彩られる境内(鍬山神社)
          
f0155048_1920613.jpg
極彩色に彩られた神社。
鍬山神社の紅葉は・・・アタリでした(^-^)。

(※11月16日撮影)



f0155048_192117.jpg
参道からこの赤!
期待が膨らみます。
紅葉とドウダンツツジのコラボですね。



f0155048_1921515.jpg
灯籠に負けない、赤。



f0155048_1921713.jpg
青空に鮮やかすぎる赤。



f0155048_19211260.jpg
ここはオレンジ色との競演ですね。



f0155048_192121100.jpg
そう、七五三の季節でしたね。
こんな光景のなか、お参りするコたちは幸せですね~。



f0155048_19212816.jpg
上の方から濃く色づいて・・・
グラデーションが見事です。



f0155048_19213530.jpg
これぞ極彩色!
いやはや、見事、の一言です。



f0155048_1921557.jpg
境内、至る所に彩りが見られます。



f0155048_1922783.jpg
ああ、美しい・・・。



f0155048_19223681.jpg
黄色~オレンジ、そして赤。
この美しさは、やっぱり秋だけのものですね。



f0155048_19224816.jpg
パッと明るいオレンジ色が青空に映えます。



f0155048_19225781.jpg
社殿の方にもいい色づきの一本。



f0155048_19231356.jpg
美しい色づきですね。



f0155048_19225963.jpg




f0155048_19242935.jpg
橋ごしに、錦秋風景を楽しむ。




f0155048_19245726.jpg
その橋の上には、綺麗な落葉たち。



f0155048_19251251.jpg
秋は足早に過ぎていきますね。



f0155048_1925279.jpg
おお、最高の光景です。




f0155048_19271484.jpg
さて、境内から出ましょうか。
って、美しい木々が呼び止めて、なかなか進めません^^;



f0155048_19274354.jpg
こんなに美しい赤ですから。
振り返り、振り返り、撮りながら車の方へ。



f0155048_1928684.jpg
色合いサイコー!



f0155048_1929172.jpg
静かな参道。



f0155048_19293343.jpg
紅(くれない)の光景。
思った以上に美しい紅葉に、大満足だった鍬山神社でした。
by kwc_photo | 2011-11-21 19:18 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/16845400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2011-11-24 09:21
タイトル : 鍬山神社
紅葉の鍬山神社へ 亀岡の鍬山神社。 境内は色鮮やかに染まった紅葉に包まれています。 かなり綺麗に色づいており、 広がる風景に思わず足を止めてしまいます。 石段を上がって境内を散策してみます。 まさに紅葉見頃の境内 いたる所で綺麗な紅葉を眺める事が出来ました。 通常の場合、早朝に訪れて誰も居ない境内を撮ることになりますが 今の季節はお昼前後の時間帯もおススメの時間。 七五三まいりで訪れる子供と親の姿を見る事が出来ます。 着物姿と紅葉が画に...... more
Commented by prado9991 at 2011-11-21 21:34
こんばんは
仰るように本当に最高の色づきですね。
私が行ったときは少し散っていましたが、良い色のもみじは健在で良い景色が見られました。
青空で天候にも恵まれましたね。
Commented by arak_okano at 2011-11-21 21:55
アラックです。
来ましたか、いよいよ、バグース!!
心高まります、でも、行けないかな?
Commented by Takapyon at 2011-11-21 23:01 x
こんばんは(^^)
見事な紅葉ですね!
京都でもいよいよと気分が高まってきました(^^)/
う~ん、本当に素晴らしいです。
Commented by ykms07 at 2011-11-21 23:50
こんばんは☆
訪問&コメントありがとうございますm( _ _ )m

