山鉾巡行・その1(長刀鉾~函谷鉾)
          
f0155048_21253555.jpg
優雅を極める祇園祭の山鉾巡行。



f0155048_21254149.jpg
キラリ。今年新調された、長刀鉾の鉾頭が煌めきました。なんとプラチナ箔だそうです。



f0155048_2126337.jpg
大役を務めるお稚児さん。
凛々しい顔つきです。



f0155048_21345019.jpg
身を乗り出しての「太平の舞」。
お見事でした。



f0155048_21261377.jpg
やっぱり長刀鉾の勇姿は祇園祭の華ですね。



f0155048_21263116.jpg
前飾りを始めとした、懸装品も見事なものです。



f0155048_21263310.jpg
祇園囃子を奏でながら、鉾は進んでいきました。



f0155048_21264269.jpg
さて、今年「山一番」のくじを引き当てた「霰天神山」の登場。



f0155048_21264524.jpg
心なしか、誇らしげに見えました(^-^)。
やっぱり天神さんだけあって、梅が飾られていますね。
前飾りはベルギー・ブリュッセルで400年ほど前に作られたと言われる「トロイ戦争」をモチーフとしたタペストリー。
一枚のタペストリーが、鯉山、鶏鉾、霰天神山に分断されて鉾を飾ることになった経緯はまだわかっていないそうですが、江戸の昔から大切に保存され、現存する文化財となっています。



f0155048_21271591.jpg
次は孟宗山。
こちらもエキゾチックな懸装品でかざられていますね。
別名「筍山」。呉の国の孟宗が、病気の母が欲しがる筍を、雪の中から奇跡的に掘り出したという故事にちなんでいます。
なるほど、手には筍、松の上には雪がのっていますよね。



f0155048_21271887.jpg
お次は芦刈山。
謡曲「芦刈」に因むそうです。



f0155048_21272877.jpg
さて、鉾二番手の函谷鉾が姿を見せました。



f0155048_21274848.jpg
辻回しも見事完了!
鉾頭は「函谷関の山稜にかかる三日月」を表現しているのだそうです。かっこいいですね。



f0155048_2128894.jpg




f0155048_21281498.jpg
お稚児さんが見えていますが、これは稚児人形の嘉多丸さん、天保10年の作です。



f0155048_21281888.jpg
今は長刀鉾以外は稚児人形を載せていますが、以前は生稚児でした。




f0155048_2129548.jpg
函谷鉾が一番最初に、稚児人形を載せたのだそうです。



f0155048_22434743.jpg
前懸の原品は、16世紀ベルギー製の重要文化財。旧約聖書「イサクの嫁選び」に由来する「イサクに水を供するリベカ」です。
鉾に飾られたこちらは2006年に復元新調した色鮮やかなものです。




f0155048_21292746.jpg
清々しい青空のもと、函谷鉾が進みます。



f0155048_21294776.jpg
「函」の文字をあしらった背中がかっこいいですね。


まだ5つ目の山鉾巡行。
しばらくアップが続くと思います。お付き合いのほどを(^-^)。
by kwc_photo | 2011-07-18 22:48 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/16293150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2011-07-20 04:30
タイトル : 祇園祭 ~山鉾巡行(前編)~
長刀鉾から お稚児さんが乗った長刀鉾が32ある山・鉾の先頭で来ました。 今回の撮影場所も四条河原町にて。 人の大きさと比べても鉾の大きさがわかると思います。 祇園囃子を奏でながら、交差点の中央へと進んでいきます。 特等席で「辻回し」を眺める事が出来ました。 鉾頭には今年から新調されたプラチナ箔の長刀が輝いていました。 側面の装飾も見事で美しいです。 音頭取りの掛け声で鉾の角度を少しずつ変えていきます。 少しずつ角度が変わっていくごとに見学してい...... more
Commented by prado9991 at 2011-07-18 23:45
こんばんは
四条通、相当な混雑だったでしょうね。
私は御池で木陰の中からの快適撮影でしたが、お写真を拝見してやはりメインは四条通だな~と思ったりしています。
一度はしめ縄切りも写真に収めてみたいものです。
Commented by G-Watcher at 2011-07-19 05:00 x
>一枚のタペストリーが、鯉山、鶏鉾、霰天神山に分断されて鉾を飾ることになった経緯はまだわかっていないそうですが・・・
研究調査が進んでかなりのことがわかってきていて作られた工房までわかっているようですよ。ネットで検索してもいろいろヒットしますよ。一連の数枚のタペストリーがあったようです。
霰天神山のものは鶏鉾の見送りと長浜祭の鳳凰山の見送りになったタペストリーの周縁部分の飾りの部分だそうですよ。
映画トロイでブラッドピットに殺されたエリックバナが演じたトロイの将軍が戦いの前の妻子達との別れのシーンが描かれたものです。タペストリーになっても京都と長浜に分断されて離れ離れになっているのです。興味深いですね。
鯉山の方は別の一枚が分けられて周囲を飾っています。
でもトロイ戦争がモチーフなのにこの一連の作品の中に現在では日本でも有名なあの「木馬」の部分が行方不明だそうで、ミステリーですね。木馬だったので一番重要な部分だとは思われずに切れ端になってしまったかもと予想されている研究者の方もおられるようです。
Commented by 阿修羅王 at 2011-07-19 05:44 x
おはようございます。
全部見はったんですか!凄い。
そこまで体力がなく、TVでしか観たことがないのです。
しかしここまで見せつけられると、やはり四条か河原町で撮りたくなりますね。
ちなみに何時くらいから場所を確保しはったんですか。

タペストリーの経緯はニュースでもでていましたが、
興味を引かれますね。
ミステリアスなところがまたわくわく(^^
Commented by kwc_photo at 2011-07-19 22:44
>prado9991さん
注連縄切り、一度撮ってみたいです~。あれはどこのポジションだったら一番良いのでしょうね。難しい選択ですねー。
私も次回は四条通を狙いたいです。
(私のは四条通方面を眺める河原町通りからの写真です)
四条河原町交差点は恐ろしすぎるくらいの人ごみで、あそこに陣取る
のなら、8時前にいないとダメですね(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2011-07-19 22:51
>G-Watcherさん
私も同じ(たぶん)ページを検索しました~。
5連作の1枚が分割されているのですね。
また、長浜の鉾にもタペストリーが飾られているというのもすごく興味が
そそられます~。
映画TROY、もう一度見なおさなくては!(笑)
Commented by kwc_photo at 2011-07-19 22:51
>阿修羅王さん
いやぁ、椅子まで持って行って座りましたから、思わず・・・(^-^)
そして、東側にいましたから、陰に入っていて、風も涼やかでとても
快適でした。
パチンコ屋が正面でなければ、もっとよかったのですがね(^-^)
タペストリーのミステリーは、興味をそそられました。
祇園祭の見方が少し深くなったように思います。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 花菖蒲咲く庭園(小石川後楽園) 祇園囃子の夜 >>