雪中梅(下鴨神社)
          
f0155048_23484293.jpg
思いがけない、雪中梅でした。

(※3月3日撮影)




f0155048_23485484.jpg
出町柳駅から歩き、まずは河合神社にたどり着きました。
桧皮葺の屋根にはうっすら雪化粧。



f0155048_23485613.jpg
キンと冷えてましたが、お天気は快晴に向かっています。



f0155048_23491267.jpg
清々しく糺の森を歩きました。



f0155048_2349213.jpg
満開の馬酔木とさざれ石。
これも春を感じさせてくれる花ですね。



f0155048_23492794.jpg
さぁ、神社へ。
屋根に雪が残っていますね。
流し雛があるので、境内は既にけっこうな人出がありました。



f0155048_23494963.jpg
尾形光琳の梅も、朝日に照らされて鮮やか!



f0155048_23501367.jpg
雪でコーティングされた屋根、青空、そして紅梅。美しいコントラストを描いています。



f0155048_23501635.jpg
美しいなぁ。



f0155048_23502518.jpg
と思っていたら、急激な天気の変化。
突然雪がいっぱい降り始めました。



f0155048_2350309.jpg
雪中梅。
これだけ降ってくれると、撮りごたえがあります。



f0155048_23503336.jpg
雪景色も満喫しました。
降りゆく雪を撮るのもいいものですね。


<使用機材>
【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
【Pentax K-7 & DA★50-135 F2.8ED [IF]SDM】
by kwc_photo | 2011-03-09 23:59 | 京都(Kyoto) | Trackback(2) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15636973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2011-03-10 08:56
タイトル : 下鴨神社
早朝の下鴨神社 三月に入っても、薄く雪化粧した境内。 訪れた時は青空が広がっていましたが 次第に雲に隠れ始めて、境内に雪が舞い降ります。 境内の輪橋(そりばし)にかかるように「光琳の梅」が咲いています。 尾形光琳が描いた国宝「紅白梅図屏風」の元となった梅です。 まさか雪が降る中で梅を愛でることが出来たのも驚きですが 雪を纏う事になった梅が一番驚いているのかもしれませんね(^^) 暫くすると雪も次第に止み始めて 雪化粧した境内と青空の下で綺麗に咲...... more
Tracked from Deep Season  at 2011-03-10 23:21
タイトル : 下鴨神社 光琳の梅
  反り橋横の一本の紅梅   雨が降り続ける早朝   境内の名木に会いに行った   江戸時代の絵師、尾形光琳が描いた   「紅白梅図屏風」のモデルになったと言われている   少し小雨になってきたと思ったら・・・   (画面中央にやや注目!)   deepseason風花鳥図   まもなく、この反り橋に紅の落花ができるのだろうな   一枚の絵画のように    3月3日は御手洗川の流し雛、   こちらの梅も今週が見頃かな   ...... more
Commented by 阿修羅王 at 2011-03-10 05:54 x
おはようございます。
この日、随分と降ったのですね。
白くなった屋根と、紅梅のコントラストが素晴らしいです。

雪の中の流し雛、お疲れさまでした。
普段でも寒いのに、この日は特別寒かったでしょうね。

え?熱い二人のために暖かだった・・・
やっぱり(^^;
Commented by youpv at 2011-03-10 08:58
おはようございます~。
同じ日の朝は雪がうっすらと積もっていましたが
日中も降ったのですね(^^)
これだけ降ると、画になります(^^)

TBさせていただきました(^^)
Commented by deepseasons at 2011-03-10 23:21
こんばんは~。
やっぱりサプライズが待っていましたね。
なかなか見られない構図だけに感動されたのではないかと存じます。
ラスト2枚が、特に胸キュンですね~ 
youpvさんに続けて、TBさせていただきます^^!
Commented by foto_k at 2011-03-10 23:25
Katsuさん、こんばんは。

