嵯峨野秋模様(落柿舎~野宮神社)
          
f0155048_23245282.jpg
今年は柿の当たり年。
落柿舎もたくさんの柿が成っていましたよ。

(※11月30日撮影)



f0155048_23245748.jpg
この柿の量!
落柿舎では主役の柿ですが、本当に紅葉に負けないくらい、秋景色を演出してくれています。



f0155048_232556.jpg
紅葉の色づきも鮮やかで、青空に映えます。



f0155048_23252482.jpg
ちょっと遠望で。
畑の向こうから撮ってみました。
茅葺きの向こうには、大きな山茶花の木が花を沢山つけていて、これも豪華。



f0155048_23253740.jpg
野宮神社までやって来ました。
このお宮の紅葉もビビッドでした。



f0155048_23254042.jpg




f0155048_23254322.jpg
オレンジ色の葉っぱの下に入ると、世界もオレンジ色に見えます。



f0155048_23254517.jpg




f0155048_2325475.jpg
秋の嵯峨の散歩。
ぶらり歩くだけでも結構被写体があって楽しめますね。
by kwc_photo | 2012-01-09 00:05 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/17014335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2012-01-09 05:03
アラックです。
オレンジも良いですね、柿もいいですね、
バグースですね。
ああ、早く秋よ来い!!!
Commented by 阿修羅王 at 2012-01-09 05:47 x
おはようございます。

今の季節がいつなのか、だんだん判らなくなってきています・・・(笑)
秋たけなわのコラボ、豪華すぎますね。色とりどりで。
晩秋のひとつ、ふたつの残った柿もいいですが、
たわわに実った柿は食欲を誘います(^^;

秋の嵯峨野は人の多さに閉口して最近行っていないのですが、
こうして見ているとやっぱり行きたくなります。
Commented by rollingwest at 2012-01-09 10:58
再び!定番の色!下の写真で一回ブレイクを入れたことで余計にアクセントが感じられます。
Commented by kotonoha222 at 2012-01-09 21:06
五月の最後のスケジュールは嵯峨野でした^^
新緑の頃でしたから、景色は全く違いますが、懐かしくなります。
下の雪景色のクリックでは宝泉院の向かって左側から行く道があって行きました。
石の橋とか砂の山のようものとか、石庭のような雰囲気が素敵でしたね♪
   しおり
Commented by kwc_photo at 2012-01-09 22:08
>アラックさん
今回は紅葉もオレンジでまとめてみました~。
アラックさんのように、お魚と組み合わせは出来ませんが、
柿と紅葉ってことで(^-^)
冬が始まった所ですが、やっぱり待ち遠しい秋。わかります(^-^)
Commented by kwc_photo at 2012-01-09 22:09
>阿修羅王さん
シマシマ更新効果で、季節感がこんがらがってきてますね(^^;
秋の写真、11月末なのでもう終わりかとおもいきや、まだまだ
残ってる所が今年の秋が遅かったという象徴でしょうね。
今年は柿の当たり年。ホント、各地でたわわに実った柿が
見られましたよね。

嵯峨野は朝一番がいいですね。平日ならなお良しです。
もう10時過ぎぐらいから遊歩道は祇園祭状態ですけどね(^^;
Commented by kwc_photo at 2012-01-09 22:09
>rollingwestさん
ふふ、定番の赤、ですかね~。
これから雪景色としばらくシマシマ更新が続きます。
紅葉が・・・ストックが終わらないんですよね(^^;
Commented by kwc_photo at 2012-01-09 22:09
>しおりさん
5月は大原から嵯峨野まで、幅広く回られたのですね。
新緑の頃の宝泉院も見ていただけましたか。
雪景色と対比させるとおもしろいですね。
左手のお庭は割にあたらしく作られたお庭なのですが、
ちょっと斬新な手水鉢だったり、無骨な岩が組み合わされた
お庭で、おもしろいですよね~。
四季折々の京都、次はどの季節、どの方面を狙っておられますか(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 城陽市消防団出初式 雪の宝泉院(後編) >>