紅色の金福寺へ
          
f0155048_1131088.jpg
芭蕉庵がみごとに紅色に。
美しい境内でしばしたたずむ。
【Pentax K-7 & DA50-135 F2.8ED [IF]SDM



f0155048_1145287.jpg
入り口のモミジが真っ赤に。引き込まれるように中へ。


f0155048_1151456.jpg
なんという真っ赤な庭か。
白砂の模様も、この季節は紅葉の引き立て役。


f0155048_1153423.jpg
芭蕉庵の周りは、色とりどりの紅葉が演出。


f0155048_1154681.jpg
茶室の風情と紅葉が美しくマッチ。

f0155048_116799.jpg


f0155048_1164390.jpg
かやぶきの屋根、美しい紅葉。タイムスリップしたかのような雰囲気。



f0155048_117383.jpg
ああ、紅い・・・。

f0155048_1171538.jpg
よろこび勇んで境内に入っ
たが、実は入り口付近も美しい紅葉。


f0155048_1174769.jpg
すばらしい景色を見せてくれた金福寺。
緑の植え込みはサツキ。
またサツキの咲くころに訪れたい。
【Pentax K-7 & DA50-135 F2.8ED [IF]SDM

レンズが明記してある写真以外は、【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】

※11月27日撮影
by kwc_photo | 2009-12-05 12:00 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/12442012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shakasha19 at 2009-12-06 14:21
あはは、最初と最後の写真は同じような構図で撮ってますね~。
でも、芭蕉庵付近の撮り方はさすがですね。
私は芭蕉庵の周りをうろうろしてみましたが、
いい撮り方が思いつかず全然撮りませんでしたから・・・。
ここは訪れる人が少ないですが、静かで落ち着けるいいお寺ですよね。
紅葉もとてもきれいに色づいていて良かったですね!
Commented by zuiko-t at 2009-12-06 22:53
Katsuさん こんばんは。はじめまして・・
ブログ拝見しました。

どの写真も、感動しました。
僕も一眼レフで写真を撮っていますが(初心者です)
同じ場所でもまったく風景が違って見えます。
度々訪問させていただき勉強させていただきます。
失礼しました。。
Commented by deepseasons at 2009-12-06 22:58
katsuさん、こんばんは~。
染まり具合もいいですが、綺麗ですね。
6、7枚目の芭蕉庵のタテ構図、少し西に傾き始めた太陽光でしょうか?
とってもいい感じの演出になっています。 流石です。
最後の定番構図もいいです。
もちろん、皐月の咲く頃が一番賑やかですが、それでも他と比べて
静かなお寺です。
一乗寺付近の紅葉堪能されたようですね。
Commented by kwc_photo at 2009-12-07 00:25
>shakasha19さん
ホント、同じような感じで撮っちゃいましたね。
T.B.させていただきますので、よろしくお願いいたします。

芭蕉庵、引けないのでなかなか難しい被写体ですね。
なんとかお部屋の感じを出したくて、工夫してみました。

静かなお寺。サツキの頃も楽しいですよ。
野趣溢れる感じですので、詩仙堂のようなそろった感じでは
なく、サツキがあるがまま咲いてます、みたいな感じ。
そして、例外なく静かです(^-^)。オススメですよ~。
Commented by kwc_photo at 2009-12-07 00:26
>zuiko-tさん
はじめまして~!
ようこそいらっしゃいました。見ていただいてありがとう
ございます。
Zuiko、とお名前に入っているということは、オリンパスを
お使いですか~?

金福寺も行かれましたか?京都の紅葉、あちこち追いかけて
見るのですが、なかなか季節を読むのが難しいなぁって
毎年勉強してます(^^;
今後とも、よろしくお願いいたします。
私もブログにお邪魔しますね。
Commented by kwc_photo at 2009-12-07 00:26
>deepseasonsさん
金福寺、一度紅葉の頃に行きたい、と思っていたのですが、
思いがけず良い時期にいけました。ベストだったなぁと
思っていますよ。
お日さまは、ちょうど真上から西へ、という時間帯です。
少し雲が出ていて、それがまた時折の光を届けてくれるので
ドラマチックな演出がありました。
詩仙堂がかなり人でにぎわうのに対して、本当に静かで、
ゆっくりお庭を楽しめましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 晩秋のよそおい(法然院) 紅葉に染まる庭(詩仙堂) >>