咲き誇る、春。(北野天満宮)
          
f0155048_21241060.jpg
社殿の前の紅梅も見事満開になりました。




f0155048_21244571.jpg
境内の梅は、しだれを除いてほぼ終盤。
この灯龍のところのしだれは鮮やかなピンク色で綺麗でした。



f0155048_21251821.jpg
門をくぐって社殿前へ。
青空に満開の紅梅が見事です。



f0155048_21252755.jpg
この紅梅がみたくて、今年も2回ほど空振りしました(^^ゞ
満開の時期が読みにくい梅、パート2です。
今回、清水寺と同時期に満開が来ることがよくわかりました。
同じ種類の鮮やかなピンクの梅ですからね。



f0155048_21254144.jpg
青空に向けて枝を伸ばす梅。
何とも鮮やかで、見事。



f0155048_21254949.jpg
花付きも良いです。
元気をもらえますね。



f0155048_21264886.jpg
この勢いの良さを見習いたいです。



f0155048_21281097.jpg
出勤前のひととき。
この梅で静かに心癒されました。


元気にがんばりましょう(^-^)。
by kwc_photo | 2011-03-22 21:37 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15698463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2011-03-23 07:08
アラックです。
さすがに北野天満宮さんですね、バグースですね。
週末高速バスで行きたくなりました。
海にも行きたい。
Commented by 阿修羅王 at 2011-03-23 19:40 x
こんばんは。
さすが出勤前、誰もいない天神さんなんて、私には考えられません。
ここの紅梅はいつも見事ですよね。
ただ、ちょっとばかし遅いので忘れられそうになります。
よって、まだ行けていませんわ。間に合うかな。

本殿の屋根、時には猫さんが日向ぼっこしていますね。
Commented by kwc_photo at 2011-03-23 21:56
>アラックさん
この梅は、JRの「そうだ京都、いこう」のポスターにも登場した
梅なのですよ。すっかり有名になりましたが、天神さんの梅の季節
から少しずれて満開になるので、見逃しがちなのですよ。
この週末ならまだ咲いていると思います。清水寺とセットで
どうぞ~。
そろそろしだれも咲き始めそうと思うのですが、ここ数日の
寒の戻りでまだ蕾が固いです(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2011-03-23 21:57
>阿修羅王さん
ふふ、もう梅シーズンはオフになってしまっているのか、朝は
本当にすいていましたよ。受験シーズンも終わりかけですしね。
結構普通の時間帯(8時台)だったのですが、数人が入れ替わり
立ちかわり、というくらいでした。

本殿の屋根にネコ!それは見たことないです。
シャッターチャンス!ですね(笑)
Commented by Takapyon at 2011-03-23 23:03 x
こんばんは。
北野天満宮の梅、青い空と相まって美しいですね。
震災のニュースを見て、なんとも言えない気分が日々続いていましたが元気を分けてもらえました!
Commented by deepseasons at 2011-03-23 23:11
こんばんは~。 
確かに、この社殿前の紅梅が咲き誇っているのを見たことがないです。
いわゆる「左近の梅」って言うのでしょう。 お見事です^^!
Commented by kwc_photo at 2011-03-23 23:23
>Takapyonさん
天神さんの梅、とても綺麗に咲いてくれていました。
見に来ていた人も、一様に息を飲んで、それから感激してはりましたよ。
それだけ、ハッとする色、咲き具合が素晴らしかったのでしょう。
美しい花を見て、美しいと思える幸せを大切にしなくてはいけませんね。
Commented by kwc_photo at 2011-03-23 23:25
>deepseasonsさん
そうでしょう?意外と盲点なのですよ。
この梅だけのために、何度通わないといけないか・・・(笑)
でも、その梅詣でのおかげで、素敵な景色を見ることができました。
清水寺もそうですが、やっぱり梅は向かって左に植えるものなのでしょうね(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 桜・春の訪れ(車折神社) 清水寺の紅梅 >>