曼珠沙華燃ゆる秋(明日香村・稲渕/その1)
          
f0155048_23511797.jpg
朝日が差す時間。
頭を垂れ始めた稲穂と曼珠沙華が輝き始めた。




f0155048_2352914.jpg
夜明け前。
少しずつ光が入り始め、彼岸花の色味が増し始める。



f0155048_2352123.jpg
棚田の上段から光が当たり始めました。



f0155048_23522831.jpg
斜光線が入る。
高台から見下ろす棚田のある風景は、何とものどか。



f0155048_23523023.jpg
鮮烈な光が注ぐ。
曼珠沙華も燃え上がるような赤に。



f0155048_23523651.jpg
青空も見えてきました。
青空、緑の稲穂、赤い曼珠沙華、と鮮やかな色が揃って綺麗。



f0155048_2352567.jpg
輝くように咲く。彼岸花、というにもかかわらず、今年は9月末に満開でしたが、元気に咲いてくれました。



f0155048_2353270.jpg
この赤さの密度。
スゴイ勢いを感じます。



f0155048_2353616.jpg
霞む山里をバックに、彼岸花と稲穂の光景を。
やっぱり朝の空気は清々しいなぁ。



f0155048_2353952.jpg
彼岸花の魅力は、鮮やかなラインを描く姿。
狭い畦に、紅のライン。



f0155048_23531848.jpg
ややカーブを描くラインも綺麗。



f0155048_23532313.jpg
このカーブ、毎年撮ってるなぁ(^-^)。



f0155048_23532665.jpg
ランダムな地形にも綺麗にフィット。



f0155048_23534515.jpg
稲渕といえば、この段々の田んぼと彼岸花。石垣もいい味出してます。



f0155048_23535634.jpg
日本の秋の風景に、ずっと残って欲しい光景。
奥に見える木造の小屋も景色に馴染んてますね~。


次回は案山子ロードを中心にお送りします。


<使用機材>
【Pentax K-7 & DA15 F4ED AL Limited】
【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
【Pentax K-7 & DA★50-135 F2.8ED [IF]SDM】
【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】
by kwc_photo | 2010-09-29 06:30 | 奈良(Nara) | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/14695390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Deep Season  at 2010-10-02 23:22
タイトル : 明日香村稲渕の彼岸花
     美しくカーブを描く棚田      朝の雨が嘘のように青空が顔を出しました      雲の切れ間から差し込む太陽光が実った田んぼを照らします      9月も終りの頃、やっと彼岸花が見頃になりました      飛鳥川横の竹やぶに伸びるレッドライン、      そして、畦道を何層にも咲く彼岸花      秋を謳歌するように咲き乱れ      たわわに実った棚田を縁取っています      畦道によく咲くのは、彼岸花のもつ有毒成分で     ...... more
Commented by deepseasons at 2010-09-30 00:42
こんばんは~。
やっぱり外さずに行かれたのですね。 しかも早朝にこの雰囲気が
最高ですね。 日の出の共に白く霞む山々と対照的な真っ赤な彼岸花・・・
すごくキレのある写真ばかりです。
実は、私も奈良の某所で日の出の彼岸花を狙いたい場所があるのですが
今年もお預けになりそうです。
私は9月28日に行きましたので、追々、アップさせてもらいます。
Commented by youpv at 2010-09-30 05:41
おはようございます~。
こちらの彼岸花、素晴らしいですね。
撮られる時間帯も流石です。
この群生は見事としかいえない風景ですね。

京都もどこかいい場所がないか探して行ってきます(笑)
Commented by rollingwest at 2010-09-30 06:55
リンクしているブログのお仲間はあちらこちらで真っ赤な曼珠沙華が咲き誇っています。私が今まで見て一番感動した彼岸花群は、今から7年前に見た大阪の千早赤坂村(金剛山の帰り)の黄金の稲穂水田に見たコントラストでした。
Commented by foto_k at 2010-09-30 07:41
Katsuさん、おはようございます。

