山鉾巡行・その4(郭巨山~放下鉾)
          
f0155048_1964711.jpg
放下鉾の稚児人形の舞は見事でした。



f0155048_1857406.jpg
郭巨山がやってきました。
後漢の郭巨が、貧しさで三歳になる息子を養えなくなり、穴を掘って埋めようとしたところ、黄金の入った釜が出てきたという物語を由来としています。
そう聞いてこの山を見ると、意外とコワイ・・・(^_^;)
郭巨が鍬を持っているのは、もともとこの子を埋めようとしちゃっていたからなのですからねぇ・・・。


f0155048_18581932.jpg
菊水鉾がやって来ました。
鉾頭はかなり高いですね。圧巻です。



f0155048_1859176.jpg
金剛能楽堂にある菊水井という井戸にちなんで名付けられたそうです。



f0155048_18565913.jpg
この稚児人形は「枕慈童」。能装束を身にまといます。
謡曲「枕慈童」を基に作られた鉾です。
甘菊の葉に滴った露を飲んで、700年生き続けている少年がこの枕慈童なのだそうです。



f0155048_18595014.jpg
凛々しい姿で進んできます。



f0155048_1859522.jpg
暑い中、小さな子も頑張って歩いていました。



f0155048_18595450.jpg
行列の様子も壮観です。



f0155048_190553.jpg
豪華な懸装品の鉾ですね。



f0155048_1901223.jpg
金の菊の鉾頭が青空に映えます。
見送りの孔雀図も見事。皆川月華の作です。



f0155048_1901594.jpg
次は白楽天山。
こちらの懸装品もみごとなベルギー製タペストリーなのです。



f0155048_1901940.jpg
お次は山伏山。



f0155048_1902282.jpg
文字通り、山伏が乗っていますね。




f0155048_1911026.jpg
さてさて、お待ちかね。
唯一のカラクリ山車、蟷螂山です。



f0155048_1911554.jpg
ほら、羽を広げましたよ。
右の鎌も動きます。
子供たちは大喜び。大人も大喜び(笑)



f0155048_1924484.jpg
放下鉾がやって来ました。
稚児人形のポーズが決まってますね。


f0155048_1951455.jpg
それもそのはず、ちゃんと人形方の三名が、稚児人形に太平の舞を踊らせているのです。



f0155048_1952449.jpg
本当に生きているかのような、見事な舞でした。
彼のお名前は「三光丸」。日・月・星の三つの光が名前の由来だそうです。



f0155048_1954919.jpg
お見事!と声が上がる、見事なお稚児さんぶりでした。



f0155048_196456.jpg
見送りも特徴的なフクロウさん。
皆川泰蔵氏が作成した「バグダッド」。見事な染織物ですね。

放下鉾の皆さんの背中には、三光を表すシンボルマーク。宵山まで鉾を彩るちょうちんにもついていますね。
逆さミッキーに見えるのは、私だけではないはず(笑)。


次回は、前祭残りの2つの巡行の様子をお送りします。
by kwc_photo | 2011-07-24 17:20 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/16315639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2011-07-24 20:53
こんばんは
おお~!
この蟷螂、一度生で見てみたいです。
鉾の上は相当の高さになるので、屋根方は大変でしょうね。
行列の良いですが、懸装品の見事さは祇園祭の特徴でしょうね。
本当に動く美術館ですよね。
Commented by deepseasons at 2011-07-24 22:41
こんばんは~。
今年は山鉾巡行に行けなかったけど、放下鉾さんと関わる時間を持てたので
巡行している勇姿を見られてうれしいです^^!
Commented by y213 at 2011-07-24 23:22 x
こんばんは。
菊水カッコエエー!!
ほんと、圧巻ですね。

「やっと半分」に笑ってしまいました(笑)
Commented by kwc_photo at 2011-07-25 23:57
>prado9991さん
蟷螂山、カッチョいいですよ~。
祇園祭の山鉾の中でも、一際異彩を放っていますしね。
人気も高い山ですよね。
動く美術館、まさにそんな感じです。懸装品のタペストリーが
日本のものではない、というのも面白いです。
Commented by kwc_photo at 2011-07-26 00:01
>deepseasonsさん
放下鉾は稚児人形をちゃんと踊らせるのですよね~。
初めて知りました。お稚児さんが乗っているのだと思ってビックリしましたよ。
Commented by kwc_photo at 2011-07-26 00:06
>y213さん
菊水鉾は人気高いですよね。
そして、鉾も高い!夏空をついてビシッと立っている鉾は見事です。

32の山鉾・・・なかなかアップがすすみませーん(笑)
あと2回か3回、ですね(^_^;)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< ハスいろいろ(城陽・花の小径)後編 晴天のハス(城陽・花の小径) 前編 >>