淡雪・同志社~相国寺
          
f0155048_1644556.jpg
雪で真っ白になった洋館の屋根。絵になります。

(※1月12日撮影)




f0155048_1645187.jpg
植え込みが雪でおおわれておもしろい造形に。



f0155048_1645485.jpg
椿で彩られるこの碑は、同志社の「良心碑」。
「良心の全身に充満したる丈夫の起こり来らんことを 新島襄」と書いてあります。



f0155048_16456100.jpg
雪椿・・・いいものですね。



f0155048_164582.jpg
こちらは有終館。
8代目総長、海老名弾正が辞める原因となった火事の跡が屋根周辺に黒ずみとして残っています。



f0155048_16531.jpg
お次はトップの写真にも登場したアーモスト館。
この佇まい、異国情緒があって好きなんですよね。



f0155048_165522.jpg
青空も出て、とてもいい光景になりました。



f0155048_165826.jpg
相国寺へ。
まだ松の内なので、注連飾りがありました。



f0155048_1651060.jpg
鐘楼も淡雪でお化粧。
お寺、ソテツの南国情緒に雪景色、ミスマッチが少し面白かったです。
by kwc_photo | 2012-01-24 23:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17104402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2012-01-25 16:27 x
こんにちは。
この日、随分と降りましたね。
陽射しがあると言うことは、この頃、すでに私は業務に必死になっていた頃・・・

同志社の雪景色はやはり画になりますね。
バルコニーにあたる陽射しが気に入りました。
Commented by kwc_photo at 2012-01-26 00:01
>阿修羅王さん
おお、朝早い出勤なのですね~。
ワタシは9時に事務室に滑りこめばセーフ(いや、ホントはダメですが)
なので、結構ギリギリまで頑張ってました(笑)。
なんせ、貴重な雪景色なので・・・(^-^)
洋館は雪景色も絵になりますよね。
神戸までいかなくても、京都にもいい洋館がありますから、ぜひ
相国寺近辺に来てくださいね(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 宇治川・秋景色 晩秋・興聖寺(宇治) >>