醍醐三宝院・さくら
          
f0155048_0211550.jpg
醍醐三宝院の桜、人が一杯でしたが、見上げ気味で撮ってきました(^-^)。

(※4月4日撮影)




f0155048_0212891.jpg
入り口のしだれざくら。
青空に花がイキイキ。



f0155048_0213091.jpg
この入口の桜だけでも、結構お腹いっぱいになりますよね(^-^)。



f0155048_021329.jpg
でも、この桜を見ながら中へ入ると・・・・



f0155048_0213558.jpg
醍醐の花見、の再現のような会場が。



f0155048_021362.jpg
紅白の幕が張り巡らされ、茶席があります。
そして、それを取り囲むような桜たち。



f0155048_0213973.jpg
こんな桜の屋根の下でお花見をするのは最高ですね。



f0155048_0214124.jpg
常に見上げ気味ですが、ぐるりを取り囲む桜が見事なのです。



f0155048_0214494.jpg
少し人が入りますが、引き気味で全体図をば。

花見気分を味わうには、三宝院の桜は良いですね~。
by kwc_photo | 2011-04-13 23:20 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15810259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2011-04-14 21:07
タイトル : 醍醐三宝院
 醍醐の花見  開門を待って  しだれざくらに会いに行きます。  澄み渡った青空と  ほんのりさくらいろ、  純白のもくれんが綺麗です。  更に三宝院奥の憲深林苑。  朝の斜光を浴びて、  輝く桜、  映り込む影もきれいです。  桜は人を微笑ませてくれます。  静かに愛でる花見もいいものです。   ... more
Commented by rollingwest at 2011-04-14 06:16
見上げれば満開桜、足元には可愛い花たち、広がる花風景とともに日本も明るい気持になってほしいものです。
コチラも久しぶりに記事更新いたしました。
Commented by arak_okano at 2011-04-14 07:02
アラックです。
数年前に行きましたが時期が早かったです。
完璧ですね、バグース!
Commented by kwc_photo at 2011-04-14 08:13
>rollingwestさん
ホント、そのとおりですね。
春を当たり前に楽しめる、そんな日本に
早く戻って欲しいし、
戻さなくちゃいけませんね。
Commented by kwc_photo at 2011-04-14 08:18
>arak_okanoさん
花の具合は当たるも八卦、当たらぬも八卦、ですからね。
時期を読むのが難しいうえに、遠方からだと予定が変えにくいですものね。
私は昨日は海津大崎へお呼ばれしましたが、
ここ数日の陽気で一気に開花が進み、
見頃になってくれていて良かったです。
早くから決まっていた予定なので、
花の具合はもちろん、天気もどうなるかと思いましたが、
快晴!でした(^-^)/
Commented by youpv at 2011-04-14 08:20
おはようございます。
先日訪れましたが、
やっぱり見応えがありますよね。
入り口付近の枝垂れ桜でも満足度が高いですが、
憲林深苑も雰囲気が好きでお気に入りです。
Commented by shakasha19 at 2011-04-14 17:02
素晴らしいですね~!!
醍醐の桜はやはり美しいですね!
枝振りが立派で、どの枝垂れも見事な咲きっぷりですね~。
入り口の枝垂れ桜、とても印象に残っています。
どの写真もフレームいっぱいに広がった桜と青空が気持ちいいですね。
Commented by deepseasons at 2011-04-14 21:06
katsuさん、こんばんは~。
私も憲林深苑の雰囲気が好きで、醍醐に行けばワンパターンのように
こちらに並んでしまいます。
見上げる青空に桜が映えますね。
TBさせていただきます^^!
Commented by kwc_photo at 2011-04-14 23:38
>deepseasonsさん
この日はお昼からの入園で、かな~り人出があったのですが、
奇跡的に人が空いた瞬間等を狙って、できるだけ人が写らないよう
撮りました。でも、やっぱりワラワラと人がいますので・・・苦戦しましたよ(笑)
T.B.ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 鴨川のしだれ桜(出町柳) 桜の哲学の道・散歩 >>