新島旧邸
          
f0155048_2331070.jpg
新島襄が住んでいた、味のある洋館を訪れました。




f0155048_23311240.jpg
洋風コロニアルスタイルのこの御宅。



f0155048_23311774.jpg
ランプの電灯にフローリング、テーブルとチェア。
この建物が建った当時、周りには公家屋敷が少し離れた場所にあったくらいだったと言いますから、御所のすぐ横にそびえるこの洋館は目立ったことでしょうね。



f0155048_23312827.jpg
階段も味があります。



f0155048_23313572.jpg
新島襄が使った机。
美しく保存されています。



f0155048_23314129.jpg
ぐるりをバルコニーが囲う様式。
こんなおうちに住みたいですね。お洒落だなぁ。



f0155048_23314767.jpg
さて、今回の訪問の目的は「八重さん」。
まずは、NHK大河で主役になる「新島八重」さんが使った鏡台。



f0155048_23315160.jpg
そして、八重さんが実際に弾いたオルガン。

今もちゃんと音が出るので、時々コンサートもあるそうです。



2013年の大河ドラマ開始に向けて、否応なく盛り上がるであろうスポット。
同志社大学を創立した新島襄と、その妻八重の生活が垣間見える、素敵な御宅です。
ブームで観光客が殺到するまえにゆっくりと楽しんでおくのが吉。


以下、同志社HPより。

■公開日
3月~7月 9月~11月 毎週 水・土・日曜日(祝日は除く)
春・秋 御所の一般公開期間:連続5日間
11月29日(同志社創立記念日)

■公開時間
10:00~16:00

今のところ、無料見学できます。(2011年10月末現在)
by kwc_photo | 2011-10-25 23:44 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/16736915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youpv at 2011-10-26 06:29
おはようございます~。
前はよく通りますが
一度も入った事がなかったです。
ドラマの影響で間違いなく混む場所になりますね。
一度行ってみたいと思います(^^)
Commented by deepseasons at 2011-10-26 20:56
こんばんは~。
洋館でありながら、和のテイストを一杯取り入れた建物ですね。
普通は異人さんがジャパネスクをインテリアに取り入れるのですが、
こちらは日本家屋に西洋を取り入れた、まさにコロニアルでしょうか。
興味が沸く建物ですね^^!
Commented by kwc_photo at 2011-10-26 22:52
>youpvさん
梨木神社や廬山寺に行く時には必ず通りますよね。
意外と開いてなくて、スルーすることが多いのですが、
無料で見られるのなら、ぜひ!と。
値打ちある建物だと思いますよ。指定文化財になってます。
お近くによられる際にはぜひ行ってみてくださいね。
Commented by kwc_photo at 2011-10-26 22:57
>deepseasonsさん
おっしゃるとおり!洋館なのですが、和!なのですよ。
障子も襖もあって・・・
お客さんもつれていたので、ゆっくり撮れなかったのですが、
豪華なふすま絵もあって、おそらくその部屋にはモダンな壁紙が
貼られていたはず(今は真っ白の壁紙になっていますが)、と説明
を受けました。
他にも、和洋式のトイレ(座れるのですが、和式としても使えそう)とか、
集中暖房システム(暖炉から各部屋に管路が伸びていて、全室暖房
ができる、セントラルヒーティング)など、興味深い作りでした。
改めて、ゆっくり撮りに行きたい場所です。
Commented by rollingwest at 2011-10-27 21:12
同志社大学受験で行ってキャンパスに新島襄を象った「ニイジマン」とかいう不思議なキャラクターが鎮座していたことが忘れられません。
Commented by kwc_photo at 2011-10-27 23:45
>rollingwestさん
ニイジマンって、結構最近ですよね?新聞で見たような気がします。
5年くらい前でしたっけ?
色々考える学生がいるものです(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 佛陀寺にて コスモス寺・般若寺(後編) >>