太陽に輝く彼岸花咲く棚田景、素晴らしいですねー。
稲渕の彼岸花はこの時間帯が一番綺麗に見えます。
円を描く棚田、石垣見える姿、どれも明日香らしい姿。
僕もチョイと立ち寄ってみたのですが、既に団体さんも居られてガッツリ撮りは諦めました^^;
今年は一気に咲いて見頃期間も短く、明日香の彼岸花画はKatsuさんの画で楽しませていただきます(^^)
Commented by arak_okano at 2010-09-30 18:45
アラックです。
日の出の時間になんて凄い、バグースです。
我が町伊勢原は方角的に、朝陽は駄目なんです。
Commented by shakasha19 at 2010-10-01 15:33
素晴らしいですね~!
1枚目が特に好きです!
太陽キラーン!がいいですね~。
有名な稲渕の彼岸花ですが、私は撮影したことありません。
カメラマンが押し寄せるらしいので、
どうも躊躇してしまうんですよね~。
でも、こうして素晴らしい写真を見せていただくと
いつかは撮ってみたいなと思いますね。
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>deepseasonsさん
休日出勤の振替休日がもらえて、こりゃ行かねば!と
急遽早起きしていってきました。
天気も良くて、いい感じで撮影できて幸せでしたよ。
日の出に間に合うように行けたのはラッキーでした。
やっぱり光がドラマチックなのは朝夕ですよね~。

28日の彼岸花、楽しみにしてますね。
T.B.もよろしくお願いいたします。
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>youpvさん
ありがとうございます~。
やっぱりこの時期の稲渕は外せない!と思ったら、うまく
振替休日がとれました。お天気もバッチリ晴れで、
言うこと無しでしたよ。

田んぼが赤く染まるこの時期、やっぱり外せない場所ですね。
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>rollingwestさん
やっと曼珠沙華の季節になりましたよね。
ことしはパッと咲いて、すぐ終わっちゃいそうな感じです。
時期をみるのが難しかったですが、タイミングがあってラッキー
でした。千早赤阪も綺麗なのですね。一度見てみたいです。
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>Kさん
稲渕の朝、やっぱり一番に行くのがいいですね。
平日だというのに、ヤンヤの人だかり。
そして、今年はあの坂道にはコーンが敷き詰められ、路駐不可。
こりゃぁ、休日は大変だっただろうなぁ、と思いました。
この日もおまわりさんがパトカーから、「坂道の駐車、すぐ
動かしなさい!」と怒鳴っておられました(^o^;
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>アラックさん
日の出の時間シリーズ、そば畑に続く第二弾です。
よく見れば、花は違いますが似たような構図で撮ってますね(^o^;
稲渕の彼岸花は、やっぱり朝日の逆光で綺麗に浮かび上がるのが
一番素敵です。伊勢原も彼岸花は綺麗なのでしょうね。
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 00:05
>shakasha19さん
キラン!と光る太陽の瞬間を撮るのが楽しみで、日の出前に出張ってます。
そば畑でも感動しましたしね。やっぱり朝夕の太陽は素敵です。
稲渕、段々と観光化が進み、また、猪よけ?の電線も設置されたり
して、写真は段々厳しくなっているかもしれません。
車も多くなって、随分規制されていますしね。
すてきな景色、上手く共有できたら良いのですが、近年はすぐに
情報が伝わるので、人の押し寄せ方がハンパないみたいです。

行くなら平日朝イチが絶対おすすめです!
Commented by bjynp at 2010-10-02 09:57
katsuさん、こんにちは
朝日の登る山をバックに棚田に咲く曼珠沙華、最高にいいですね。昔に比べて明日香村の曼珠沙華が増えたようにおもいますが、いかがですか?
こちらではこんなに見事な曼珠沙華の群生をまだ見つけれていません。
アッキーマッキー
Commented by kwc_photo at 2010-10-02 15:27
>アッキーマッキーさん
明日香は彼岸花で村おこしをしてますからね~。
でも、もともと地下茎の花。かなり繁殖力は強いですね。
明日香はあぜ道を大事にしているのかもしれませんね。
今年は彼岸花の季節は短そうです。
もう一箇所ご紹介しますが、これで今年は終わりかな。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 案山子ロード(明日香村・稲渕/... 雲の舞(奈良・笠そば/後編) >>