智積院の雪景色(お庭編・前編)
          
f0155048_22594853.jpg
ああ、見事な額縁の雪景色。

智積院、完全独り占めさせて頂きました~(^-^)。




f0155048_22595384.jpg
お庭の門をくぐると、カラフルな五色の幕がお出迎え。
青空も覗いて、大屋根に積もった雪が輝きます。



f0155048_22595689.jpg
さぁ、お庭へ期待に胸ふくらませて歩みを進めます。



f0155048_22595994.jpg
おお、いい感じの雪が。
期待していいですかね??絶対綺麗だぞー!



f0155048_230340.jpg
やった~!
東山方面は、山の影になるので、お日さまが直接は当たりにくい。
だから、雪がいっぱい残っているのですよね。



f0155048_230648.jpg
これだけ雪があれば大満足♪



f0155048_230855.jpg
砂庭の模様も雪による模様になっていました。



f0155048_2301267.jpg
青空がありがたい。
寒さも忘れるほど、日差しは暖かでした。



f0155048_230198.jpg
南天に雪。
似合いますよね~。



f0155048_2354274.jpg
お部屋に入ると、素晴らしい光景が目に飛び込んできました。



f0155048_2372100.jpg
そう、この雪景色が見たかったんです。



f0155048_2302223.jpg
誰もいない縁側。
凍った池に輝く光も美しく、ずっと眺めていたい光景でした。



f0155048_237554.jpg
築山の植え込みも、雪による造形美となってくれました。



f0155048_2372151.jpg




f0155048_2372642.jpg
写真を選びきれず、後編に続きます(笑)
by kwc_photo | 2012-02-26 23:55 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17224891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2012-02-27 05:48 x
おはようございます。
選びきれない気持ち、よう判ります。
これだけの景色を見せられたらねぇ・・・
楽しみにして待ちます。
Commented by deepseasons at 2012-02-27 23:39
こんばんは~。
私もこちらの雪庭を見てみたいと思っていましたが、想像以上の美を
感じます。 掃き目への雪模様、そして裏山をやっと越えた太陽光の
入り具合が最高ですね。 現場でのkatsuさんの興奮まで伝わってきそうです^^!
Commented by kwc_photo at 2012-02-28 22:09
>阿修羅王さん
智積院はやっぱり紅葉の時も雪の時も穴場ですね~!
静かすぎて、この世に誰もいなくなったのかと思うほどでした(笑)
広いお部屋に一人、というのは限りなく贅沢でしたよ。
雪景色っていうだけでうれしいのですけどね~(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2012-02-28 22:13
>deepseasonsさん
意外と雪景色でも誰も来ないものだなぁ~!と感心するほど、
清水寺のあとですから、10時はこえていたのですが、静かな境内
でした。得した気分ですよ~。
お日さまもちょうど縁側あたりにさし始めたころで、木のぬくもりが
暖かで、ずっとそこに立っていたいほど、足暖房みたいな暖かさ
でした。
でも、ハッと「この暖かさは、雪をとかしてしまう!と気づいて、
あわてて次の場所へ行ったのでした(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 北野天満宮・初春(後編) 北野天満宮・初春(前編) >>