半夏生咲く庭(建仁寺塔頭・両足院)
          
f0155048_2052026.jpg
雨の中、建仁寺の塔頭、両足院へ半夏生を見に行ってきました。




f0155048_2052752.jpg
2.公開は10時からだったのですね。
門前で待たせていただきましたが、この景色だけでもワクワク。



f0155048_2054122.jpg
3.見えてきましたよ、半夏生。葉の先が白くお化粧しています。



f0155048_206238.jpg
4.半化粧→半夏生、という説もあるこのお花。



f0155048_2063959.jpg
5.一番乗りでみたお庭、青々として美しい中、半化粧の白さが際立ちます。



f0155048_207197.jpg
6.池の周りを囲むように、半夏生が花開いています。



f0155048_2071760.jpg
7.手前と奥にはクチナシの花が咲いています。



f0155048_2072995.jpg
8.この花、香りがあま~いんです。そんな歌もありましたね。



f0155048_2074787.jpg
9.雨のおかげで、コケも青々。



f0155048_2075198.jpg
10.この坪庭も味があるんですよね~。
さて、坪庭をみたら、外へ出てみましょう。



f0155048_208130.jpg
11.雨が強まってきましたが、半夏生はイキイキ。雨が似合うというのはこういうことでしょうね。



f0155048_2081723.jpg
12.案内の方に聞くと、10日前はまだ半夏生が青々としていて、いつ白くなるのだろうと心配したのだとか。



f0155048_2091054.jpg
13.でも、ちゃんと白くお化粧してくれました(^-^)。



f0155048_20101294.jpg
14.そして、雨にぬれて艶やか。白さも美しく輝きます。



f0155048_2082550.jpg
15.クチナシの花が咲く通路を抜けて、お茶室へ。



f0155048_2093211.jpg
16.去年は7月に入ってからだったので、クチナシがこれだけ綺麗に咲いていませんでした。
今年はバッチリのタイミングでしたね。



f0155048_20103277.jpg
17.ちなみに、半夏生はドクダミの一種。花はニョロっと出たフサフサ部分。白いのは葉っぱなのです。



f0155048_20112181.jpg
18.受粉してもらうため、虫を欺いて花と見紛わせるように葉を白く染めるのだとか。



f0155048_20114424.jpg
19.星月紋があしらわれたおまんじゅう。その名も「半夏生」。



f0155048_2011566.jpg
20.割ってみると、半夏生を連想させる、うぐいすあんの緑とおまんじゅうの白。
美味しいので、オススメです(^-^)



f0155048_2013138.jpg
21.そういえば、このお茶室で、「次は雨の日に来てくださいね」と聞いたのだったなぁ。



f0155048_20132388.jpg
22.雨の日に来られてよかったなぁ。



f0155048_20154666.jpg
23.こんなに美しい半夏生が見られてよかったなぁ。



f0155048_2016376.jpg
24.



f0155048_20161545.jpg
25.しかし、不思議な植物ですよね。



f0155048_20165173.jpg
26.



f0155048_20171619.jpg
27.



f0155048_2018390.jpg
28.さて、門をくぐって帰りましょう。
でも、振り返っちゃいますね(^-^)



f0155048_20181525.jpg
29.苔庭の青さも美しい。



f0155048_2018392.jpg
30.緑の美しいお庭。



f0155048_20185234.jpg
31.その緑だけでもホントは見事なお庭。



f0155048_20191991.jpg
32.そんな両足院でした。また半夏生に会いにきますね。
by kwc_photo | 2011-06-25 20:59 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/16182750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2011-06-27 17:28
タイトル : 両足院(建仁寺塔頭)
静寂と半夏生 美しい参道を歩いていきます。 丸窓越しに緑を眺めるのも美しいですね。 前庭の苔が美しい本堂で説明を聞いた後は書院へと向かいます。 書院からの庭園の眺めが素晴らしく綺麗です。 境内の半夏生も見頃を迎えています。 落ち着いた雰囲気の中で半夏生の白が際立ちます。 こちらの庭園は池泉回遊式庭園。 庭園内からの眺めも絶景ですね(^^) 庭園内にある茶室「臨池亭」でお茶をいただきます。 茶室内からの眺めも美しく、また違った趣きを感じさせてく...... more
Commented by arak_okano at 2011-06-26 07:26
アラックです。
日本家屋の額ですね、お見事、バグースですね!!
Commented by 阿修羅王 at 2011-06-26 07:29 x
これはまたたくさんの画像を堪能させて頂きました。
今年はまだ行けていないのですよ、ここ。
締め切りを抱えていて、それがこの休み明け、今日も動けません。
お抹茶とお饅頭が食べたいのに・・・?
今年も雨を待ちます。

野村邸はもう少し行けるかも知れません。
先週が2番手の花だったので、今月いっぱいくらいではないでしょうか。
偵察に行ってもいいのですが、
そんなんで時間がなくて・・・
Commented by kwc_photo at 2011-06-27 00:15
>アラックさん
ありがとうございます~。半夏生のお庭というのは京都でも珍しいので
毎年出かけてしまいます。
雨のにあう半夏生です(^-^)
Commented by kwc_photo at 2011-06-27 00:17
>阿修羅王さん
二回にわけようと思ったのですが、半夏生ばっかりですしね(笑)
一気にアップしちゃおう!と思ったら、30枚超えちゃいました。

半夏生、7月上旬まで大丈夫ですよ。
去年は7月5日くらいに行きました。たぶん私の行った上記の写真より
もっと白さが増しているのではないかと思いますよ。
おまんじゅうは美味しいし、お茶もお水が良いのだそうで、とても
美味しいですよね。ここのお茶はいつもうならされます。
Commented by deepseasons at 2011-06-27 00:52
こんばんは~。
超大作ですね。 先週は自由になる休みがなく、こちらに行きたくて
ウズウズしているところです。 雨の庭園、流石に最高のタイミング
ですね。 確か、両足院の記事が最初にコメントしあった内容だったと
記憶していますので、一層に感慨深いです^^!
Commented by kwc_photo at 2011-06-27 17:20
>deepseasonsさん
いやはや、2回に分けるにも、どうわけてよいやら・・・で、一気にアップ
したら、30枚をこえてしまいました。イッパイ撮ってましたからね~。
まだまだ大丈夫だと思いますよ。来週中くらいが限界ですかね。
雨の似合う半夏生、そして、半夏生の似合う素敵なお庭。
だから、両足院は毎年行きたくなっちゃいますね(^-^)。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 花盛りの梅宮大社(後編) 花盛りの梅宮大社(中編) >>