東京出張シリーズ その5(国立新美術館~再び新宿へ)
          
f0155048_038299.jpg
再び新宿を訪れました。まだ明るい時間。お月様が都庁の上に。



f0155048_03819100.jpg
なんと、4月に大阪中之島の美術館にくるルノワールの展覧会が、東京でやってました。
これは行かねば!と乃木坂へ。
国立新美術館の「新」の文字をかたどったロゴは、佐藤可士和デザインだそうな。



f0155048_0382929.jpg
そして、建物は故 黒川紀章氏設計。斬新な外観、斬新な内装でした。


f0155048_0383762.jpg
日が沈む・・・。ルノワールを堪能して、大満足です。ホント、素晴らしい展示でした。大阪に来た時も、もう一度行ってしまうかも。イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の絵は大阪でしか見られないようです。


f0155048_039932.jpg
さぁ、日も暮れかかったので、都庁を目指します。すでにイルミネーションが点灯。


f0155048_0394074.jpg
この日は第3月曜日。南展望台が夜開放される、数少ない機会。やはりコチラのほうが、ビルの重なり具合が絵になるなぁ。


f0155048_040239.jpg
ともかく、美しい夜景です。


f0155048_0403820.jpg
パークハイアットも、遮るものがなく全景が見えます。


f0155048_0405298.jpg
素晴らしきTokyo Nightでした。


すべて 【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
by kwc_photo | 2010-02-25 15:35 | 東京(Tokyo) | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/13003195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-09-07 23:09
タイトル : アンドレアス・グルスキー展
現代アートの美術館とは? 神なき時代に 神を探す神殿なのかもしれない。 ドイツ現代写真を代表する写真家、アンドレアス・グルスキーによる日本初の個展が現在開催中。 代表作の《99セント》の載ったパンフを見せて、もうすぐ20歳になる息子が言った。 「お母さん、あんた写真やってんだろ。 花や風景を撮るのもいいけどさ、 世の中にはいろいろな作風があるってことを 知っておくのも悪くないんじゃないの」 神なき時代に、圧倒的写真世界をまざまざと見せつけられた。 や...... more
Commented by desire_san at 2010-03-10 14:30
記事と写真を楽しく拝見しました。
私もブログにルノワール展の感想を載せましたので是非見てください。
http://desireart.exblog.jp/10154691/
よろしかったらブログの中に書き込みして下さい。
何でも気軽に書き込んでくださ
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 東京出張シリーズ その6(浅草... 東京出張シリーズ その4(旧岩... >>