雪の実光院(後編)
          
f0155048_0124887.jpg
不断桜、柿、雪。
やっぱりこのお庭の景色は見事です。


(※12月25日撮影)




f0155048_0125056.jpg
薄雪ながらも真っ白なお庭に感激。



f0155048_0125295.jpg
紅葉が美しかった大樹も、今は枯れ枝。



f0155048_0125413.jpg
式部はまだ紫色鮮やか。
池に映る青空との対比が綺麗でした。



f0155048_0125686.jpg




f0155048_0125918.jpg
不断桜も少し咲き残っています。
敷石がポツポツと雪の中に見えている姿が美しい。



f0155048_0132136.jpg
嬉しかったのはこの柿。



f0155048_0133785.jpg
だんだん青空が広がり始めました。
柿のオレンジも輝きます。



f0155048_0141180.jpg
少し日が入ると、お庭全体が輝きました。



f0155048_0141371.jpg
秋とはまた違う表情。
どちらも美しくて大好きなお庭です。



f0155048_0142475.jpg
さぁ、そろそろ帰りましょう。



f0155048_01435100.jpg
でも、また振り返って(^-^)。

雪景色を存分に楽しんだ、実光院でした。
by kwc_photo | 2012-01-14 00:11 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17047059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2012-01-14 08:27 x
ああ、至福の時ですね。
足跡のない雪庭。う~ん、自分だけのものですね。
青空がでたのはよかったですね。空が青いだけで、ぐっと見応えが満天!
それに、柿がやっぱり最高です。
この秋の柿はたくさん食べました・・・?
違う?これ、渋柿やし・・・(^^;
Commented by prado9991 at 2012-01-14 22:54
こんばんは
ここのお庭も雪景色がよく似合いますね。
大原はどこも綺麗なので外せませんね。
雪景色に柿の赤のワンポイント、すごく風情がありますね。
花の淋しい季節ですが、良い彩りですね。
お正月、元旦に大原を訪れましたがここはお休みでした。
Commented by kwc_photo at 2012-01-15 13:05
>阿修羅王さん
ほんと、至福のときでした。誰もいないお庭は独り占め感が最高です(^-^)
青空が出てきたので慌てて走り回りましたが、実光院まで青空が続いて
よかったです。このあと曇っちゃいましたので・・・。

ここの柿は、秋も綺麗でしたが、この雪景色までそのまま残ってくれて
いてラッキーでした。綺麗なオレンジ色でしたよ~。
Commented by kwc_photo at 2012-01-15 13:07
>prado9991さん
大原のお庭、3箇所回ることができましたが、実光院のお庭は見所が
多くて大満足でした。
元旦はしまっているのですね。勉強になりました。
雪景色だと、日にちを選べませんからね~。
そういえば、ワタシも去年の雪の日、阿弥陀寺にいって「拝観シテマセン」という看板に
迎えられました(^^;
Commented by kupoa_kupa_5i7i at 2012-01-15 18:58
こんばんは。
柿の色!小さな柿なのに、見事に映えてますね^^
雪にしても、晴れ間が見えてきた空色も 冬の
透き通った空気に、澄んで清らかですね♪

あ、そういえば、紫のぶどうのようなもの式部というんですね・・勉強しました!
Commented by kwc_photo at 2012-01-15 20:38
>kupoa_kupa_5i7iさん
柿、雪景色の中で唯一の色なので、とてもチャームポイントになりました。
これ、柿がなかったら全くちがう印象でしょうね。
晴れ間もありがたかったです。

紫のは、いわゆる「紫式部」と言われる植物ですが、ホントの紫式部は
もっと山の中に咲くもので、こちらはおそらく式部(小紫)だと思います。
紫色なので、ついつい紫式部っていっちゃうんですよね~。
見分け方は、垂れるように枝が垂れる、実が密集しているものが小紫、
けっこう大きな木で、疎らに実がなるものが紫式部です。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 山茶花と紅葉の競演(天龍寺) 彩り・宝厳院(後編) >>