カメラ歴15年のベテランの方だとは知らず失礼しましたm( _ _ )m
どおりで迫力と安心して見れる写真ばかりだったんですね!?
これから色々見させて頂いて勉強させて頂きますので
宜しくお願いします!!
Commented by 阿修羅王 at 2011-11-22 05:47 x
おはようございます。
本当に見事ですね。境内から出られない気持ち、よう判ります。
色づきがいいのは、やはり気温の差なんでしょうね。
散りもみじがいいですね。雨に濡れていたら、もっと最高です。
Commented by アッキーマッキー at 2011-11-22 07:15 x
おはようございます。
下から2番目の写真。さりげなく赤いバケツを入れてるのがいいですね。
Commented by deepseasons at 2011-11-22 07:59
おはようございます。
今年は鍬山神社に行かれたんですね。 こちらは葉の枯れもなく、まさに
錦の世界ですね。 相変わらず、シャープな画像に青空もバッチリです。
データでは16日撮影となっていますが、実は私も16日に高雄に行った
帰りにこちらにも寄ろうとしたのですが、昼からの用事に断念したのですが
計算違いで早く帰れて寄ればよかったと悔いが残ります。
以前に住んでいた場所からは30分圏内だったのに・・・
Commented by youpv at 2011-11-22 10:41
おはようございます~。
私も12日と20日に訪れました。
20日は更に紅葉の色づきが深くなり
素晴らしい境内が広がっていました。
後日アップ予定ですので、その時はTBさせていただきます。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:34
>prado9991さん
いやぁ、思ったよりもいいタイミングで行けたようで、
感激の赤、でしたよ。
青空もあり、光もありで、朝から幸せな気分に
包まれた境内でした。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:34
>アラックさん
きましたよ~!(^-^)
赤い紅葉、期待薄だと思って行ったのですが、ここは
最高の赤さが出ていました。
お忙しいのですか?京都の紅葉はどうやら12月中旬頃
まで行けそうな感じですよ~。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:34
>Takapyonさん
盛り上がってきましたね~!
今日はドコへ行こうか迷いましたよ。
喧騒を避けて、朝の西山シリーズ!に決めました。
でも、善峯寺も9時には観光バスがガンガン上がって
きましたし、だんだん天気も悪くなって・・・
金蔵寺を諦めて、十輪寺・正法寺・大原野神社で
アガリにしましたよ。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:35
>ykms07さん
15年だともうベテランですかねぇ?(^^;
なにせ周りが大ベテランさんばかりなので、私など
まだまだ若造な部類ですよ(笑)
今後共よろしくお願いいたします。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:35
>阿修羅王さん
ホント、綺麗すぎて、もっと、もっとと撮ってしまって、
家に帰ってきたら同じようなカットを何枚も撮ってました。
振り返る度に、ああ、ここ綺麗・・とパチリ(笑)
ここはキリも多いし、水分たっぷり、寒暖差もバッチリ
だったのだと思います。
散り紅葉はこれからいい季節ですね。
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:35
>アッキーマッキーさん
ふふ、消火用の赤いバケツ、退けるわけにもいかないので
そのまま撮っちゃいました。紅葉の赤もあるし、赤つながり
で、まぁヨシ、ということで(笑)
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:35
>deepseasonsさん
そうなんです。京都市内がイマイチなら、亀岡だ!という
ことで、行ってきましたよ。
以前、deepseasonsさんがアップされていた神蔵寺も行きました。
ここも少し早かったものの、色づきはよく、亀岡方目は
アタリ!でした(^-^)。
16日、ニアミスだったのですね。高雄方面は私も通りました。
ぐる~っと亀岡から越畑を回って、最後は鳥居本によって
帰りましたよ。ロングドライブでした(笑)
Commented by kwc_photo at 2011-11-23 18:35
>youpvさん
なんと、2回も訪れられたのですね~。
16日はホントいい赤さが出ていてラッキーでした。
20日だと、全体が赤くなっていたでしょうね。
アップ、楽しみにしています。T.B.もよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 銀杏と紅葉(出雲大神宮) 里の寺の紅葉(常照皇寺) 後編 >>