都会のお庭の秋(渉成園(枳殻邸))
          
f0155048_2054550.jpg
秋雲浮かぶ青空に向かって、気持ちいいくらい黄色く色づいた銀杏。

ここは、都会のど真ん中。
・・・って、信じられませんよねぇ(^-^)。




f0155048_20114292.jpg
ここも鮮やかでした。
目にも眩しいくらいの染まり具合。



f0155048_207335.jpg
お星様キラキラ(^-^)。



f0155048_208108.jpg
紅葉の向こうのオレンジは、ハゼの木。



f0155048_208293.jpg
池に紅葉が映り込む様子も、京都市ど真ん中とは思えない広がりのある風景。
この印月池の風景は、13景の3。



f0155048_2083639.jpg
なんと美しい光景でしょう。
このお庭は、詩仙堂を建立した石川丈山の作庭と言われています。



f0155048_208428.jpg
睡蓮の葉の輝きが美しいので、PLを少し緩めて撮影。それでも紅葉は鮮やかですね。



f0155048_2085123.jpg
これは何の木?オレンジに染まっていました。



f0155048_2085453.jpg
この印月池の南大島は、何と秀吉治世期の「御土居」の遺構なのです。13景の4。



f0155048_2091062.jpg
そう言われてみると、何となく堤防のように見えますね。



f0155048_2091436.jpg
紅葉が池に美しく映っていました。



f0155048_209237.jpg
向こうに見えるのは侵雪橋。
渉成園13景の6番目です。


f0155048_2010192.jpg
石川丈山のお庭、と言われると、たしかに渋い趣味。詩仙堂とはスケールが違うものの、何となく共通点もありそう。




f0155048_2010516.jpg
桜の紅葉も綺麗。バックの大きな銀杏の木も存在感があります。



f0155048_20101553.jpg
ハゼの木の紅葉って、オレンジっぽいのから赤いのまで、モミジと見紛うほど豊な色調です。



f0155048_20101940.jpg
傍花閣は13景の2。
オレンジ色は桜の木なのです。桜の傍にあるので傍花閣なのですかね。



f0155048_2012384.jpg
滴翠軒と臨池亭。池に写る銀杏が美しい。
ここが13景の1です。


f0155048_20122128.jpg
ちょっと引きで撮ると、鮮やかな紅葉のむこうにビル群が。やっぱり京都駅の真ん前なのですよね。



f0155048_20115881.jpg
でも、こんなに鮮やかな紅葉が彩る、広大なお庭が楽しめるのです。



f0155048_20172431.jpg
回棹廊も紅葉に彩られます。
13景の12です。

というわけで、13景のうち5つをご紹介しました。
広ーい庭園。ぜひ一度訪れてみてくださいね。



<使用機材>
【Pentax K-7 & DA15 F4ED AL Limited】
【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】
【Pentax K-7 & DA★50-135 F2.8ED [IF]SDM】

(※11月24日撮影)
by kwc_photo | 2010-12-05 20:14 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/15100470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamaya-m at 2010-12-06 18:31
桜の頃に訪れましたが秋の紅葉も素敵ですね!

次は雪が降った翌朝の風景をリクエストしとこかな!?(笑)
Commented by kwc_photo at 2010-12-08 00:46
>yamaya-mさん
雪の翌朝!
撮ってみたいですね。
その翌朝が出勤日じゃなければ一番良いのですが(笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 即宗院の秋(東山・東福寺塔頭・... 静かなお庭(東山・智積院) >>