綺麗な降雪ですねー。
ラストの画は鮮やかさに舞う雪蛍のようでホント綺麗です。
雅モードでしょうか、Katsuさんらしさのテイストが確立されていますよね。
こんなタイミングで京都を撮ってみたいです(^^)
Commented by kwc_photo at 2011-03-10 23:45
>阿修羅王さん
白くなった屋根は朝イチから10時前までで、いいお天気になった
ため、すぐ解けちゃったんです。背中もポカポカ、こりゃ寒く
なくていいや~と思っていたら、流しびなが始まる頃にかなりの
降雪でした。一瞬でしたけどね。
熱いお二人で、あてられてポカポカ。たしかにそうでしたよ(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2011-03-10 23:46
>youpvさん
そうなんです。駅をあがったところで、「お、積雪」と思って
慌てて河合神社に向かい、その後下鴨神社の社殿へ行きました。
まさか、そのうっすら雪化粧が解けきったあとに、こんなに
降雪があるとは・・・まさか、でしたよ(^-^)。
T.B.ありがとうございました~
Commented by kwc_photo at 2011-03-10 23:46
>deepseasonsさん
いやぁ、ほんとサプライズでした。
いいお天気だったので、まさかの雪でしたしね。
今年は積雪後に撮影はありましたが、降っている最中は
けっこう歯噛みしながら仕事していることが多かったので、
この日はシアワセでした(^-^)。
T.Bありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2011-03-10 23:46
>Kさん
かなり降りましたよ。
隣に居合わせたおじさんと、「もっとふれ~」と念じてたら、
ほんとにゴーッと降り始めました。
流し雛撮影のために、身動きはとれなかったのですが、
望遠でなんとか紅梅と門を絡めて、降雪風景を撮れました。
雅モード、平安神宮など、朱のあるところで使うとビビッドですね。
現像時に硬め現像しているのも、色が濃く見える要因かなぁ。
Commented by bjynp at 2011-03-10 23:53
katsuさん、こんにちは
プチご無沙汰です。今日はまたスゴい雪の写真。最初の写真もいいなあって思いましたが、最後の1枚が特に秀逸ですね。この写真、大好きです。
写真は切り取るものとよく言われますが、僕は職業柄かどうも説明的な構図を好んでしまいます。だから、広角って結構好きなんです。
でも、たまにボケ味の利いた望遠の図も案外、好きなんですが。。。。
アッキーマッキー
Commented by rollingwest at 2011-03-11 06:23
素晴らしい~!紅梅白梅ではなく、紅梅白雪のコラボ!お寺の朱色とのコントラストも見事です。
Commented by kwc_photo at 2011-03-12 22:44
>アッキーマッキーさん
こんばんは。関東は地震が大変だったと思いますが、大丈夫でしょうか。

雪と梅の写真、偶然出くわしたシーンですが、本当に綺麗でした。
雪がこれほど突然降りだすとは思いませんでしたから・・・。
流し雛で場所取りしたところから身動きできない状況でしたけど、
それだからこそシーンを切り取って撮影できたかもしれません(^-^)。
Commented by kwc_photo at 2011-03-12 22:49
>rollingwestさん
rollingwestさんも関東ですよね。地震、大丈夫でしょうか。
東北の方の惨状を見るにつけ、自然の、とりわけ水の恐ろしさを
実感しています。全部を飲み込んでしまうのですね・・・。

紅梅白雪で、紅白でしたね。
社殿が朱色なので、白い雪が映えました。
Commented by bjynp at 2011-03-13 20:53
Katsuさん、ありがとうございます。
東京でも近くの九段会館とかは結構な被害でしたが、うちの会社は何とか大丈夫でしたが、すさまじい揺れでした。阪神大震災の時の揺れにくらべ、横揺れがもっとスゴかったです。あと数日間は余震が心配です。金曜日は、交通網が完全にストップしたため、17キロほど歩きました。
アッキーマッキー
Commented by kwc_photo at 2011-03-19 21:04
>アッキーマッキーさん
ご無事でなによりでした・・・。
本当に、数日間は現実感すらないほどの被害に、ただただ慄くのみでした。
横揺れ、ニュースでも見ましたが、すごい地割れができたりしていて、
あらためて大震災の恐ろしさを目の当たりにしました。
交通網も徐々に復旧していますが、しばらくは大変そうですね。
お体、お大事にしてください。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< しだれ梅咲く城南宮庭園(前編) 梅咲く北野天満宮 >>