも
わかりますね。土曜日だからすごい人出でしたが・・・。
たわわちゃん、動きも愛嬌があるので、熱狂的なファンも
出てきているようですね。
Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:07
>rollingwestさん
まだ24回目の行事とのことで、割合新しい神事なのですが、
すごく人気ですね。もう朝からすごい熱気でした。
文化遺産の中で行われる神事、雅なものなので
京都らしいなぁとみんなため息をついていましたよ。
Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:07
>youpvさん
昨年より少し中央に寄りましたが、真ん中は取れず・・・
でも、今年は報道さんが結構前で邪魔だったので、
ワタシの位置は意外とベストだったかも、です。
横のおばさんがマナーが悪くて参りましたけどね。
うしろで若い兄さんと喧嘩してましたが、明らかに
おばさんがヒドかったです(-_-;)
Commented by kwc_photo at 2012-03-09 00:07
>Kさん
こんばんは~。
順番にけっこう忠実にアップしてみましたよ。
京人形組合のおじさんの写真は飛ばしましたけどね(笑)
たわわちゃん、なんと、たわわちゃんだけをターゲット
に来ていた人もいて、たわわちゃんが出てきたらすごく
ボルテージがあがってましたよ。なんと328をお持ちでした。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< それぞれの流し雛(下鴨神社) 雪舟寺で雪を見る(芬陀院) >>