晩秋の様相(法然院)
          
f0155048_11331289.jpg
染まりゆく法然院。
京都の晩秋の様相をお届けします。


(※11月28日撮影)



f0155048_11333749.jpg
法然院といえば、この門。
苔むす門の上には、錦色に色づいた紅葉が。



f0155048_11333938.jpg
そして、この砂で作られたモニュメントも特長ですね。
紅葉の落ち葉が散りかかる風情がとても素敵です。



f0155048_11334229.jpg
門前の紅葉は黄色メイン。
門の苔の翠と対照的で綺麗です。



f0155048_11334711.jpg
紅葉で隠しましたが、カメラをもった観光客がひっきりなしに門をくぐります。



f0155048_1133546.jpg
この頃は、まだ色づき中の紅葉もありました。



f0155048_11335678.jpg
やっぱり味のあるお寺です。
法然院は近年、人気が高まっていますね。




f0155048_11335849.jpg
静かな境内が、秋のこの時期ばかりは賑やかなのです。
人が切れた瞬間の奇跡的な一枚(^-^)。



f0155048_1134943.jpg
こちらも奇跡的一枚(笑)。
池が紅葉の絨毯になっています。素晴らしく美しい情景です。



f0155048_11342296.jpg
染まりゆく紅葉。
京都の秋もフィナーレに向かいはじめていました。



f0155048_11342587.jpg
センリョウが鮮やかな実をつける参道を経て、法然院を後にします。



f0155048_11342720.jpg
この写真だけで見ると、静かで落ち着いた法然院でした(笑)。



<使用機材>

【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】


(※11月28日撮影)
by kwc_photo | 2010-12-15 00:20 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15155931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2010-12-15 08:14
アラックです。
人が切れる瞬間!!
バグースですね。
それを待てないアラックでした。
Commented by shakasha19 at 2010-12-15 15:43
昨年、ここの紅葉を撮りに行きましたが
少し見頃には早かったのです。
おまけに、砂のモニュメントをお坊さんが作っておられる最中だったので、
完成したところは見ていないのです。
こんなふうになるんですね~!
とてもきれいに作られていますね!
紅葉も鮮やかな黄色がいいですね。
池に浮かんだ散紅葉が美しいです。
Commented by kwc_photo at 2010-12-15 23:48
>アラックさん
人が途切れるときを狙っていると、同じ場所で手がつるくらい
じっとしていますね(^-^)。
奇跡の一枚が撮れるととても嬉しいです(笑)。
でも、永観堂ではどうしようもありませんでした。祇園祭みたいな混雑でしたよ(^^;
Commented by kwc_photo at 2010-12-16 00:09
>shakasha19さん
11/29に昨年は訪れて、丁度良かったのですが、今年は少し
遅めでしたね。
砂のモニュメントを作っておられる最中とは、めったに見られない
かもしれませんね(笑)。珍しい瞬間だと思います。
ここの紅葉も、色とりどりになるのでとてもきれいで好きな場所です。
Commented by youpv at 2010-12-16 10:10
おはようございます~。
訪れようと思っていましたが、今年は見頃のタイミングを
逃してしまいました。私も以前、無人になるタイミングを
待って撮っていた事を思い出しました(^^)

こちらの紅葉も見事ですね(^^)
↑の哲学の道あたりの紅葉も本当に見事ですね(^^)
Commented by kwc_photo at 2010-12-16 22:35
>youpvさん
法然院、いつも行ってしまうお寺です。この時期、東山周辺に用事が
あるというのもあるのですが、やっぱり起点はここですね。
そして、南禅寺まで歩くのが、ここ数年、定番ですね。

哲学の道も、意外に紅葉がいいんですよね。
桜のイメージがありましたが、歩いてみるといい雰囲気です。
若王子神社も、紅葉が綺麗、という話は聞いたことがなかったのですが、
今年は寄ってみて正解でした(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 哲学の道を歩く(安楽寺~若王子神社) 真っ赤な秋(相国寺) >>