三千院のシャクナゲと桜(前編)
          
f0155048_0394024.jpg
三千院はシャクナゲと桜で彩られ、春爛漫でした。


(※4月24日撮影)



f0155048_0395333.jpg
朝の雨に濡れ、しっとり色濃いシャクナゲがお出迎え。



f0155048_0395990.jpg
まさに、水もしたたる・・・
かわいいシャクナゲです。



f0155048_04011100.jpg
さぁ、シャクナゲが誘う三千院のお庭へ入っていきます。



f0155048_0402445.jpg
朝日の挿し込む庭では、蕾もたくさんのこったシャクナゲが、生垣にみごとに咲き誇っていました。



f0155048_040355.jpg
手水鉢の向こうのシャクナゲライン。感激しました。



f0155048_0403857.jpg
部屋から屋根越しにみるシャクナゲも綺麗。



f0155048_0405149.jpg
こちらは格子越しに。



f0155048_0405843.jpg
散り椿も苔庭を彩っていました。



f0155048_041141.jpg
さぁ、定番スポットへ。



f0155048_0412162.jpg
まだ4分咲きといったところですが、やっぱり杉木立のなかのシャクナゲのかたまり、綺麗だなぁ。



f0155048_0413947.jpg
この繊細なピンク色が好きなんですよね。



f0155048_0415338.jpg
シャクナゲの奥には水の流が。



f0155048_042164.jpg
仏様もシャクナゲに埋もれそうです(^-^)。



f0155048_0422735.jpg
池に映る杉とシャクナゲも綺麗でした。



次回、桜を中心として後編をお届けします
by kwc_photo | 2011-05-14 01:20 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15961690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2011-05-14 12:30 x
こんにちは。
こちらのシャクナゲはいつ見ても見事です。定番のシャクナゲ、ぴったりの見頃・・・ 
この季節には咲き具合を見て2回、もしくは3回訪れたいところです。

このあと阿弥陀寺も行かれたんでしょうか。気になるところです。
私は時間もなく諦めましたが。
Commented by shakasha19 at 2011-05-14 20:59
ひゃ~!きれいですね~!
三千院のシャクナゲ、気になっていたものの
別の場所に行ったので行けなかったんですよね~。
こんなにきれいなんですね!
来年は行ってみます。
緑の苔の中で、鮮やかなピンクが目を引きますね。
Commented by arak_okano at 2011-05-14 21:35
アラックです。
ここでも、 kwc_photo さんマジックが来ましてね。
屋根の光と影+@ですね、バグース!!
撮れないな、このような作品。
Commented by kwc_photo at 2011-05-14 23:43
>阿修羅王さん
シャクナゲ、蕾が多い頃も色が濃くていいですよね。
そして、咲き始めても、たしかに次々咲くので見事ですね。
しおれた花をしっかり手入れしてくれるから、全体的に長持ちしますね。

阿弥陀寺、寄りませんでした。ちょっと頭をよぎったのですが・・・
もともと、三千院も立ち寄るつもりがなかったのですが、あまりに桜の
様子が見えるので、寄り道しちゃいました。
この後、朽木、常照皇寺、というルートです(^-^)
Commented by kwc_photo at 2011-05-14 23:45
>shakasha19さん
三千院は紅葉のイメージが強いですが、シャクナゲの頃もいいですね。
かなりたくさんの花が付くので、見ていても圧巻の咲きっぷりです。
私も三千院は、完全に道草のつもりでしたが、ガッツり撮ってしまいました。
ついでに宝泉院にも・・・(^-^)
Commented by kwc_photo at 2011-05-14 23:46
>アラックさん
マジック!ですか(笑)。
お花は景色に彩りを添えてくれますよね。いつも花を探してしまうので、
そうか、自分は景色だけを撮るより、やっぱり花が好きなんだなぁ、
って思いますよ。
ブログのタイトルも、地味に4月から「花景色」と入れてみたのです(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 三千院のシャクナゲと桜(後編) 広島空港 五エ門 >>