離宮の庭へ・・・(後編)(修学院離宮)
          
f0155048_23591744.jpg
驚きの風景。
お庭というより、国定公園、ですなぁ。



f0155048_01338.jpg
敷石を踏みながら、先を目指します。


f0155048_011216.jpg
この一軒だけでも、十分別荘なんですが・・・。なんて広さでしょう。ホント。



f0155048_012163.jpg




f0155048_02111.jpg
さぁ、上御茶屋を目指します。田んぼが眼下に・・・結構高台に登るのですね。



f0155048_021074.jpg
欄間の造形が面白い。



f0155048_023071.jpg
お、池がみえてきた・・・



f0155048_024555.jpg
って、湖なみな池ですなぁ~!
前の方の植裁は何十種類もの植物が組み合わされていて、絶妙なタペストリーを描いています。




f0155048_03294.jpg
上御茶屋の足元。「一二三石(ひふみいし)」というそうです。たしかに、3つずつくらいの石があしらわれていますね。



f0155048_031225.jpg
天下を見渡せる、と言っても過言ではないほどのこの上御茶屋。
こんなところで昼寝がしてみたい(笑)。



f0155048_033392.jpg
紫色の花が。(この花、名前を誰か教えてください~)



f0155048_041458.jpg
さぁ池というより湖な水辺へやって来ました。



f0155048_042497.jpg
新緑が綺麗です。




f0155048_05529.jpg
一段高いところが、上皇が座る場所、だったのだそうです。




f0155048_051833.jpg
すでに赤いモミジも。
紅葉の頃はスゴイだろう、と予感させるお庭の規模です。(山ですもんなぁ)



f0155048_053063.jpg
船屋も渋い!



f0155048_062213.jpg
ひろーい!
もう言葉が出ません。ちなみに、右端の休憩所には、皇太子夫妻が座られたのだとか。



f0155048_063258.jpg
上御茶屋と植え込みが見えます。植え込みのところは、剪定するためにところどころに「突入穴」があるそうで、爬虫類と虫の巣窟をくぐり抜け、途中途中で頭を出しては剪定をしていくのだそうです。お庭を守るのも大変ですね。



f0155048_065553.jpg
待合の場所にて最後にパチリ。これは晩秋の風景も是非見たい、そんな風に思える離宮めぐりでした。


<使用機材>
【Pentax K-7 & DA15 F4ED AL Limited】
【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
【Pentax K-7 & FA31 F1.8AL Limited】
【Pentax K-7 & DFA50 F2.8 Macro】

(※5月29日撮影)
by kwc_photo | 2010-06-28 00:50 | 京都(Kyoto) | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/14070597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2010-06-28 15:30
タイトル : 修学院離宮
夕陽を浴びて 浴龍池が夕陽色に包まれる 差し込む光や 色づく紅葉や 歩いていくこの道も 夕景が作り上げる世界 その中に佇み その中を歩き その風景を目にした時は 感動せずにはいられないでしょう... more
Commented by youpv at 2010-06-28 15:32
こんにちは~。
めっちゃ緑が綺麗ですね(^^)
上御茶屋からの眺めが本当に綺麗です(^^)
何度も訪れている修学院離宮ですが、写真を拝見して
この季節には訪れていない事がわかりました。
是非是非訪れたいと感じました。

かなり前の記事になりますが、晩秋の修学院離宮の記事でTBさせていただきました。
Commented by TAKAPYON at 2010-06-28 21:30 x
Katsuさん、こんばんは(^^)
修学院離宮楽しませてもらっています!
ものすごいスケールですねぇ!
私も一度行ってみたいものです。
土日の申し込みはやっぱり込んでいるのでしょうか…?
それと、写真の花は"コアジサイ"ですよ。
Commented by deepseasons at 2010-06-28 21:30
katsuさん、すごいなあ~。
もう最初の1枚目から感動的な、まさしく初夏の風景ですね。
新緑の中にアクセントなる建物、橋や、どこまでも続く道が
溶け込んでいます。
いつかは、訪れたいと思います^^!

なお、紫の花ですが、花や葉っぱの形状から「小紫陽花」別名
「柴紫陽花」だと思います。 当りかな!?
Commented by foto_k at 2010-06-29 10:25
Katsuさん、こんにちは。

いやぁー、1枚目は京都ちゃいますやん(笑
地図を見てると「広いとこやなぁ・・・」ですが、やっぱし広い。
こうなってくるととても訪れたくなってくるところです。
が、これって写真で画を切って見させてもらうのが良さそうですね。
紹介写真ではない美しさを感じました。

湖も含・・・じゃなくて、池も含め美しい緑に目が心地良いです。
良い写真見せてもろて、おおきに(^^)
Commented by kwc_photo at 2010-06-29 11:53
>youpvさん
T.B.ありがとうございました。
実は、このyouさんのT.B.いただいた記事を見て、修学院離宮行き
を心に誓ったのでした。なのですごく嬉しいです!
新緑の季節は綺麗かなぁということで申し込んでもらいましたが、
ビンゴ!でした。お天気にも恵まれて、最高の一日でしたよ。
来年は是非行ってみてくださいね~。
Commented by kwc_photo at 2010-06-29 11:53
>TAKAPYONさん
コアジサイ、ご教授ありがとうございます!
すっきりしました~。

土日、ではなくて、限られた土曜日限定なのです。
平日は大丈夫なんですけどね。
3月、4月、5月、10月、11月の土曜日は参観可能です。
それ以外の月は、第3土曜のみです。
結構激戦ですよ~。
ただ、人数は限られていて、お付きのガイドさんが
案内してくれますので、庭園が混み合うことはなく、
快適にお庭の景色を堪能できます。おすすめですよ~。
Commented by kwc_photo at 2010-06-29 11:53
>deepseasonsさん
すばらしい景色とお天気に恵まれて、この上なく楽しめた
離宮散歩でした。
新緑も良いし、建物も素晴らしい造形で、これは見ごたえが
あります。しかも無料!
事前申込みが必要で、時間指定もあるので、これだけの条件
がうまくそろった日に訪れられてラッキーでした。

コアジサイ、ありがとうございます!
アジサイの葉だなぁ、とは思っていたのですが、そうかぁ。
柴あじさい、とも言うのですね。一つ勉強になりました。
すっきり!です(笑)
Commented by kwc_photo at 2010-06-29 11:53
>foto_kさん
でっしょ~?もう京都のお庭、という枠を飛び越えた
ような、すごいお庭でした。山一つが全部庭で、
向こうの山まで全部離宮所有(見える範囲だけだそうですが)。
ありえなーい!の世界でした(笑)。

池の周りは紅葉がイッパイ。
これは是非にも秋に訪れたい、と心に誓ったのでした(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 都会のオアシスの新緑(小石川後楽園) 離宮の庭へ・・・(中編)(修学... >>